野遊びの写真〜スノーピークのギアと共に




こんにちわ、@ソロニワです。

スノーピークのギアと共に、「野遊び」をしてきました。

些細なものですが、「キャンプを始めたい」と思っている人が、ほんの少しでも自然やギアに興味を持っていただけたらこんなに嬉しいなぁ、と。

そんな思いで書いています。

川に入って野営地を物色します。

膝まであるタイプだとヒルの侵入もある程度は防げます。

写真ではうまく伝わらないですが、いいところを発見。

苔むした岩に湧き水がしたたり落ちるさま。根を張って暮らす木々たち。自然とはなんて素敵なんだろう。

川沿いの設営は危険なので真似はしないでくださいね。

本日の寝床はここ。幕はスノーピークの FAL3 です。ベージュ系の幕は自然に溶け込みますね。本当にいい色。

夜のために薪を準備します。今日はそんなに寒くないので最低限でいいかな。

プラティパスのボトルは本当に便利です。2Lの容量があり、水を使い切ったあとはペラペラになるのでバックパッキングのときには愛用しています。

開始が遅かったのであっという間に暗くなりました。でもここからが楽しい時間ですね。

非売品?の ナチュラルパイルドライバー (ランタンスタンド)はその辺で拾いました。

焚き火台は、ピコグリル398です。

火をおこして暖をとります。湿っているので最初に熾火(おきび) を作って燃えやすくしました。熾がたまると、大きな薪も簡単に燃やすことができます。

スノーピークのソロセットチタンで炊飯。

もう片方のポットでカレーを温めています。ソロセットチタンは、本当に使い勝手のよいクッカーですね。ミニマムキャンプには最高!

暖かい食べ物がありがたい。感謝していただきます。

深夜の幕内。

水の流れる音を聞きながら、読書をしたり、ギアの整理をしたり。

これは「いやぁ、これやっぱいいわー」と、ヤエンクッカー1000 のフライパンの良さに感動している様子(笑)ほんとバカだなぁ。。

朝になりました。朝の空気ってやっぱり美しい気がする。空気中のチリが静まっているからかな?

とか思っていると、突然大型の鳥が飛んできて驚きました。

じゃがいも使わなきゃ。

バーナーはスノーピークのヤエンストーブナギを持ってきました。これを直置きしたときが凄くかっこいいんです。ヤエンクッカーとの相性は抜群ですね。

「焼くだけ」みたいなこういうシンプルな料理好きです。

目玉焼きも作りますよー。今日はバックパックなので、シェラカップには蓋と食器を兼務させます。スノーピークのチタンシェラカップ大好きなんですよね。使うたび、洗うたびに惚れ惚れする。幸せな道具だな。

荷物も洗い物も少なくてよいですね。

つづいてパスタ。バックパックで行動する時は、2日目の定番になってます。お米より簡単だし、保冷しなくて良いし。ハムチーノ最高!

最後に

人間は火をあやつり、道具を使いこなすことで繁栄してきました。

それは遠いむかしの話かもしれないけれど、そういうことを心から楽しむ人々は今でもたくさんいる。

それが本来あるべき姿と信じていますし、より多くの人が自然を楽しめる社会になると素敵だなって思います。

いままでも、これからも、優れた道具は人間と自然を引き寄せてくれます。

【キャンプ道具のおすすめ 77選!】実際に使っているものだけ、紹介します。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA