【レビュー】無骨の極み!コールマンのガソリンストーブ『スポーツスターⅡ 508A』は想像以上に使いやすかった。

coleman-sportsterⅡ




Colemanの『スポーツスターⅡ 508A』を買ったのでレビューをします。

スポーツスターⅡは タンク一体型の小型ガソリンストーブ。
コールマンのガソリンストーブの中でも最もスタンダードなモデルです。

燃料にガソリンを使用しているため、氷点下になる厳冬期や雪山でも使用できます。
プレヒート(余熱)なしでも使用できて、火力の調整もしやすい、使い勝手がよいストーブですよ。

冬のキャンプには「ガソリンストーブ」がおすすめ

冬のキャンプではたいていの場合、気温が氷点下になります。そんな時困るのが「ガスが点かない」ということ。

いわゆるドロップダウン」と呼ばれる現象ですが、私も冬キャンプを始めたころは辛い朝を経験しました。

朝すぐにお湯が使えないというのは辛いものです。

ドロップダウンの理由と「ガソリンストーブ」の優位性

通常ガスカートリッジにはブタンという燃料が使用されていますが、0℃付近(−0.5°)では気化しなくなります。つまり燃料が液体のままで、出てこなくなるので火がつきません。

これを防ぐには「イソブタン」や「プロパン」を混合した寒さに強い冬用(低温用)のガスカートリッジを使用するのですが、あまりに寒いと着火できなかったり、短時間で火力が不安定になることがあります。

そんな時『圧倒的な優位性』を誇るのが「ガソリン」を使用したストーブです。なんとガソリンは−40℃以下でも着火が可能。

つまり、地球上のたいていの場所で「安定した燃料」として使用することができます。

スポーツスターⅡ 508A|スペック

スペックは以下のとおり。

  • 火力:最高時約2,125kcal/h
  • 容量:約520cc
  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 燃焼時間:約1.5~3時間
  • サイズ:約φ14×14(h)cm
  • 重量:約960g
  • 付属品:プラスチックケース

ここで注目したいのが、2,125kcal/hという火力。数値だけをみるとたいしたことなさそうですよね?ところがとんでもない。寒い時期でも最高火力を出せるので、性能が低下しがちなガスストーブに比べると圧倒的に強いという印象です。

スポーツスターⅡ 508A|開封

どーん。これが 『Coleman SPORTSTER Ⅱ』です。

専用のプラスチックケースと取説が付属しています。

取説は日本語対応。さすがコールマンジャパン。

ケースから取り出してみましょう。

どーん。

古き良きアメリカを感じますね。すっきりとした金属製タンクや真鍮のジェネレーター、アルミのごとくからは「無骨な道具」の雰囲気がただよっています。

ただそこにあるだけでタイムスリップできるような道具ですね。

この赤いつまみは火力を調整します。着火も消火もすべてこのレバーで行うことができます。潔いほどのシンプルな構造。

これはポンプです。20回ほどポンピングするとタンク内の圧力が高まり、ガソリンを気化させることができます。

ガソリンはここから補充します。

燃料を入れる

本来はコールマンのホワイトガソリン(純度の高いガソリン)を使用するのですが、私は自己責任でバイクのガソリンを補充しています。

自動車などに使用されているガソリンはピンク色のため、「赤ガス」とも呼ばれていますが、これを使用した場合、煤が多かったり、ジェネレーターが詰まったりということが起きる可能性があります。そのため、純正のホワイトガソリンの使用をおすすめします。

ガソリンは常温でもどんどん気化するので、取り扱いには最新の注意を払ってください。静電気を除去するためには事前に金属のものに触れておくか、水で手を洗うとよいです。

スポーツスターⅡ 508A|ポンピングのやり方

続いてポンピングのやり方を紹介します。まとめると以下のような手順です。

  1. 燃料のキャップが閉まっていることを確認する
  2. 燃料コックがOFFになっていることを確認する
  3. ポンプのつまみを左に2回転させてロックを外す
  4. 25回以上ポンピングする
  5. 空気が逃げないように注意しながらつまみを最後まで押し込む
  6. つまみを右に2回転させてロックする
  7. 火を近づけながら、燃料コックを開き点火する

それでは実際にポンピング、点火までをやっていきましょう。

燃料のキャップがちゃんと閉まっていること、燃料コックがOFFになっていることを確認できたら、ポンプのつまみを左に2回転させてロックを外します。

つまみが硬くて回らないときはプライヤーを使用するとあっさりと回転します。(新品の状態では硬いことが多いようです。)

あっさりとロックが外れてポンプを引き出すことができました。

つまみの中央にある穴を親指で押さえ、人差し指と中指を添えて、25回以上ポンピングします。

穴をしっかり塞がないと圧力が逃げてしまうので、注意が必要です。ポンピングが終わったらつまみを最後まで押し込み、右に2回転させてロックします。(元に戻すということです)

スポーツスターⅡ 508A|着火の仕方

ポンピング終了後、先の長いライターで火を近づけ、赤い燃料つまみを反時計回りに回すとガソリンに着火します。(必ず火を先につけておいてから、燃料つまみを開いてください)

気化したガソリンが燃え始めました。点火時に多量の圧力を使用してしまうので、先ほどの要領で、30回程度ポンピングをすると炎が安定します。

着火時は赤く高い炎が立つのでくれぐれも注意してください。覗き込むように着火するのはダメです。

徐々にブルーフレームに変わっていきます。これがガソリンならではの美しい炎なんですよ。すごく素敵!

燃料つまみを絞ると中火〜弱火にすることができます。火力調整がしやすいのもスポーツスターⅡの素晴らしい点ですね。

長時間使用するときは適宜ポンピングが必要です。

スポーツスターⅡ 508A|消化の仕方

消火は簡単です。赤い燃料調節つまみをOFFにするだけ。(時計回りに最後まで戻します)

ジェネレーターに残ったガソリンがしばらく(2分〜3分)燃えますが、しばらくすると消えます。

消火完了です。本体が十分に冷めたのを確認したら、燃料タンクのキャップを少しずつ緩めてタンク内の圧力を逃ししてください。(圧力は必ず、毎回抜くようにしましょう)

スポーツスターⅡ 508A|お湯を沸かしてみる

ガソリンストーブは「火力が強い」といわれますが、本当でしょうか?コーヒー1杯分(200cc)のお湯を沸かしてみましょう。

燃料つまみは最大にしています。

タイムは1分25秒

先日購入した1000Wの電気ケトルと全く同じタイムでした。必要十分ですね。

まとめ

以上、Coleman『スポーツスターⅡ 508A』のレビューでした。

購入前は「音がうるさいんじゃないか?」「火力調節がしにくいんじゃないか」と思っていましたが、想像以上に使いやすいガソリンストーブだということがわかりました。

ポンピングという手間も”儀式” 的な感じであまり苦には感じません。(文字にするとめんどくさそうですが、実際は大した手間ではないです。)

使用すること自体に喜びを感じられる素晴らしい道具だと思いますよ。真冬にはキャンプをされる方におすすめです。きっとキャンプが楽しくなると思いますよ。

@ソロニワでした。

【Coleman(コールマン)】  スポーツスターII  0508A700J

【レビュー】Colemanの「ヒーターアタッチメント」は冬のソロキャンプに最高です!














coleman-sportsterⅡ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA