【2019年 新作キャンプ用品】 各ブランドの注目アイテムをまとめました!

2019-newgear
Pocket

こんにちわ、@ソロニワ です。

2019年の新作キャンプ用品をまとめてみました。SOTO・DOD・スノーピーク・コールマン・ロゴスさんなど各メーカーから,2019年もいろいろな新作が発表されています。

中でも「これは魅力的だな」という新作をセレクトしてみましたよ。参考になればうれしいです。

2019年新作キャンプ用品「SOTO」

SOTO レギュレーターストーブ フュージョン

2019年4月に発売され即売り切れの大人気商品です。安全な分離式、経済的なカセットガス仕様、大鍋でも安定するごとく、冬でも使えるマイクロレギュレーター搭載、手元で操作できるイグナイタ、おまけに200g台という軽さで一万円以下。最強です!

SOTO マイクロトーチ ACTIVEブラック

熱くない、風に強い、ガス缶充填式、と3拍子揃ったトーチです。しかも既存のスライドガストーチよりも小さくて軽い、ガス調節もしやすい!こういうの欲しかったんですよね。

SOTOさんの製品は本当に実用的なものが多いですよね。実直にユーザーに必要なものを作ってくれていると感じます。ユーザー目線とはこういうことでしょう。2019年も期待大です!

2019年新作キャンプ用品「DOD」

DOD カマボコテント ソロTC

カマボコテントにソロ登場です。こういった形状のテントでは、ありそうでなかったサイズ感ですよね。2ルームでソロを出しちゃおうという考えがDODさんらしいです。他のメーカーではこういった挑戦的なことあまりしませんよね。

設営は3本のポールをとおしてペグダウン。生地は150Dなので耐久性抜群。三箇所のドアは全部跳ね上げできるという素晴らしい構造です。これはめちゃくちゃかっこいいですね。

DOD カマボコテント ミニ

ミニも登場です。最小で3.0×5.5m程度の幅があれば設営可能。なんでも日本の気候やサイトの大きさを考えて開発したらしいです。DODさんのユーザー視点は感動ものですね。

DOD レンコンテント RENKON TENT

穴だらけなので、中で「焚き火」ができるというワンポールテント。なのにプライバシーは確保しているというからすごいですね。ソロキャンプ・野営の神「YORIKIさん」も使用されてました。

簡単ワンポール設営、丈夫なポリコットン仕様、焚き火ができて39,800円ですからね。良心的ですよね。

2019年新作キャンプ用品「Snow Peak」

Snow Peak ヘキサイーズ 1

スノーピークの新作はひととおり見てきましたが、これが一番素敵でした。インナーはフルパネル/フルメッシュにできるし、大きく突き出たタープが日差しを効率的に遮ってくれるので、夏のソロタープ泊には最高ですね。価格も39,800円なので、スノーピークにしては安いです。

これがPro.airの生地ででたら最高だったんですけどね。なんでグレー幕?そこがちょっと残念です。

Snow Peak TAKIBI タープ Octa

これも素敵です。難燃性の大型タープで、グループなどでは盛り上がること必至ですね。アイボリーが爽やかですし。二重になっているので火の粉が飛んでも穴が空きづらく、日差しも遮ってくれます。タープ内にはスノーピークの焚火台Lジカロテーブルを設置したいですね。相性抜群です。

2019年新作キャンプ用品「Coleman」

Coleman アジャスタブルシェードシェルター

コールマンからは新感覚のタープが登場です。その名のとおり、ポールの長さを調節することで、陽の傾きに合わせて屋根も傾けてしまおうというものです。

春夏の日差しって想像以上に消耗しますからね。タープの角度を気軽に調整できるのはありがたい機能ですね。

Coleman マルチレイヤースリーピングバッグ

3層構造(インナー・ミドル・アウター)の寝袋です。これ一つで6度〜-7℃まで幅広く対応しているので一年中使えます。

例えば夏のキャンプでは保温性はさほど必要ないので、分割してパパ・ママ・子供と3人で別々のレイヤーの寝袋を使えばいいわけです。一個買えば家族で分けて使えるなんていいですよね。

Coleman 360°サウンド&ライト ランタン

Bluetoothスピーカーを搭載したランタンです。明るさは400lmで、ランタンと音楽再生を5時間楽しむことができます。音楽だけなら20時間も再生可能。そしてUSB充電ができるので安心です。

LEDランタン+Bluetoothスピーカーで1万円以下なのでコスパもいいですね。

2019年新作キャンプ用品「LOGOS」

LOGOS neos AKUBIタープ-AI

これは面白いタープですね。独特な形状と男前カラーが素敵です。大きさは約390×390×200cmと一般的なタープの大きさでです。アーチポールを仕様していて、真ん中にはセンターポールがないので、圧迫感が全くないですね。

LOGOS グランベーシック あくびタープ-AI

先に紹介した「neos AKUBIタープ-AI」の上位モデルになります。大きさは約440×420×240cmなのでファミリーでも使えますね。生地は難燃素材のポリエステル、ポールには超々ジュラルミンを採用しています。色合いもモノトーンですごくかっこいいです。

LOGOS サーモテクト 氷点下クーラー30

評判のいい「氷点下クーラー」にハードモデルが登場です。デザインいいですよね。しかも保冷性能は4日間、複数台のスタッキングができるという新感覚のクーラーです。これは注目ですよ!

まとめ

以上、2019年新作キャンプ用品の紹介でした。画期的なテントやタープ、バーナー、ランタンなど、いろいろなアイデアが盛り込まれた新作がたくさんリリースされています。

新しいギアを試すことで、これまでにないキャンプの楽しみかたがみつかるかもしれませんね。

素晴らしいギアを開発されているメーカーの皆様には心から感謝します。

campgear-osusume

本当に買ってよかった!おすすめのキャンプ道具 54選

Pocket









indeed



2019-newgear