「ケース付き?」「折りたたみ?」ソロキャンプにおすすめのカトラリー12選!

こんにちわ、@ソロニワ です。

今回は、ソロキャンプにおすすめの「カトラリー」についてまとめてみました。

持ち運びに便利なケース付き、クッカーに収納できるもの。

いろいろなものがありますが、ここでは嵩張らないもの。つまり、ソロキャンプにおすすめなものを12個ピックアップしてみました。

おすすめのカトラリー「収納ケース付」

ケース付きのメリットは「他のものに傷をつけない」こと。そして、一枚板でできているものが多いので、使用感がとてもよいことだと思います。

安心して持ち歩けて、快適に使用できるのがこのタイプですね。

ベルモント(Belmont) チタンレンゲフォークセット BM-082

ベルモントの「チタンレンゲフォークセット」は本当によく考えられた製品だと思います。スプーンの必要性に着目すると「レンゲ」という選択は正解なのだと思います。

  • そもそもアウトドアでスプーンを使用する機会は少ない。
  • 逆に深さのあるスプーンがどうしても必要なことがある。

snow peak(スノーピーク) ワッパー武器Ⅱ

ケース付きで使い勝手がいいのはもちろん。デザインが秀逸だと思います。

目にしたときに美しい形状。持ち手に掘られたロゴマークと美しいホール。こうしたデザインセンスは流石スノーピーク製品だと思います。

ただ、ケースのカラーがちょっと・・ベージュなどのアースカラー復活させてほしいな、と思います。

snow peak(スノーピーク) 和武器 SCT-110

クッカーなどにスタッキングしやすいお箸。

箸先は竹製で、ステンレス製の持ち手をジョイントするタイプです。ケースは10号の帆布製なのもいいですね。

2 in 1チタンスプーン チタン箸

オールチタンで、箸・フォーク&スプーンというシンプルな構成です。「余計な飾り気はいらない」「最小限の構成でソロキャンプを楽しみたい」そんな人におすすめですね。

おすすめのカトラリー「収納ケースなし」

ケースなしのものでも「システマチック」にまとめられるものはあります。

複数のカトラリーが一つに収まっている姿。「使用する喜び」を一番感じるのは、こういったタイプかもしれません。

ドイツ軍 カトラリー

質実剛健・完璧という印象のあるドイツ製品。こちらのカトラリーはフォーク・スプーン・ナイフが缶切り・栓抜き付きの収納パーツに綺麗に収まるというものです。完璧な収納状態には惚れ惚れ。

ただし、軍モノなので「大きい」ということには注意が必要です。

NAGAO 燕三条 ステンレス カトラリー

海外製は大きすぎる。という方にはこちらを。新潟の燕三条産のカトラリーです。フォーク・スプーンがナイフのくぼみに収まるというものです。

日本人にはこちらの方が合うかも。

イワタニプリムス CF カトラリーセット

大胆な肉抜きをほどこしたデザインが秀逸なのがこちら。

ケースこそありませんが、フォーク・スプーン・ナイフを付属のレザーストラップで一つにまとめることが可能です。ザックだと収納しずらいと思いますが、オートキャンプなら全く問題ないですね。

「一つで何役もこなす」そんなよくばりなカトラリーが以下の2本です。どちらも有名で評判の高いカトラリーですね。

snow peak(スノーピーク) スクー

「これ一本で世界中の料理をおいしく食べられる」そんなテーマで作られたのが「スクー」です。

折りたたみこそできないものの、その使い勝手は秀逸。持ち手の裏にはお米をたくためのスケール(目盛り)付きなのも素晴らしいですね。

LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー) スポークチタニウム

「スポーク」はスプーンとフォークが一つになったユニークな製品。

チタン製なので、重量はわずか21gですが強度も高い。評価もとてもよいです。キャンプだけでなく、登山やハイキングにも最適ですね。

おすすめのカトラリー「折りたたみ式」

折りたたみ式のものは「クッカーへの収納」を前提にしています。

ぶっちゃけ折りたたまなくていいならその方がいいわけです。スッキリしているし、耐久性は高いし、洗いやすい。

一方で「クッカーに収納できない」というストレスも相当なものですから、「蓋を開けたら必要なものが全てはいっている」という快感を味わいたいならこちらでしょう。

カトラリーの汚れを気にせず、「クッカーに放り込んで撤収!」みたいなことができるのもいいですね。

ユニフレーム (UNIFLAME) FDスプーン Ti + FDフォーク Ti

安心の日本製、ユニフレームのチタン製カトラリーです。折りたたみ可能で収納ケース付き。折りたたみ式ですが、スライドロック式なのでしっかりと固定されます。

EPI(イーピーアイ) フォールディングチタン フォーク・スプーン

EPIの折りたたみ式カトラリーは、ユニフレームのFDシリーズと同様の構造です。重さもほぼ同じなのでブランドや、収納ケースの有無がキモになりますね。

MSR(エムスアール) フォーク・スプーン

MSRのものは折りたたみでありながら、使用時には22cmという長さがあります。つまり深型クッカーでも扱いやすく、かつ収納にも困らないカトラリーということ。カラーリングも豊富。

まとめ

以上、ソロキャンプにおすすめの「カトラリー」の紹介でした。

カトラリーで悩むことってだいたいこんな感じですよね。

  • バラバラになってまとまらない
  • クッカーに入らない
  • 他のものに傷をつける

なので、バックパックやツーリングなど、収納に余裕がないときは、「収納ケース付き」「折りたたみ式」を選択。(他のものに傷をつけにくいから)

収納に余裕があるオートキャンプであれば、幅広く選んで良いのではないかと思います。

参考になればうれしいです。