No Houdini No Life!|パタゴニアの究極のライトシェル 「フーディニ」がおすすめ

こんにちわ、@ソロニワです。

春になり暖かくなってくると、薄手のナイロンパーカが一枚あると凄く便利ですよね。ただ、一言に「ナイロンパーカ」といっても、重さや携帯性にはかなりの差があります。

ということで、私が長年愛用しているライトシェル「フーディニ(patagonia)」を紹介させていただきます。

フーディニとは?

patagoniaが販売している、リップストップナイロン製の「ライトシェル」です。羽のように軽いのに、暖かい。そして防水性・透湿性が高いという特徴を持っています。

その優れた機能性のため、多くのアウトドア愛好家・クライマー・登山家・サーファーなどに愛用されています。

フーディニの特徴

フーディニの特徴が以下のとおり。

  • 超軽量
  • ポケッタブル
  • 薄く丈夫な生地
  • 高い保温力と透湿性

超軽量

持っているのを忘れるくらい軽い本当に羽のようなシェル。出来るだけ装備削りたい登山などのアクティビティはもちろん、春夏に持ち歩くアウターには最適です。

ポケッタブル

HOUDINI-3

胸ポケットを裏返せば、ポケット内に全てがおさまります。ズボンのポケットに入れても問題ないくらいのサイズ感です。ミニマリストにも最適ですね。

丈夫なリップストップ生地

HOUDINI-4

フーディニは、極薄のナイロン生地で作られています。

となると耐久性が気になりますが、「リップストップ加工」が施されているので、岩でこすれたり小枝にひっかかったりしても簡単には破けません。

万が一切れ目が入ったとしても、格子状に織込まれたナイロン繊維により「裂けが途中で止まる」というのが、リップストップ生地の特徴です。

リップストップ生地とは?

リップストップ(ripstop)生地とは、コットン、ナイロン、ポリエステル素材の生地に、格子状にナイロン繊維が縫い込こまれた生地のことです。ナイロン繊維は強度・摩耗に非常に強いため、混紡された生地の強度は格段に向上します。パラシュートやテントなどにも使われている非常に強靭な生地です。

高い保温力と透湿性

実際に着てみると驚くのですが、「こんなにペラペラなのになぜ?」と思うほど暖かいです。

そして小雨の中もとても快適。

DWR(耐久性撥水)加工 & 透湿性バリアーのおかげで「雨を弾くのに蒸れない」んです。

フーディには、本当に薄く、暖かく、蒸れにくい。

類似品は色々ありますが、いまだフーディニを超えるものはないと思います。

サイズ選びで注意したいこと

ほんとうに優れた特徴をもったフーディニですが、

注意したいのがサイズ選びです。

通常、海外製品は小さめのサイズ選びをしますよね?普段が「M」なら「S」のように。

しかしながら、フーディニは胸回りがタイトな設計なので、そのままのサイズがおすすめです。がっしりした体系の方はワンサイズあげてもいいかも?

参考までに、170cm〜175cmくらいの標準体型であればMをオススメします。

街でも活躍するフーディニ

HOUDINI-5

私は私服通勤なので、春夏のバッグにはこのフーディニが常に入っています。これさえ持っていれば、気温低下・雨・風 などの変化に対応できてしまいます。

「常に忍ばせておける」って本当にいいものです。

パタゴニアのフーディニ、オススメですよ。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA