【レビュー】エバニュー(EVERNEW)の チタンカップ400FDの特徴・蓋・スタッキングについて




エバニュー(EVERNEW)の チタンカップ400FDのレビューです。

チタンカップ400FDはエバニューの「U.L 0.3 Series」に属します。どういうものかというと、板厚0.3mmというチタンの特殊薄板を使用した特殊クッカーで、重量50g。クッカーの耐久性と軽さの限界を追求したクッカーです。

こんな人におすすめです。

  • シエラカップの代わりにスタッキングしやすいカップを探している
  • ケトルの代わりに、軽量な湯沸かしが欲しい
  • カップにも、湯沸かしにも、ちょっとした調理にも使える万能クッカーが欲しい

まさにドンズバなのが、400FDです。エバニューの最高傑作だと思いますよ。

チタンカップ400FDのスペック

400FDのスペックがこちら。サイズは公式に加えて、実測も記載しておきました。ハンドルを含む外径は10.4cmなので、それ以上の内径を持つクッカーに収まります。

メーカーエバニュー
商品名チタンカップ400 FD
サイズ径9.5×深さ5.8cm(公式)
外径約10.4cm×高さ5.9cm(実測)※ハンドル含む
内径(上部)約9.5cm×深さ5.8cm(実測)
内径(底)約9.0cm×深さ5.8cm(実測)
容量400ml
素材チタニウム(取手 シリコンチューブ)
質量50g
原産国日本

チタンカップ400FDの特徴

400FDの特徴は以下とおり。ソロの湯沸かしに十分な容量と、便利な持ち手が魅力的なギアです。

  • 400mlのほどよい容量
  • 持ち手が折りたためる
  • 持ち手がロックできる
  • 持ち手がシリコンカバーされている
  • 重さはわずか 50g

チタンカップ400FDのレビュー

チタンカップ400FDを買いました。

ソロ用の「湯沸かし」が欲しかったんですよね。浅すぎず、深すぎない、相反する利点を兼ね備えた形状が魅力的です。まさに万能選手と言えるでしょう。

容量は最大400mlで、内側には150mlと250mlの目盛りがついてます。ちなみに、カップヌードルのリフィルもそのまま入りますよ!

ハンドルが固定される

このカップの凄いところは「ハンドル部分が固定される」ところ。

ハンドルを留めている部分に切り込みがあるのですが、このわずかな切り込みが使い勝手に大きな差を生みだします。

ほら、固定された。本体側に倒れることがないから熱源に直接接しにくいのです。つまり、「熱っ!!」みたいなことにならない。これは地味ですが、超絶素晴らしい特徴だと思います。

TOAKSのチタニウムリッドと組み合わせる

400FDにおすすめの蓋がTOAKS (トークス) チタニウムリッド LID-D95です。一緒に購入しました。これは「チタンカップ400FDにシンデレラフィットする」ということで有名な蓋ですよ。

「チタンカップ400FD」に装着したイメージがこちら。純正品かと思いました。内側にぴったりはまり込む感じです。外側ではなく「内側にフィット」するというのがこの蓋のキモなんです。外径が変わらないし、外見も非常に美しいですね。

「外側にフィット」の場合、外径が変わってしまい、スタッキングするのに支障が出る場合がありますからね。コンパクトなサイズのカップなので、ほぼ確実に何かのクッカーにスタッキングするでしょ?

だから、この蓋がすごくおすすめなんですよ。

TOAKS (トークス) チタニウムリッド LID-D95の凄いところは、ツマミが固定できる ということです。「ツマミを立てる」という無駄な動作にグッバイです。

ツマミを倒すときは手前に少しずらして、このように収納します。ふたに凹みがあるので直感的に操作できますね。

裏側はこんな感じです。

小皿になる

裏返すと中央が窪んでいるので、ちょっとした小皿にもなります。つまみやお茶受けのお皿にいいかも。ULキャンプを極めたい時に役に立ちますね。

400FDをシングルバーナーに乗せるとこんな感じ。OD缶のシングルバーナーは基本的に不安定になりがちなので、クッカーは浅型の方が安心なんですよね。これも400FDの優れた特徴です。

スノーピークのギガパワーストーブ地とのフィット感はこんな感じです。ちょうど良い感じでしょ?

スタッキング例①(ナルゲンボトル1L)

多くの人が使っているであろう、ナルゲンのボトル(1L)にスタッキングしてみました。底にぴたっとはまるので便利ですね。これはなかなかいい発見かも!

カップを持っていっても体積はほぼ変わらないのでいいですね。

スタッキング例②(OD缶110)

110のガス缶を収納してみるとこうなります。ぱっと見で無理ですね・・

こんなになりました。安定感全くなし。

裏返してみました。わずかに蓋が浮きますがいけますね。

安定している秘訣は、缶の凸にふたの凹みがぴったり合うから。トークスさんこれは狙いですか?狙って作ったでしょ?

横にずれることがないので凄くいい感じです。ゴムバンドなどで留めるともっといいかもしれませんね。

ULの湯沸かしセットが完成しました。嬉しい。

スタッキング例③(Ti 570FD Cup)

エバニューのTi 570FD Cupとのスタッキングがこちら。流石に問題なくスタッキング可能ですが、思ったよりは隙間が空く印象でした。高さはツライチ!完璧です。キャンプで使い込んでみましたが、400FDの性能をフルに引き出すにはこの570FDとのスタッキングはマストであると思います。400FDを持つならば、必須で揃えたいクッカーの1つですよ。

Ti 570FD Cup

スタッキング例④(400FDを核としたもの)

こちらは私がキャンプで愛用しているスタッキングです。ストーブ、湯沸かし、コーヒーカップ、炊飯、調理・フライパンというほぼ全ての機能があります。パスタ・ラーメンなどもできますよ。この中でもスタッキングの核となっているのが、400FDです。使用頻度で言ったら間違いなくナンバー1です。

商品名については、内側から順に記載しておきます。

  1. エバニューチタンアルコールストーブ
  2. エバニューアルコールストーブスタンド
  3. A&Fチタントレールマグ
  4. エバニュー400FD
  5. エバニュー570FD
  6. スノーピーク アルミパーソナルクッカー(小)

実際にキャンプで使用して感じること

極弱火でコトコト炊飯している様子

400FDをキャンプで使用してきて、感じたこともまとめておきます。結論から言うと不満な点はないです。もう・・最高!

400FDで湯沸かしをしています。1杯のコーヒーを淹れたいとか、ちょっとお茶でもしようか、なんて時にサッと湯沸かしをできるサイズ感が素敵です。

コーヒーを淹れるとき、お湯が注ぎやすいのも良いです。沸いたお湯を、絶妙な太さで注ぐことができます。これは使用してみないと分からないポイントだと思います。

400FDでのチタン炊飯(クッカーの底に極薄の銅板を敷いて炊飯しました)

チタンなのに、焦付きは一切なく、完璧な炊飯ができます。いつも0.5〜0.8合くらいを目安に炊飯しています。

炊飯がめんどくさい人はアルファ米がおすすめです。170mlのお湯を注いで15分待つだけで、美味しいご飯ができますよ。(ドライカレーめちゃくちゃ美味しいからおすすめ!)

チタン製なので、汚れもサッと落ちる(スポンジいらないくらい)し、水切れも素晴らしいです。とくに400FDは超軽量なので、どこにでもぶら下げておけるのが素晴らしいですね。

まとめ

エバニューのチタンカップ400FDのレビューでした。

400mlくらいの浅型カップって便利なんですよね。湯沸かしだけでなくマグや、取り皿としても便利です。いくら煤で汚しても小さいから洗いやすいし。

おまけに縦型のクッカーの底や、ウォーターボトルの底にスタッキングすることもできますし。ULソロキャンプや登山、ハイキングなどにはぴったりだと思いましたよ。

これ、ものすごくおすすめです!キャンパーなら1つは持っていたほうがよいと思います。

【レビュー】エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブスタンドDXセット EBY255

【レビュー】エバニューTi 570FD Cup|特徴・詳細なサイズ・スタッキングについて

【クッカーまとめ】ソロキャンプ におすすめの最強クッカー12選

【キャンプ道具のおすすめ 80選!】実際に使っているものだけ、紹介します















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA