キャンプにコンパクトノコギリを持っていったら最高だった!おすすめのノコギリはこれだ。

こんにちわ、@ソロニワです。

キャンプにノコギリを持って行ったらととても便利だったので、おすすめのものをまとめてみました。

小さな焚火台を買ったけど・・

最近では直火ができるところが少なくなり、「焚火台」を使用しなければならないケースが多いですよね?そして焚火台の大きさによっては、市販の薪が入らないことがあります。

小さな焚火台やウッドストーブが好きな人はなおさらですね。

キャンプにはのこぎりが必要

小さな焚火台を利用するには、「薪を短くすること」が必須ですよね。そこで便利なのがコンパクトなノコギリ。斧や鉈は木目に沿って割るのは得意なのですが、木目に垂直に割るのは不得意です。

そこでのこぎりを一つ用意しておくと、キャンプがとても快適になりますよ。

のこぎりがあると薪が割りやすい

“斧を振り下ろしてみたけれど全然割れない”

そんな経験はありませんか?その理由は薪が長すぎるのかもしれません。針葉樹は木目がまっすぐなので比較的割やすいのですが、良質な薪とされる広葉樹は長さをある程度短くしないと割りにくいです。

そんなときはのこぎりで薪を短くすると面白いほどよく割れますよ。

薪作りの基本

焚き火の薪というのは、小さい薪・中くらいの薪・太い薪と、3段階くらいに分けておく必要があります。この法則を忠実に守り、しっかりと空気の通り道を考えて組めば、着火剤や火吹き棒などがなくても火を安定させることが可能です。

おすすめのコンパクトのこぎり

シルキーポケットボーイ 130mm

シルキーは驚くほど切れ味のよいノコギリです。刃物の町で有名な「兵庫県小野市」で生産されていて、ニュージーランドの園芸家の間では「よく切れる」と評判なんだとか。130mmはポケットサイズなのでバックパッキングには最適です。

シルキーポケットボーイ 170mm

130mmだとちょっと短いな、というかたはこちら。170mmは短すぎず、長すぎずです。バックパッキングやバイクツーリングもするけど楽に切りたいという用途にぴったりだと思います。

シルキー ゴムボーイ 210mm

オートキャンプならこちらでよいと思います。スタンダードな長さといえるでしょう。210mmは、レザーケースなども社外から販売されているので拡張性が高くなります。

シルキー ゴムボーイ 240mm

ノコギリというのはストロークが長い方が楽なので、かなり楽になります。ただ、少しかさばるので、「ある程度大きな木を切る」という人におすすめしたいです。

シルキー ポケットボーイカーブ

シルキーにはこんなモデルもあります。刃がカーブしているので、力をいれずに、楽に切ることができます。ハンドルの色が好みであれば最高ですね。

のこぎりの長さの選び方

ちょっと休憩です。のこぎりの長さって悩みますよね? 「どんな長さがいいのか?」一般的な薪を切るくらいであれば130〜170mmほどで十分だと思います。とくに扱いやすいのが130mm程度のもの。野営などでも仰々しくなくていいんですよ。軽いし。240mm以上になってくると気軽に扱えないし、剛性が気になってくると思いますよ。

SK11替え刃式折込ノコギリ

非常にコンパクトでポケットに入ります。SK11さんは「安価で良い工具」を作っている印象がありますね。千円台で購入できますので、コスパは抜群だと思います。

キャプテンスタッグ オピネル フォールディングノコギリ

オピネルのノコギリ。刃渡りは12cmなので、ポケットサイズ。最大の魅力は木製の柄。使うほどに色づいていくので、所有欲を満たしてくれるでしょう。

The Friendly Swede 北欧スウェーデンデザイン 折りたたみ式 ノコギリ

すごく売れている折りたたみノコギリです。ブラックに塗装された刃と、デザインが非常にスタイリッシュです。長さはスタンダードな210mm。パラコードがついているのも嬉しいですね。

神沢精工(サムライ) 騎士 240mm

日本製で切れ味抜群。サムライの名にはじない凄いのこぎりです。某動画サイトのキャンパーさんがいつも使用されているのですが、毎回丸太をざくざくと切断しています。

神沢精工(サムライ) 騎士 180mm

前述したとおり、日本製で切れ味が非常に評価の高いのこぎりです。240mmではちょっと長いという方は、コンパクトな180mmを選ぶとよいと思います。

「高儀」折込鋸 コンパクト

新潟県燕三条「高儀」さんののこぎりです。「シャークソー」という最強の切れ味をほこる刃を搭載しています。刃渡り125mmでポケットサイズです。

高儀のシャークソーについての記事はこちら↓

斬れ味はどちらが上?「ゼットソー」と「シャークソー」を比較してみた

「高儀」折込鋸 江戸紫

「高儀」のコンパクトのこぎりには、こんなカラーもあります。紫好きの知り合いの女の子が買っていましたが、これも凄く売れているみたいですよ。

まとめ

キャンプをはじめた頃は「斧があればなんでもできる」と思っていましたが、それは間違いでした。

斧を使い、木目に対して垂直に切断するのは相当な労力を使います。だから、ノコギリが存在するんですよね。

楽しく、快適なキャンプのために、ぜひあなただけのノコギリをみつけてみてくださいね。

solocamp

ソロキャンプにおすすめの焚火台10選!「小さな焚き火にはロマンがある!」

スノーピーク焚火台S

【圧倒的に王者】焚火台はスノーピーク製がおすすめですよ!(焚火台はこうして生まれた)














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA