キャンプには「斧」が必要?おすすめの斧をまとめてみた。

Pocket

こんにちわ、@ソロニワです。

キャンプにおすすめの「斧」についてまとめてみました。

キャンプに「斧」があるととても安心した気分になります。重厚な姿、使い込むほどに色づいていく柄からは美しさすら感じます。理由ははっきりとわからないのですが、おそらく斧は人類の歴史において重要な道具であったからでしょう。

柄のついた斧は紀元前6000年の昔から使用され、アメリカの開拓が斧とともにあったことは有名な話です。

斧は数千年もの歴史がある道具なのです。

「和斧」でおすすめのもの

まずは和斧の紹介です。和斧は薄く真っ直ぐな刃の形状が特徴的で、繊維の真っ直ぐな「杉」などには刃がスッと入ります。これは日本の森林環境によるところが大きく、杉や松などの針葉樹が多い日本だからこそ、そういった斧が作られてきたのです。「和斧」とはその名のとおり、日本人の体格と日本の森林環境に即した斧だとえるでしょう。

越乃火匠 久八(こしのかしょう きゅうはち)の斧

新潟県、三条にて、唯一の斧鍛治職人が作る和斧です。数百年に渡って受け継がれてきた伝統的な技から作り出される斧は、まさに芸術品。日本を代表する「火の道具」です。

曲がり柄馬斧(まがりえばきん)

刃の両側につけられた三筋と四筋は 三(身)を四(除)けるという意味合いを持っています。(斧を使用する際の危険を遠ざける)日本人の心を感じる一品です。長さは女性でも扱いやすい37cm。斧頭は800gなので威力がありながらも扱いやすいサイズの斧だといえます。

  • 全長:37.0cm
  • 重さ:0.80kg
  • 刃渡り:10.0cm

木割 五百匁(きわり ごひゃくもんめ)

薪割りに最も適した硬度に鍛え上げられた斧頭を持つ斧です。長さは90cm 重さは2.75kgもあります。大抵の丸太は切り裂くことができるでしょう。屈強な日本の斧です。

  • 全長:90.0cm
  • 重さ:2.75kg
  • 刃渡り:8.5cm

杣人(ソマウド)の斧

南国土佐にて、一本一本職人の手で打ち鍛えられた鍛造の斧頭。 刃が非常に鋭く、刃先は食い込みやすいのが特徴で、「日本刀のような切れ味」をもった斧と言われています。

杣人(ソマフ)スタンダード 1.7kg

  • 全長:90cm
  • 重さ:1.7kg
  • 刃渡り:10cm

和斧に伝わるいい話

昔から国産の斧には、3本線と4本線がつけられています。3は「身を」4は「避ける」を意味し、木を切る際に「身を避ける」というお守りの意味があるそうです。また、この3本線は「お神酒」を示し、4本線は「地水火風」の四気を示しているとも言われています。そのため、林業や木こりの方はいまだに、斧のことを「ヨキ」と呼ぶことがあるのだとか。これは長年育ってきた「木を切らせていただく」という敬意からきているそうで、木を切る前には、木に斧を立てかけ祈るそうです。日本人は昔から自然に敬意をはらいながら生活してきたのですね。

「洋斧」でおすすめのもの

「洋斧」は刃先だけが薄く、中央付近から太くなるような形状をしています。そのため薪の繊維を引裂きながら割ることができます。そのため、硬く、繊維がつまった広葉樹の薪を割るには和斧よりも洋斧の方が適しているといえます。

斧の種類も多く、小型のものから大型で重量のあるものまで様々です。これは体格の違いによるところが多く、日本人では扱いにくいほどの重さと長さをもつ斧もあります。

柄には独特のカーブがありますが、これは身体に負担をかけず最大限の力を伝えるための工夫です。

グレンスフォシュブルークス

グレンスフォシュ・ブルークスは、スウェーデンで1902年から斧などの製造を行ってきた鍛鉄メーカーです。針葉樹林と清く澄んだ水、良質な鉄材に恵まれた北欧で、技量に誇りをもつ職人達がひとつひとつ打ち鍛えて作った斧は「鍛鉄の芸術品」。日本でも、非常に評価と人気が高い斧で、斧選びで迷った時は、グレンスフォシュを選んでおけば間違いはないです。

ワイルドライフ

非常に軽量でコンパクトな斧です。刃が非常に鋭く、ナイフの代わりにもなってしまうのが特徴。コンパクトでバランスの良い斧で、焚き付け作りなどにも大活躍します。バックパックやバイクのキャンプにおすすめです。

  • 全長:34.5cm
  • 重さ(斧頭):0.40kg
  • 刃渡り:10.0cm

ハンドハチェット

先に紹介したワイルドライフよりもさらに軽量な斧。愛らしさとコンパクトさから非常に人気のあるモデルで、バックパック、バイクキャンプ、女性のキャンパーなどにオススメしたい一本です。

  • 全長:24cm
  • 重さ(斧頭):0.40kg
  • 刃渡り:7.6cm

ウッドチョッパー

グレンスの中では中型クラス。破壊力を保ちながらも扱いやすい長さの斧に設定されています。販売されているような薪はそのほとんどを一発で割ることができるでしょう。ヒットガードが装着されていて、万が一のミスヒットでも柄は折れにくくなっています。多少、重量がありますがオートキャンプに携帯するのであれば最強かもしれません。

  • 全長:48cm
  • 重さ(斧頭):1.39kg
  • 刃渡り:6.8cm

薪割り鎚 ショート

実2kgを超える斧頭から生み出される破壊力は圧巻です。重さだけで薪の小割りができるようなイメージ。柄の長さが本来より短いのですが、薪ストーブで有名な「ファイヤーサイド」さんが、日本人の体型にあわせて別注をかけたものになります。

  • 全長:69cm
  • 重さ(斧頭):2.56kg
  • 刃渡り:7.0cm

ハスクバーナ 手斧

これはキャンプ初心者の方におすすめです。スウェーデン鋼製の刃にヒッコリー素材の柄をつけた、コンパクトで持ち運びしやすいと人気の斧。ある程度重さがあるので、コンパクトな割にパカパカとよく割れてくれます。迷ったらこれを買えば間違いないでしょう。

  • 全長:38cm
  • 重さ:1kg
  • 刃渡り:8cm

ハルタフォース スカウト

1883年創業というスウェーデンの老舗工具メーカー、ハルタフォース社製の斧です。良質の鋼材を使った刃は、独特の取り付け加工により、柄から外れる心配がありません。ハルタフォースのスカウトは38cmで、重さが900gと、とてもバランスの良い斧です。

  • 全長:38cm
  • 重さ:900kg

モーラ・ナイフ Mora knife Camping Axe 

その品質はスウェーデン国王からも高い評価を受け、スウェーデンを代表するメーカーのみに与えられる王室御用達の認定を受けています。素材には「ボロン鋼」というボルボの車内居室を守るフレームに使われる金属を使用しており、非常に頑丈な斧頭になっています。モダンでクールなデザインが斬新な一品です。

  • 全長:32.2cm
  • 重さ:510g
  • 刃渡り:11.5cm

BAHCO(バーコ) Hatchet 手斧

フランスのポップな印象の可愛い斧です。手軽なお値段と、使いやすいサイズが人気です。長さは36cmとコンパクト、小型斧にしては刃渡りが11cmあり、独特な形状の柄は握りやすく使い勝手も良好。枝木を叩き切るためにも重宝します。

  • 全長:36cm
  • 重さ:800g
  • 刃渡り:11cm

スミス&ウエッソン アックス

アメリカの銃器メーカーで有名なSmith&Wesson(スミス&ウエッソン)のハチェット(手斧)です。漆黒のボディはとてもスタイリッシュ。ブレード材をハンドル材で挟み込んだフルタング構造のため非常に堅牢。ブレードには硬度が高く、耐摩耗性に優れた1070炭素鋼を使用しています。

最後に

私はいつもキャンプに「斧」を持っていきます。それは大きなものでなく40cmほどのハンドアックスと呼ばれるもの。キャンプで丸太を切り出して割るようなことはめったにないので、そのくらいの斧でちょうど良いんですよね。

クルミ油でしっかりとメンテンスしながら何年も使っているので、ヒッコリー材の「柄」は飴色に変わり、いい風合いになっています。数多くのキャンプを一緒に過ごした斧なので、とても大切に扱っています。

斧っていい道具ですね。

直火でもOK?キャンプにおすすめのケトル15選

本当に買ってよかった!おすすめのキャンプ用品 50選

Pocket









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA