キャンプのローチェアを「DIY」で作る方法!|「Blue Ridge Chair 」的なものを作ってみた。

こんにちわ。@ソロニワ です。

キャンプ用のローチェアを「DIY」で作る方法を紹介します。

参考にしたのは「Blue Ridge Chair Works(ブルーリッジ・チェア・ワークス)」のチェアです。

木製の骨格と布で作られたチェアはとても雰囲気がよく、火の粉にも強い。おまけに、「経年劣化」まで楽しめるのがいいですよね。

Blue Ridge Chair Worksとは?

ノースカロライナの木工職人であり、熱心なアウトドア愛好家でもある「Alan Davis氏」が手がけるチェアメーカーです。

Alan氏はまず、仲間の冒険家のためにカヌーのパドルを作りました。

その後、まな板や椅子などを作り始め、結果として「Blue Ridge Chair Works」が誕生したのだとか。アウトドアマンらしい素敵なストーリーですよね。

DIYローチェアのポイント

今回のローチェア制作のポイントは、「軽休息」と「軽作業」に優れたチェアです。つまり、以下のことを全て満たすことが目標。

  • くつろげる角度であること。
  • 焚き火でも快適に使える。
  • 食事や調理も可能。

仮組みしてわかったのですが、チェアの快適さのポイントは「角度の最適化」でした。(これについては後述しています。)

DIYローチェアの作り方

では実際に作っていきましょう。

木材を揃える

「ソロニワは、木材をゲットした。」

重い腰をあげて。行ってきましたホームセンター!

さっそく材料をカットします。

骨組みの部品

切り出し完了です。骨組みで用意するのはこれだけ。それぞれのサイズ感は上から順に以下のとおり。

30×40(mm)の木材はどこにでもあるサイズです。なので、1000円もあれば揃うと思います。

  • 30×40×800 2本
  • 30×40×600 2本
  • 30×40×400 3本
  • 30×40×335 1本
  • 15×45×800 5本

チェアの骨組みをつくる

ちょっと仮組みしてみましょう。

収納のイメージ。すでに完成のイメージが湧いてきました。イケそうじゃない?これ。

ドリルで下穴をあけておくと、割れなくてよいです。

背もたれから作っていきます。使用するのはこちら。

  • 30×40×800 2本
  • 30×40×400 3本

完成しました。

ポイントは上下の幅(400mm)をきっちりと合わせることです。

下の横棒は10cmのところ。上の横棒は22cmのところに取り付けています。この横棒の間を座面のパーツがとおるので、ある程度の間隔(7cm以上)をあければOKです。

つづいて座面側。使用するのはこちらです。

  • 30×40×600 2本
  • 30×40×335 1本
  • 15×45×800 5本

座面の板の間隔は15mmにしました。板の厚さがちょうど15mmなので、活用して、板の間隔を均等にすることができました。

下の横棒(30×40×335)の位置は仮組みしたあとで決めれば良いと思います。(あまり重要じゃない)

骨組みは完成です。

背面の布をとりつける

背面の布は「どうしようか?」と悩んだのですが、火の粉に強い「帆布」にしました。焚き火でガンガン使いたいですからね。

上下は切れ端が目立たないように。サイドは二重にして端の部分だけを縫っています。2重なので強度も高いはず。

さらに、ハトメを打って強度をアップします。これを左右均等に5箇所ずつ。計10箇所です。

今回使用したハトメ(外径10mm・内径5mm)がこちら。錆びにくく、強度の高い真鍮製です。

※ハトメだけでなく、「ハトメ打ち」も必要になるので注意です。

ハトメを打ったら、布を設置する位置を決めます。できるだけ上部のほうが肩の支持があってよいと思います。

取り付け位置がきまったら、ドリルで下穴をあけます。

木ネジで左右五箇所ずつ止めて。

ローチェア完成です。

か・・かっこいいじゃないか・・

ローチェアの角度について

つづいて角度について少々。

これだと背もたれが寝すぎている

最初に完成した段階では、「背もたれが寝すぎだなぁ」という感じでした。角度でいうと120度くらいでしょうか。

で、人間工学について調べてみると、

軽休息&軽作業用のチェアの角度は105度(座面+背面の)が快適ということがわかりました。

ちなみに、角度が115度を超えてくると「枕」などが欲しくなるそうです。

さっそく角度を調整しましょう。

ちなみに、チェアの角度は背面パーツの横棒の間隔で調整できます。幅をせまくすれば角度は小さく(最小が90度)なります。

板を挟んで、角度をチェックしています。

まずは薄い板を2枚はさんで角度を調整します。いい感じになりました。

この棒を板2枚分さげてみる。

背面パーツの「上の横棒」をすこし下げてみましょう。

下の横棒は最下部から10cm。上の横棒は最下部から20cmの位置に変更。

挟んでいた板2枚分(2cm)ずらしました。

修正後のローチェアの角度がこちらです。iPhoneの「シンプル角度計」というアプリで一瞬で測定できました。使い方もすごくシンプル。

床において「リセット」を押す→測りたいものの上にスマホを置く。

シンプル角度計 – simple angle meter – neko-system Inc.

背面の角度は52度。座面の角度は25度です。和を180度から引いてみると・・

180-(52+25)=103

つまり、103度になります。理想値が105度だったのでまずまず。2度は誤差としましょう。(笑)

人間工学最高!

まとめ

角度は103度になりました。

以上、キャンプで使用する「DIY ローチェア」の紹介でした。

サクッと作った感じなので荒削りな感じはありますが、とても座り心地の良いチェアができたと思います。

世の中には優れたキャンプ道具がありますが、所詮は「どこかの誰か」が作ってくれたものです。

そんな風に考えると、「DIY」って贅沢だなぁ。と思いますね。

ローチェア作りの参考になればうれしいです。