DOD新作「タキビチェア(TAKIBI CHAIR)」に注目!

Pocket

DODの新作、タキビチェア(TAKIBI CHAIR)についてまとめてみました。

「タキビチェア」は、丈夫な帆布製の座布を使用し、超ロースタイルを採用した、焚き火専用のキャンプチェアです。

安価なポリエステルを使用したチェアが主流の中、焚き火に求められる「本質」をついた製品だといえるでしょう。

キャンプといえば焚き火です。今年の冬は、焚き火に特化したチェアで楽しみませんか?

タキビチェアの特徴

帆布を使用

「タキビチェア」の最大の特徴は帆布(ハンプ)を使用しているということです。帆布とはコットン100%で作られた丈夫な布のことです。帆船(はんせん)の帆(ほ)に使用されていたことからその名がつきました。

火の粉がとんでも穴が空きにくいのが特徴です。

ポリエステル製のチェアが主流になっていることを残念に思います。焚き火で使用するチェアは本来、帆布であるべきなのです。

画像:DOD

超ロースタイル

「タキビチェア」は高さをおさえた超ロースタイルが特徴的です。なぜかというと煙は上にあがるから。そのため、タキビチェアは煙にあたりにくい高さに設計されています。

その低さゆえに、椅子に座りながらあぐらが組めるのも嬉しいところですね。

画像:DOD

便利な背面ポケット付き

背面には大きめのポケットがついているため、グローブなどの小物を収納することができます。これはとても便利。焚き火のまわりがすっきりと片付いているととてもスタイリッシュですよね。

画像:DOD

耐荷重100kg

タキビチェアの耐荷重はなんと100kg。スチール製のフレームと丈夫な帆布がそれを可能にしています。大柄な男性でも心配することなく使用できます。

画像:DOD

タキビチェアのスペック

スペックは以下のとおりです。難点としては収納サイズがかさばるところと、スチール製のため重さが3.4kgあるというところ。バイクで持っていくのは厳しいと思いますが、オートキャンプで使用すると考えれば全く問題ないでしょう。

  • サイズ:W60×D55×H55cm
  • 収納サイズ:W60×D7.5×H80cm
  • 重さ:3.4kg
  • 耐荷重:100kg
  • 素材:スチール、帆布(コットン)
画像:DOD

タキビチェアのカラー

カラー展開はブラックとカーキの2種類。DODらしいタクティカルなカラーリングがとても素敵ですね。無骨な雰囲気が焚き火の空間を盛り上げてくれそうです。

画像:DOD

タキビチェアの価格

価格はオープン価格になっていますが、実売価格はとても控えめです。アルミ製で帆布を使用したローチェアが2万円程度するような時代です。

スチール製のフレームとはいえ、帆布を使用したチェアでこの値段はとても良心的だと思います。

現在Amazonでは4,613円となっています。

まとめ

以上、DODの新作、タキビチェアの紹介でした。

画像:DOD

今の時代、帆布製のチェアは貴重です。

アルミ製の軽量なチェアとくらべると、収納性や重さが気なるところですが、その分安定性が高く、タフに使うことができるのがメリット。

焚き火のまわりで使うギアだけに、風にとばされにくいということも重要です。

焚き火好きなら買って損はないチェアでしょう。

直火でもOK?キャンプにおすすめのケトル15選

DODの薪ストーブ「スケスケのまきちゃん」を買ってみた|レビュー

campgear-osusume

【2018年版】おすすめのキャンプ用品 総まとめ!

snowpeak-takibidai

【驚異の耐久性】焚火台はスノーピーク製がおすすめな理由とサイズの選び方

Pocket









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA