『地べたスタイル』で冬のソロキャンプ|「ピコグリル398」で料理を楽しむ。

地べたスタイルでキャンプをしてきました。

地べたスタイルの魅力は安定感があること。調理しやすいこと。自然との一体感を味わえること。そんなところでしょうか。

今回はピコグリルで料理(といってもたいしたことない)を楽しんできました。

タコス的なもの

到着後、お腹がすいたので、サクッと「タコス」を作りました。

業務スーパーで買えます。

↑このトルティーヤがすごく便利なんですよ!メキシカンな香りがプンプンです。

焼いて好きな具材をはさむだけでタコスが完成。業務スーパーにいくと買ってきて、冷凍保存しておきます。200円くらいです。

うりゃ!

メキシカンな雰囲気は皆無ですが、野菜(いろいろ入ったやつ)・シャウエッセン・マヨネーズ・こしょうが定番です。

これすごくうまいです。

ビーフシチューを煮込む

ユニフレームのダッチオーブン(6インチ)でビーフシチューを作ります。これはソロの煮込む料理にほんとうに便利。

かかった時間は、じっくりコトコト1時間半くらい。

今日は材料などをジップロックに全てまとめてきました。(すぐ忘れちゃうので調理手順も入ってる(笑))

これだけでOK!

中身はこんな感じです。ママーのデミグラスソースうまいですね。

バターを溶かしたら、強火で牛肉(塩・こしょうで下味つけとく)に焼き目をつけます。

たまねぎ、にんじんを投入して、たまねぎがくたくたになるまで焼きます。

水200cc・赤ワインを入れて弱火で1時間放置。

その後、デミグラスソース・ケチャップ・じゃがいもを投入して、30分くらい煮込んだら完成です。

ビーフシチューのレシピ(一人前)はこちらです。

  • 牛肉(モモ):100g
  • じゃがいも:1/2
  • たまねぎ:1/2
  • にんじん:1/4
  • デミグラスソース
  • バター:10g
  • 水:200cc
  • 赤ワイン:30cc
  • ケチャップ:大さじ1
  • 塩:小さじ1
  • こしょう:適量

うまっ!なんでだろうな?

家だとたいして面白くない煮込み料理ですが、外だとめちゃくちゃ楽しい。たぶん、焚き火+鉄という組み合わせに「無骨萌え」してしまうんだろうな(笑)

ガーリックトーストを焼く

シチューが完成したので、ガーリックトーストを作ります。

にんにくは本当はすりおろします。

バター・オリーブオイル・にんにく(刻んだやつ)を火にかけて溶かします。

フランスパンに塗りこんで。

ピコグリルで焼くだけ。

こんな風にすると薪ではさむと、カリッカリのガーリックトーストになります。

ガソリンストーブを炊く

コールマンのガソリンストーブの上には、ヒーターアタッチメントをのせて。

純正の組み合わせはめっちゃあたたかいです。地べただと安定感があるのでガソリンストーブも安心して使える。それが楽しいんですよね。

動画もあるのでよろしければ。

ガソリンストーブいいですよ。

『じゃじゃ馬』を扱う感覚っていうのかな?禁断のガソリンを燃やす感じが非日常感を感じさせてくれます。

真冬(-40度でもOK)でもガンガン気化してくれるので火力も最強。鉄のかたまりというルックスもグッドです。

肉を食らう

牛モモが余ったのでスキレットで焼きました。これはわさび醤油でビシッとキメてやりましたよ。

最後に

以上、冬の「地べたスタイル」ソロキャンプでした。

小さいくせに色々な料理を楽しませてくれた「ピコグリル398」には感謝です。こんなに使い勝手がいい焚火台はなかなかないですね。

みなさんも素敵なアウトドアライフを!