米国170年の歴史!|GRIP SWANY(グリップスワニー)の G-1 グローブの紹介




GRIP SWANY(グリップスワワニー)の G-1グローブを紹介します。

今回ご紹介する「G-1グローブ」は、プロトタイプともいえる代表的なモデル。

耐久性の高い牛革を、鋼鉄の5倍の強度があるという「KEVLAR」糸で縫い合わせたという、とても耐久性の高いグローブです。

GRIP SWANYとは?

グリップスワニーは、1848年(西武開拓時代)に誕生した、170年以上の歴史をもつワークグローブメーカーです。

耐久性の高い牛革(ステアハイド)と、KEVLAR(573度の耐熱性・剛鉄の5倍の強度がある魔法の繊維)を縫い糸に世界で初めて使用し、耐久性の高いグローブを生み出したことで有名です。

G-1グローブの特徴

デュポン社のKEVLAR糸を使用

縫製には ”鋼鉄の5倍の強度がある” とされている魔法の糸、KEVLARを使用しています。長年グローブの悩みであった「ほつれ」は最小限に抑えられ、飛躍的にグローブの耐久性を向上させています。

北米産ステアハイドと立体裁断

G-1グローブには、北米産の牛革(ステアハイド)が使用されています。

牛革は、手になじみにくい素材ですが、立体裁断や、縫製を外側にすることにより、抜群の装着感を実現しているのが特徴的。

装着感は革は非常に柔らかく、本当に素晴らしいですよ。

ステアハイドとは 

生後3~6ヶ月以内に去勢した2歳以上の雄牛の皮で、強度が高く、ボリューム感のある皮質が特徴的です。

無料修理サービス付き

G-1グローブには、「無料修理サービス」 が付帯(ケプラー糸が革より先にほつれてしまった場合、無料で修理してくれる)しています。

素材と品質に絶対があるからこそ、こういったサービスが可能になるのでしょう。

メンテナンスの仕方

G-1グローブのメンテナンスはとてもカンタンです。定期的にミンクオイルを塗りこむだけでOK。

ミンクオイルには、革の柔軟性・撥水性を保つと同時に、耐久性を増し、汚れを落とす効果もあります。クリーナーとしても使えるので一つは用意しておくと良いですね。

まとめ

以上、GRIP SWANY(グリップスワワニー)の G-1グローブの紹介でした。

ヨーロッパが長い歴史でブランドを構築してきたように。米国にも長い歴史を持つギアがたくさんあります。

例えばグリップスワニーのグローブはなぜ黄色なのか?(スワニーイエローと呼ばれる)

その理由がこちら。

当時(西部開拓時代)の薄暗い灯りのなかでは、見つけやすいグローブが必要だった。

なんか良くないですか?些細なことですが、知っているかどうかでギアに対する愛着が増しますよね。

みなさまのアウトドアライフが、より充実したものとなりますように。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA