キャンプに「タープ」は必要?|ソロキャンプにおすすめのタープはこれだ!




こんにちわ、小さなタープが大好きなソロニワ です。

今日は、こんなテーマで書いてみたいと思います。

  • キャンプにタープは必要なのか?
  • ソロキャンプにはどんなタープがおすすめなのか?

よろしければお付き合いください。

タープとは?

夜には自分だけの明るい空間を作り出すこともできる。

つづいて、タープ (tarp)とはなんぞや?という話ですが、言ってしまえば、日差しや雨を防ぐための「布」になります。

日差しの強い時期には必須ともいえるキャンプギアであり、基本的に「壁」がないので、非常に開放的な雰囲気で自然を満喫することができます。

また、キャンプ場では、他人の目を遮り、一瞬でプライベートな空間を作り出すこともできます。

テントが「寝室」であれば、タープは自分だけの「リビング」、そう考えていただければ、なんとなく想像できるでしょうか。

キャンプにタープは必要?

そもそもキャンプにタープって必要なの?という話ですが、

個人的には以下の理由でタープは必要だと考えています。

春夏のキャンプにはタープが必要

春夏のキャンプでは「タープ」は必須だと思います。

とくに夏のキャンプにおいて「日陰」がもたらす恩恵は絶対的。

「テントがあるからいいじゃん?」と思うかもしれませんが、夏のテントなんて過ごせたものじゃありません。風通しを考えると、誰しもが、タープ下で長い時間を過ごすことになります。

春夏はとくに、素材・コーティング・ポールの高さにこだわりたいところですね。

秋冬のキャンプでもタープは活躍する

逆に、秋冬においては「なくてもなんとかなる」というのが正解だと思います。ですが、

  • テントとは別にリビングを作りたい。
  • 夜露から荷物を守りたい。

そんな時にはもちろんタープがあったほうがいいでしょう。

屋根がないと、テーブルやチェア、荷物などが夜露で濡れてしまうからです。

また、タープの屋根はランタンの灯りを優れた間接照明に変えてくれます。他人からの視線をさえぎってくれます。そんな意味でもタープが与えてくれる恩恵はとても大きいです。

一方で、春夏ほどの強烈な日差しがないため、明るめのカラー、薄めの素材、低めのポールを選べるというのが、秋冬キャンプならではの魅力だと思います。

ソロキャンパーにおすすめのタープ

アウトドアメーカーからは本当に色々な種類のタープが発売されています。

だからこそ「どれを選んで良いのかわからない」「買ってみないとわからない」というのが本音ですよね。

後半では、実際におすすめのタープを紹介したいと思います。

DD Hammocks DDタープ 3×3

ソロキャンプであればDDタープは外せないでしょう。

大きさは3m×3m。正方形の形状でループがとても多いので、どんな状況でも困ることはないと思います。

夏であればこちらで間違いないと思います。作り出す日陰の濃さは圧巻です。

DD Hammocks スーパーライト タープ 

こちらは同じくDD Hammocks社のものです。大きさは3.0m×2.9mのほぼ正方形。重さはわずか460gという、たいへん軽量なタープです。

  • 通常のDDタープだとかさばる
  • 冬の時期につかいたい

そんなときにとても便利なのがスーパーライトタープだと思います。

テンマクデザイン ムササビウイング “焚き火”version

有名な「ムササビウイング」の焚き火バージョン。

コットン混紡生地を使用しているため、”火の粉” に強いのが特徴。焚き火での穴あきを気にせず使いたいならこちらですね。コットンが35%含まれているため、重さがありますが、逆に遮光性、通気性に優れています。

夏は日差しをよけて、冬は火の粉に強い。

まさにオールシーズン使えるモデルですね。

スノーピーク ペンタシールド

ポール一本での設営が可能。変形5角形という珍しい形をしています。大きさは4m×3.2m。横に大きいのでプライベート感があります。

ソロでのロースタイル・地べたスタイルには最適でしょう。遮光ピグメント加工がされているので、日陰が濃いのも特徴的です。

ogawa(オガワ) ペンタ3×3

リップストップ生地(引き裂き強度が高い)を使用していながら、わずか560gという五角形のタープです。大きさは3m×3mなのでソロキャンプに最適。

薄さと耐久性を兼ね備えたタープですね。

NORDISK (ノルディスク) カーリミニ

ノルディスクの人気タープ「カーリ」のミニバージョン。

大きさは3m×2.5mというコンパクトサイズ。

コットンに耐水性のあるポリエステルを混紡した、「テクニカルコットン」いう素材で作られています。ノルディスクを気軽に試せるモデルですね。

最後に

以上、タープの必要性と、ソロキャンプにおすすめのタープの紹介でした。

タープってたかが一枚の布です。でも、あると凄く安心するんですよね。日差しから守ってくれて、雨の日のキャンプだってちょっとだけ楽しくしてくれる。

そんな素敵な存在がタープです。

結論、やっぱりタープは必要ですよ。

みなさんの「道具選び」の参考になれば幸いです。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA