登山家の映画「MERU」をみて感じること

「MERU」という登山映画をみた。

映画というよりはドキュメンタリーで、撮影しているのは本人たちである。なぜかというと過酷すぎる山での撮影は本人にしかできないからだ。だからこんなコピーがあしらわれている。

これは登山映画ではない。登山家の映画だ。


「MERU」というのはヒマラヤ山脈にそびえる、メルー山のことだ。ガンジス川の源流があり、宇宙の中心とも言われている。

標高は6,250mで、その中央峰にはシャークスフィンと呼ばれる切り立った絶壁がある。数々のクライマーが挑み、この30年間で誰もたどり着けていない難攻不落の岩壁である。

中央がシャークスフィンである。サメのヒレのような形であることからこの名がついた。

メルーの登山はエベレスト登山のようにシェルパ(荷物運搬,案内などを務める人)を雇うことができない。そのため、90kgにもなる登攀具や食料の入った荷物を背負いながら、雪と氷と岩の世界を登ることになる。それは百戦錬磨のクライマーにとっても悪夢でしかない。

今回登場するのは3人の一流クライマーである。

 2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間の予定だったが、大きな嵐に4日間もテントに足止めをされる。そこで半分の食料を失ってしまい、山頂までわずか100メートルのところで失敗に終わってしまう。

失意のまま、3人は普段どおりの生活に帰っていく。しかしこれで終わりではなかった。

 2011年9月、2度目の挑戦が訪れる。コンラッドは2人の友を連れて、再び「シャークスフィン」に挑むことを決意したのだ。

そこには圧倒的な大自然の中に生きる人間の姿があり、ドラマがあった。そして、各所に映し出されるギアには、神々しさすら感じる。

道具を使う人間には底知れぬ可能性がある

ぜひ観てみてください。(プライム会員だと無料で観れます。)














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA