【春のソロキャンプ】 焚き火と渓流朝ごはんを楽しむ

春の雰囲気がだんだんとましてきたこの頃。キャンプにはすごくいい季節ですよね?

でね、春のキャンプって冬とはまた違った楽しみ方があると思うのです。

夜は結構冷えるから焚き火がとてもありがたい。そして、朝は心地よいくらいの肌寒さだから活動的になれる。

ということで、春のソロキャンプの様子をまとめてみました。

ソロキャンプの魅力や、楽しみ方みたいなものが、少しでも伝わればうれしいです。

よろしければご覧ください。

春のソロキャンプ へ行こう!

道中の様子。今回は下道で時間をきにせず、まったりと向かいます。

時間はかかりますが、こんな景色を見ると疲れは吹きとんでいきます。

水の流れる音にはどんな音楽家も敵わないでしょう?

キャンプ場に到着。やっぱり渓谷はいいですね。心が綺麗になっていく気さえします。

設営完了。

今日はヒルバーグ。タープ下にワンポールテントのアクトを設営しています。

設営後、プシュッと一杯やったら、「心も体もポカポカ・・」寝不足も手伝って爆睡です(笑)

もう陽が落ちてきてしまいましたが、これからがいい時間です。

麻ひもほぐしてる時間なんてないぜよ!

「お・おぅ・・」火起こししなきゃ・・

ハーフパイントマグで炊飯する

これは米洗い後の写真。実際にはもっと水をいれます。

ご飯はトランギアのハーフパイントマグで炊飯します。0.7合で水の量は150ccくらいで。(吹きこぼれがあるので少し多めにしています。)

ユニセラファイヤーにつっ込んで。

いい感じに炊けました。持ちやすく、このまま食べられるからいいですね。やっぱりハーフパイントは最高!

ユニセラに横たわるサーロイン様

つづいてステーキプレートを作っていきます。

本日の主役はサーロイン様。これで2200円くらいかな・・プチ贅沢ですね。

まずは付け合わせのポテトを揚げて。肉をおいしく焼きたいので、今回のユニセラは薪と炭のハイブリッドにしています。

「サーロイン様」が、横たわりになられました。

お一人様ステーキ定食が完成です。サーロイン様がうまそうすぎて、「脇役いらなかったかもな?」とか思いました(笑)

焚き火とアスパラベーコンの宴

夜はユニセラでそのまま焚き火を楽しみます。

壁面のセラミックで保温性が増しているのでいい感じ。そして長方形で角ばっているから、道具として美しいんだよなぁ。

焚き火台としても十分使えますね。

ユニセラについてはこちらで詳細なレビューもしています。ちょっと重いですが、素晴らしいギアですよ。

unicera

【レビュー】これぞ究極の卓上炭火グリル!UNIFLAME「ユニセラ TG-Ⅲ 」を買ってみた。

無限にいける!

そして、「アスパラベーコンⅠ」を作ったり、「アスパラベーコンⅡ」「アスパラベーコンⅢ」を作ったりしながら、

「やっぱりアスパラベーコンって最高だよな!」と思ったりしてました。

ベーコンの旨味と、アスパラの歯ごたえとホクホクの食感がたまりません・・

そんなくだらない感じで夜はふけていきます。

夜はモンベルのメリノウール 一枚+寝袋で快適に眠ることができました。

家で眠るときに比べて、熟睡度が半端ないのがキャンプの醍醐味ですね。

人間は外で寝たほうがいいですよ、ほんとに。

河原で朝食を

熟睡した朝は河原へ。

春の朝ってすごく爽やかだから、テントにいるのはもったいないですね。春のキャンプの醍醐味って朝の水辺じゃないかなぁ?

他の季節より断然楽しい気がする。

まるで宇宙船のよう。

河原といえばスノーピークのナギの出番です。不整地でもサクッと安定する性能は特筆すべき性能。

これほど優れた道具は他にないですよ。

朝食はカレー味のホットドッグとコーヒー。ナギちゃん、ほんと優秀ですね。

河原で飲む早朝のコーヒーは100倍くらいうまい。

幸福度が機械で測れるのだとしたら、まちがいなく「針が振りきれる瞬間」だと思います。こんな時間を味わうために、日々頑張って生きていくのだろうなぁ。

まとめ

またおじゃまします。

以上、春のソロキャンプの様子でした。

夜の焚き火もいいですが、やはり朝の河原はほんとうに楽しいですね。

澄んだ空気に水の流れる音。そんな空間で自分だけの時間を楽しめるのは、究極の贅沢だと思います。

ということで、今回一番役にたった道具は、スノーピークのナギにします。河原に直置きしたときの美しさと安定感は他のシングルバーナーには真似できません。

私がナギを初めて使ったときには「月面着陸」くらいの衝撃があったのですよ。「こんな地形でここまで快適に使えるバーナーがあるのか!」と。

河原でサクッと調理するのにすごくおすすめですよ。

ではまた。