キャンプにコンパクトノコギリを持っていったら最高だった!おすすめのコンパクトノコギリ

みなさんはどんな焚火台を使用されていますか?

最近では直火ができるところは本当に少なくなり、「焚火台」を使用しなければならないケースが多いですよね。そしてソロキャンプなどではコンパクトな焚火台を使用することが多いと思います。私も最近スノーピークの焚火台Sをソロ用に購入し、凄く気にいっているのですが、困ったことが一つあります。

「普通の薪だと大きくて入らない」んです・・

問題が分かれば解決するのは簡単です。さっそく道具で解決しましょう!

薪を小さくするには斧とノコギリのセットが必要

小さな焚火台で焚火をするには「薪を小さく短くすること」が必須です。そして、その為に必要なのが斧や鉈とノコギリのセット。

薪を細く割るには斧や鉈の出番ですが、長さを短くするのはのこぎりでないと無理です。(斧や鉈は木目に沿って割ることしかできません)コンパクトなものを一本持っていると本当に重宝しますよ。

焚火の薪というのは細く小さい薪・中位の薪・火持ちのよい太い薪、と。3段階くらいに分けて焚べていく必要があります。これは絶対の法則で、逆にいえばこの法則を忠実に守り、しっかりと空気の通り道を考えて組めば、着火剤は必要ないんです。うちわで扇ぐ必要もありません。上昇気流にしっかりと沿った美しい炎を楽しむことができますよ。

のこぎりは本当に必要なの? 斧や鉈で横に切れないの?

ノコギリは必要です。なぜなら、斧や鉈では木目に沿った割り方しかできません。木目に垂直になったり、節があったりすると全然割れないんですよね。

そんな時こそ、「コンパクトノコギリの出番」です。大変そうと思うかもしれませんが、実際に使用してみると、薪程度であれば本当にサクサクっと切れてしまいます。 道具というのは用途に特化したものが最も使い易いです。

では、どんなノコギリが良いのか?おすすめのコンパクトノコギリをご紹介

シルキーポケットボーイ

まずはこちら。海外で評判ののこぎりです。刃物の町で有名な「兵庫県小野市」で生産されているのですが、安価で海外でも非常に評判が良いです。ニュージーランドの園芸家の間では「よく切れる」と人気のノコギリなんだそうです。少し長めなので、太い薪も楽々切ることができます。これを買っておけば正直間違いはないでしょう。

シルキー ゴムボーイ 万能目 210mm

上のポケットボーイの少し大きいバージョンです。長さに余裕があるので、広葉樹の薪を切るときなんかすごく楽です。(短いものより往復の回数が少なくて済むので)車で移動される方はこの長い方を購入するのをおすすめします。210mm は革のケースなども社外から販売されていますので、色々使い勝手が良いと思います。使い勝手とコンパクトさの両方を兼ね備えた長さだといえるでしょう。

シルキー ゴムボーイ 万能目 240mm

この240mmもオススメ。「使い勝手」だけで言えばこの長さが最高かもしれない。(コンパクトさをそこまで求めないなら)なぜなら、ノコギリというのは長い方が圧倒的に楽です。一度使ってみるとわかりますが、次元が違いますよ。森の中で薪を調達するのにいつも愛用してます。この長さめっちゃ使いやすい!

SK11替え刃式折込ノコギリ

よりコンパクトなものだとこちら。このノコギリも切れ味も良く、非常にコンパクト。素晴らしいです。SK11さんは「安価で良い工具」を作っている印象がありますが、本当に良いものを作ってくれるんですよね。こちらのノコギリは千円台で購入できますので、コスパは抜群だと思います。

キャプテンスタッグ オピネル フォールディングノコギリ

オピネルのノコギリ。こちらの刃渡りも12cmです。この12cm程度の長さは本当に使い勝手が良いですよ。木製でオピネル製なだけでも非常に魅力てきです。雰囲気が抜群なので所有欲を満たしてくれるノコギリです。

The Friendly Swede 北欧スウェーデンデザイン 折りたたみ式 万能目 ノコギリ

めちゃくちゃ売れている折りたたみノコギリです。

北欧スウェーデンのブランドでブラックに塗装された刃と、デザインが非常にスタイリッシュです。長さは210mmと少し長めなので楽々と薪を切ることができます。パラコードがついているのも嬉しいですね。

神沢精工(サムライ) 騎士 240mm

日本製で切れ味抜群。非常に評価の高いのこぎりです。某動画サイトのキャンパーさんもいつも使用されていて、毎回丸太をざくざくと切断しています。

神沢精工(サムライ) 騎士 180mm

前述したとおり、日本製で切れ味が非常に評価の高いのこぎりです。240mmではちょっと長いという方はこのコンパクトな「騎士」がおすすめです。

究極の一本 「高儀」折込鋸 コンパクト

いろいろなノコギリを紹介して来ましたが最もオススメしたいのは実はこちら。

メイドインジャパン、新潟県燕三条産、経営理念は「伝統と革新」、男の「高儀」ブランド、4拍子そろった「コンパクトノコギリ」です。

刃渡り125mm 。最高に使い勝手の良いノコギリです。切れ味も最高で、替え刃も安価、本体の値段も千円台と申し分のない製品になります。少し男臭い感じのブランドですが、そもそもノコギリというのは無骨な男の為の道具です。この「タカギ」製品の質は確かなものです。

色々紹介してきましたが、道具として考えるとおそらく最強のコンパクトノコギリかと。「究極の切れ」のキャッチコピーは嘘ではないです(笑)

↓↓こちらの画像は高儀のコンパクトノコギリです。

女性におすすめ 「高儀」折込鋸「江戸紫」

先に紹介した「高儀」の究極のコンパクトのこぎり。その別カラーがこれです。紫のカラーが女性におすすめ。これ、凄く売れているみたいです。

以上、オススメのノコギリの紹介でした。キャンプで快適に焚き火をするには必須の道具なので、ぜひお気に入りの一本をみつけてみてください。ノコギリがあるだけでキャンプが絶対に楽しくなりますよ。

ちなみに、こちらが、ソロにオススメのスノーピークの焚火台Sです。小さくとも頑丈で一生モノ!この焚火台を使用するのであれば必ず「ノコギリ」が必要になってきますよ。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA