おすすめのクッカーは? チタン・ アルミ・ステンレス・素材別に最適なクッカーを選択する。

こんにちわ、@ソロニワです。

今日はクッカーの素材と選び方について紹介します。

素材の特徴やおすすめのクッカーの紹介もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

クッカーについての考え方

クッカーが大好き(金属マニアだから)なわたしですが、クッカーを選ぶときに心がけているのはなるべく数値で比べることです。比重、強度、伝導率などを数値化してみると「素材の特徴」がはっきりと理解できるので、選ぶときも、使用するときも、とても楽しくなります。

チタンの特徴

チタンの比重は鉄とアルミの中間。「えっ?アルミより重いの?」と思いきや、強度が高いから薄くつくることができて結果的に軽くなるようです。これが「チタンは軽い」と言われる由縁ですね。その強度は金属のなかでも最大クラス。

軽くて強いから、登山やUL(ウルトラライト)なキャンプなど、バックパック主体のアクティビティにベストな選択となります。

熱伝導率は17で、鉄やステンレスと比べると1/4くらい。そのためムラができやすく、とても焦げ付きやすいのでフライパンなどには向きませんが、マグやクッカーに使うと「あまり熱くならない」というメリットがあります。

海水でもさびず、水にイオン化しないのでアレルギーフリーで、アルミやステンレスのように素材の味を変えないので、フライパン以外では最高の素材なんだと思います。

  • 比重:4.5(鉄とアルミの中間)
  • 強度:実用金属中最強クラス
  • 熱伝導率:17 (低い)
  • 耐食性:非常に強い
  • 磁性:なし
  • 錆:海水でも錆びない
  • 融点:1,668°C(高い)
  • その他:イオン化しないので素材の味を変えない

実はこんなに凄い!チタンのクッカー

これはあまり知られていないと思いますが、チタンの比熱(単位質量の物質の温度を1度上げるのに必要な熱量)は鉄やステンレスとあまり変わりません。ところが、チタンは比重が小さいため、同じ大きさの鉄やステンレスの約6割の熱量で同じ温度だけ上昇させることができます。非常に強度が高いので、薄く作ることができ、この傾向はより高まります。だからチタンのクッカーは、熱伝導率が悪い割には温まりやすく、お湯をはやく沸かすことができるんです。

チタンのケトルはめずらしいですが、チタンクッカーをケトルがわりに使うというのは、とても賢い使い方なんですよね。

チタン製 おすすめのクッカー

スノーピーク チタントレックシリーズ

スノーピークのトレックシリーズ には 900・1400 の容量があり、スタッキングして持ち運ぶことができます。軽く、丈夫で、質感の高い素晴らしいクッカーです。ただし、炊飯には向かないので、ご飯を炊きたい場合はアルミのクッカーを選んでください。

スノーピーク チタンシングルマグ

このマグは燕三条(新潟にある世界的に有名なモノづくりの街)の高い技術力がないと作れないんだとか。定番ですがやはり素晴らしいです。チタンは熱の伝導率が低いので、コーヒーなどをドリップしても、口元や持ち手が熱くなりにくく、本当に買ってよかったと思っています。

軽さ・容量・質感、全てにおいてマグのスタンダードだといえるでしょう。

エバニュー チタンカップ400FD RED

一人用の湯沸かしなどに便利なのがこちらです。ハンドルをおこすとしっかりロックされ、シリコンでコーティングされているので素手でも熱くありません。ケトル・マグ・カップと万能なのに千円台で購入できるのは素晴らしいと思います。安く買えるのでシリコン部分を外して、焚き火専用機としてもいいと思います。これも超おすすめ。

エバニュー(EVERNEW)の チタンカップ400FDのレビュー

ステンレスの特長

ステンレスというのは、鉄にクロムを添加した金属です。10.5%以上のクロムが添加されたものをステンレス鋼といい、非常にサビに強い金属です。

ステンレス鋼は耐食性・ 耐熱性・加工性・強度など優れた特性を備えています。表面のうすい保護皮膜 (不動態皮膜)は、100万分の3mm程度の厚さながら、大変強靭で、酸化によるサビを防いでくれます。この皮膜は壊れたとしても、周囲に酸素があれば自動的に再生します。

熱伝導率は20程度でチタン(17)よりは高いです。溶解温度は1400~1530℃でチタンには及びませんが、アルミ(660°C) に比べると、熱にはとても強いです。

そのため、大火力で常に火にかけ続けることの多い「焚き火ケトル」に最適。一度温まってしまえば低い熱伝導率のため、冷めにくいのも特徴です。つまり、常にお湯を沸かしておくような焚き火のケトルは、ステンレスがいいですね。

  • 比重:約7.8(重い)
  • 強度:高い
  • 熱伝導率:20 (低い)
  • 耐食性:強い
  • 磁性:ニッケルの配合の有無で変わる
  • 錆:錆びない
  • 融点:1400~1530℃(高い)

ステンレス製 おすすめのケトル

ユニフレーム キャンプケトル

1.6Lの容量を持つ非常にバランスの良いケトルです。蓋には独自の工夫があり、傾けても落ちることはありません。ユニフレームって、ステンレス製品の質感が凄くいいんですよね。迷ったらこれが一番オススメですよ。

スノーピーク クラッシックケトル 1.8

スノーピークのケトルはクラッシックなデザインで、フタや注ぎ口など随所に工夫が施されている素敵なケトルです。新潟の燕三条の技術を活かした金属加工には圧倒的な安心感がありますね。

直火でもOK?キャンプにおすすめの「焚き火ケトル」15選

鉄の特徴

鉄はとても加工し易く、強い磁性のため分離しやすく、再利用価値が高い金属です。そのため、人類の歴史において最も利用価値の高い金属です。

恒星の爆発による核融合により作られるのは元素記号では鉄まで。元素番号が鉄以上の金やプラチナなどは超新星爆発の残骸といわれています。

だから鉄は安価で入手しやすいんですよね。

  • 比重:約7.85(重い)
  • 強度:高い
  • 熱伝導率:83.5 (高い)
  • 耐食性:弱い
  • 磁性:あり
  • 錆:錆びる
  • 融点:1,538°C(高い)

熱伝導率は83.5で、ステンレス(20)やチタン(17)と比べてとても良いです。

蓄熱性が高く、素材をムラなく焼き上げることができるので、フライパンやスキレット、ダッヂオーブンなどに適しています。ただし、とてもサビやすいので汁物を入れたまま放置するのは厳禁です。

鉄製 おすすめのクッカー

ターク フライパン26cm

最もオススメしたいのはこちら。一枚の鉄板からドイツの職人が叩き出している一品です。継ぎ目が一切ないから耐久性は半永久的。手に持つたびにロマンを感じる素晴らしいフライパンです。焚火にかけるフライパンはやはり鉄製に限りますよ!

ロッジのスキレット

こちらはアメリカのスキレット、ロッジです。おしゃれキャンパーがよく使っていますよね。熱伝導率、蓄熱性が高いので一度温めてしまえば余熱での調理も可能です。食材をムラなく焼き上げることができるので、とにかく美味しい調理ができます。大きさは8インチが大きさと重さのバランスがとても良いのでオススメですよ。

ユニフレーム ダッチオーブンスーパーディープ

ダッチオーブンの中で「最も素晴らしい」と思うのがユニフレームのものです。黒皮鉄板という一枚の素材からできていて、落としても割れません。そして洗剤も使えます。一度使ってしまうと他のダッチは使えないと思いますよ。

ユニフレームの「ダッチオーブン6インチスーパーディープ」(限定生産)のレビュー

UNIFLAME(ユニフレーム) ダッチオーブン10インチ スーパーディープ のレビュー

アルミの特徴

アルミの比重は2.7で、鉄(7.8)・チタン(4.5) に比べると3 分の1 程度と軽いです。チタン以上に比重は低いのですが、強度を出すためには厚く作る必要があります。だから結果的にはそれほど軽くはならないんですよね。

優れた特性としては加工性がとても良いこと。そのため、小さく複雑な精密部品に適しています。

熱伝導率は236と非常に高いため、食材にたいして素早く、ムラなく熱を伝えることができます。そのため、最も適した用途は「炊飯」でしょう。

反面、熱伝導率が良すぎて「ラーメンを茹でて食べる」とか、「マグ」のような用途には不向きです。(手も口も確実にやけどします)

アルミのやかんはお湯が速くわくのでいいですが、融点が660度しかないので、”焚き火にガンガンかける” ことには向きません。なので、バーナーで使用することをオススメします。

ちなみに、真っ赤になっている炭の中にアルミを放り込んでおくと液体になります。(実験しました)

  • 比重:約2.7(軽い)
  • 強度:低い
  • 熱伝導率:236(高い)
  • 耐食性:強い
  • 磁性:なし
  • 錆:錆びない
  • 融点:660.3°C(低い)
  • その他:融点が低い

アルミ製 おすすめのクッカー

スノーピーク アルミパーソナルクッカーセット

ヒロシさんがYouTubeで愛用しているクッカーです。浅型でとても使いやすいクッカーですよ。炊飯や煮込み料理にはベストだと思います。

【レビュー】スノーピーク の「アルミパーソナルクッカーセット」(SCS-020)を使用してみた。

スノーピーク トレック900(アルミ)

先に紹介したチタントレック900のアルミモデルです。炊飯には最適なクッカーで、3号までのご飯がたけます。トレック700や1400とスタッキングできるので凄く使い勝手がよいですよ。あと、地味に素敵なのが「蓋がしっとりとしまる感覚」これは使ってみないとわかりませんね。

トランギア メスティン

現代版の飯盒ともいえるのがトランギアのメスティンでしょう。正方形の形状からパッキングもしやすく、最大1.8号までのお米を炊くことができます。ご飯をたくだけでなく蒸し物や燻製なども楽しめますよ。

トランギア アルミケトル

シンプルで使い勝手のよい素晴らしいケトル。アルミなのでお湯が早く湧きます0.9Lという容量が絶妙に使いやすいです。焚き火で使用していると持ち手のシリコンが溶けてくるので、思い切ってとってしまうのがおすすめです。

まとめ

以上、色々な金属の特性を生かしたクッカーについて紹介しました。

素材別の用途をまとめるとこんな感じ。

  • チタン :マグ・ ラーメンクッカー
  • ステンレス:焚き火用のケトル
  • 鉄:フライパン
  • アルミ:炊飯用クッカー

やはり万能な金属などはなく、素材によって最適な用途は変わってきますね。少しでも参考になれば幸いです。

campgear-osusume

【本当に買ってよかった!】おすすめのキャンプ道具 65選!














2 件のコメント

  • あん より:

    いつも、拝見しております。こちらのクッカーの入れ物はどこのでしょうか。よろしくお願いいたします、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA