「DDタープ3×3」のレビュー|「ダイヤモンド張り」をしてみた。

Pocket

DDタープとは

イギリスのDD Hammocks社(日本ではDD HAMMOCKS JAPAN)が販売しているタープです。形は正方形を基本としていて、ループ数が多いので、いろいろな楽しみ方ができるタープ です。

無骨な雰囲気を楽しみたいソロキャンパーなどには、最適なタープ だといえるでしょう。

DDタープのレビュー

DDTarp3×3を買いました。最もスタンダードな正方形タイプです。

付属しているのは自在付きのガイライン4本と、先が尖っていないペグです。

質感は表がマットで、裏側はコーティングがされています。そのため、かなり濃い日陰を作り出すことができます。耐水圧は3,000mmあります。

ループは19箇所あります。(周囲16箇所・中央3箇所)これがDDタープの最大の特徴ですね。

裏側はこのように補強されています。

タープ 中央部分に3箇所あるループはこんな感じ。

裏側はこのように縫い付けられています。

DDタープの張り方(基本)

早速木の間に張っていきましょう。

ロープをちょうど中心の5箇所にとおして、木々に渡します。

4箇所ペグダウンして。

完成です。想像以上に「濃い日陰」ができますね。これはヒルバーグのXP(エクスペディション)など比較にならないです。

DDタープの張り方(ダイヤモンド張り)

続いて違う張り方も紹介します。

「ダイヤモンド張り」と呼ばれるもので、とても簡単かつ、スピーディーにシェルターを作り出すことができます。後方からの日差しや風をシャットダウンし、左右の視線も遮るので、プライベート感が高いです。

このように斜めに設置します。下側が後方になります。(赤丸がペグダウンする箇所です)

後方の頂点を折り込み、頂点から1つ目のループ(2箇所)ペグダウンします。

反対側の頂点(前方)にロープをとおします。長さを調節できるように自在付きだと便利です。ここではトートラインヒッチ(自在結び)をしています。

トートラインヒッチ(自在結び)|ロープワーク

ループにポールをひっかけて立ち上げます。

前方のロープをペグダウンし、張り具合を調整します。

立ち上がった状態です。

左右の頂点をペグダウンしたら完成です。

無骨でカッコいいですね。野営などではポールのかわりに枝をつかって設営すればOKですね。

サイドビューもすごく素敵。

バックビューはこちら。どこから見てもイケてますね。

DDタープの種類と大きさ

DDタープには本当に豊富なサイズとカラーがあります。とても軽量なスーパーライトや、長方形の「DD Tarp M」など、色々ありすぎて迷ってしまいますが、やはり基本形ともいえる正方形の3×3や4×4が使いやすいと思います。

モデル別の特筆すべき点はこちら。

  • 3.5×3.5はグリーンと迷彩のみ。
  • PROモデルは中央部分のループ数が3→5に増える。
  • 「SuperLight Tarp S」は脅威の260g
  • 「SuperLight Tarp」の大きさは3×2.9m(正方形ではない)
モデル大きさ重量カラー
DD Tarp 3×33m × 3m790g オリーブグリーン

コヨーテブラウン

ジェットブラック

マルーンレッド

オレンジ

マルチカム
DD Tarp 3×3 PRO3m × 3m875gオリーブグリーン

マルチカム
DD Tarp 3.5 x 3.53.5m×3.5m1,050gオリーブグリーン

マルチカム
DD Tarp 4×44m × 4m1290gオリーブグリーン

コヨーテブラウン

マルチカム
DD Tarp 5×55m×5m1,900gオリーブグリーン

マルチカム
DD SuperLight Tarp S2.8m × 1.5m260gオリーブグリーン
DD SuperLight Tarp3m × 2.9m460gオリーブグリーン

イエロー

コヨーテブラウン

オレンジ
DD Tarp M3.5m × 2.4m810gオリーブグリーン

コヨーテブラウン
DD Tarp XL4.5m × 3m1020gオリーブグリーン

コヨーテブラウン

マルチカム

まとめ

DDタープ3×3 のレビューでした。

タープの実用性を重視して作ったらこうなるんでしょうね。

とにかくループが多いから張り方が楽しめるし、安心できるというのが率直な感想です。あとは想像以上に日差しを遮ってくれるので、夏には最高だな、と思いました。(本当に凄いと思う)

DDタープ、おすすめですよ。

campgear-osusume

本当に買ってよかった!おすすめのキャンプ用品 52選

Pocket









indeed