バーベキュー向きな炭とは?白炭と黒炭の違いについて

木炭には二種類あるのをご存知ですか?

炭質によっで分けると「白炭(シロズミ)」と「黒炭(クロズミ)」の二種類 があるんです。

炭の製造時の焼き方にはそれほど違いはないのですが、その後の火の消し方で、その性質は全く違ったものになります。同じ原木を焼いても、硬さや性質(火付けや火持ちの良さ、成分など)が異なってくるのだから面白いですね。

白炭のつくり方

白炭は焼きあがっている炭に空気を入れ、約1000度を超えるような高温で燃やし、その後に取り出した炭に灰と土を混ぜ、水分の含まれた消粉をかぶせてすばやく冷やしながら消します。そうすることで、炭の表面には白い粉がつきます。それこそが白炭といわれる由縁なのです。

白炭の特徴

世界中で作られているわけではなく、日本に特徴的な炭です。性質としてはまるで鋼のように固く、たたくとキンキンと音がするのが特徴。火付けには時間がかかりますが、火力は強く安定しています。爆ぜることもほとんどなく、においや煙も少ないので室内向きでもあります。

代表的な白炭としては、ウメバカシを使用した紀州備長炭(きしゅうびんちょうたん)があります。

こちらはオガくずを原料にし、備長炭のような性質をもたせたもの。備長炭に似た性質をもちますが、価格が控えめなので気軽に使うことができます。

黒炭のつくり方

黒炭は400~700度で焼きあがっている炭の段階でかま口や煙道口を石や粘土で密閉し、酸素を断ちます。かまの火はそのまま消えますので、冷えたら炭を取り出します。白い粉はつかなく、表面は黒いので、黒炭と呼ばれます。

黒炭の特徴

世界中で作られている炭はほぼ黒炭になります。性質としては白炭にくらべて軟らかく、火付きがよいのが特徴です。

その分火持ちは白炭にはかないません。原木として使用されるのはナラ、クヌギ、カシなどの木材になります。ホームセンターなどで格安で売っている海外製の炭もありますがヤシガラやマングローブなどが多く、炭の焼き方が不十分な為、煙がでたりにおいが強い場合が多いです。予算がない場合を除いて、あまりオススメはできません。

代表的な黒炭としては岩手切炭(いわてきりずみ)があります。

炭の歴史

世界中で木炭は作られていますが、ここまで技にこだわり、品質にこだわっているのは日本だけで、製炭技術は日本が、二位以下を大きく引き離して世界一と言われています。

炭焼きの技術は中国から伝わったとも言われますが、考古学では新石器時代から木炭が使われるようになり、弥生時代には鉄器作りのために木炭が盛んに使われるようになったと推定されています。古くは古事記・枕草子といった書物にも現れ、大仏建立のときにも大量の木炭を使用したとの記録があります。

その後、世界に類を見ない切れ味の日本刀や国焼き陶器の製造で飛躍的に製炭技術が向上し、茶の湯によって「用の美」が完成され、江戸時代の備長炭の誕生により性能が極まったものであると考えられます。









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA