「秋のキャンプ」が絶対に楽しい理由|あると便利なキャンプ道具




画像:プジョーでキャンプ

こんにちわ、@ソロニワです。

さわやかで澄んだ空気、美しい紅葉においしい味覚。キャンパーにとって、秋こそが一年でいちばん楽しい季節でしょう。

本格的な秋にむけて、秋キャンプがおすすめな理由と、注意すべきことなどをまとめてみました。

秋のキャンプが絶対に楽しい理由

清涼な気候

秋は気温と湿度が下がり、とても心地よいです。夏に汗だくになっていた「設営」「撤収」「薪割り」が、楽しいアクティビティに変わります。

キャンプ場への道中も最高!窓をあければ爽やかな風が吹き込み、大自然の冷房を存分に味わうとこができます。

そんな感覚は秋にしか味わうことができません。

焚き火で秋の夜長を過ごす

秋の夜長には、やはり焚き火が最高です。

夏と違い夜の気温が低いので焚き火が心地よいのです。秋は焚き火を心から楽しむことができます。

食欲の秋

食欲の秋といわれるように、秋にはおいしい食材がたくさんあります。

鮭・キノコ・サツマイモ・栗。どれもキャンプで調理するのに適したものばかり。秋は野外で美味しいものを食べながらみんなで盛り上がりましょう。

鮭

キャンプ場が静かになる

夏は子連れのファミリーで大混雑するキャンプ場ですが、秋は比較的すいています。お祭り騒ぎがひと段落するような感じでしょうか?

「夏だからキャンプいこうぜ!」というグループが多いですが、秋には逆にベテランキャンパーの比率が多くなる気がします。

虫が少ない

虫が少ないというのもポイント。蚊になやまされることもなく、夕方から夜にかけては、心地よい「秋の虫の音」をたのしむことができます。

他の季節にはない贅沢な夜をたのしみましょう。

秋のキャンプで注意すること

画像:GreenField

朝晩の気温差

秋は昼間の気温は比較的高く、朝晩の気温はかなり低くなります。そのため、服装やシュラフ、暖房などに気を使う必要があります。秋キャンプでは軽い薄めのダウンや、冬でも使えるシュラフを用意しておくとよいでしょう。

夜露がある

夏のキャンプしかしないかたには経験がないかもしれませんが、秋のキャンプでは夜露に気をつける必要があります。とはいえ対策は簡単。夜になったら荷物は「屋根の下」に入れましょう。小さめのタープをひとつ用意しておくと万全です。

あると便利なキャンプ道具

秋には夏の日差しがやわらぎ、今度は夜露を防ぐことが重要になってきます。

つまり、薄くて軽めのタープがあると便利です。荷物を置いておくことができる。

DDタープのスーパーライトなんか最適だと思いますね。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA