レビュー|スノーピークのペンタシールドはソロキャンプに最高だった。

スノーピークの「ライトタープペンタシールド」の紹介です。

「ライトタープペンタシールド」モノポール(1本)で設営ができる小型のタープです。変形五角形の独特な形で張り姿も非常に美しく、縦に約3m、横に4mの大きさをカバーできます。

この絶妙な大きさが、ソロキャンプには最高なんですよね。

SPEC

  • サイズ:400×320×150cm
  • 収納サイズ:32×9×20cm
  • 重量:790g(本体のみ)
  • 対応人数:1名
  • 耐水圧:1,800mmミニマム

ペンタシールド 色々な張り方

基本形

スタンダードな張り方がこちら。スノーピークの指定のポールは150cm1本で。最小限の構成ですが、こんな風にミニマムな土間スタイルが出来上がります。バイクや徒歩での軽量ハイクなどにはぴったりですよね。タープは低い方が日陰の面積を大きくできるので流石に理にかなっていますね。

画像:snowpeak

ヘキサ張り 

高めのポールを2本使用してヘキサ張りをしている方もいらっしゃいます。ちょっと長さが短くなりますが、カッコ良いですね。高さがある分、風の強さと太陽の方向には注意が必要ですね。

画像:Gizmo Fantasia 

170cmポールを使用

これはスノーピークの170cmのポールを使用したものです。これがなかなかよくて、頭上の閉塞感がなく、開放感が増して気持ちが良いです。チェアスタイルにとてもおすすめ。寝るときは適当なインナーを入れたり、ポールを低めにしてコットで寝てもいいですね。

最後に

軽量でサイズが程よいから気軽に色々な張り方を楽しめて楽しいんですよね。大きなタープではこういった遊びは難しいでしょう。一つ持っていると楽しいと思いますよ。

スノーピークのペンタシールド、オススメします!

紹介したもの

現行カラーはこちら。シールド加工がさているので旧カラーよりも濃い日陰を作り出すことができます。

150cmの指定のポールがこちら。耐風性や、耐久性を考えるとこの高さが推奨のようです。

こっち170cmのポールです。長さの割にはΦ22mmと細めのポールなので使い勝手が良いです。これが180cmになると太くなってしまうんですよね。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA