これはおすすめ!|Boundless Voyage チタンペグのレビュー(Titunium Peg Review)

Boundless Voyageの「チタンペグ」を買いました

これまではスノーピークのソリステ一択でしたが、バイクキャンプの時に使用する為の軽量ペグが欲しくなり、購入です。

「コレジャナイ感」はまったくなく、とても質感は良いです。

チタンのペグの特徴

チタンペグのなにが良いのか、順にみていきたいと思います。

比重が小さい

チタンは鉄に比べて、比重が60%程度の軽量な金属です。つまり同じものを作ったとしても60%の重さで済むということ。バイクツーリングやバックパッキングには最適ですね。

  • 鉄 7.8
  • チタン 4.5

強度が高い

チタンは比重のわりには強度が高く、岩をも砕きます。つまり相対的に細いものを作っても耐久性が高いわけです。魔法のような素材ですね。

復元性が高い

チタンの復元性(もとに戻ろうとする力)は鉄の2倍あるそうです。大きな力がかかるペグには、最適の素材だと思います。

水洗いできる

チタンは海にかかる橋の土台に使われるような素材です。そのため、海水につけても錆びることがないそうです。

水洗いができ、乾燥にも気を使わなくて良いので、とても衛生的です。これを体験してしまうとやめられませんね…

今回購入したチタンペグ

今回買ったのは、Boundless Voyageというブランドのチタンペグです。

長さは16.5cm、1本16g程度の超軽量ペグ。

中華製なのですが、質感は十分に高いですね。

有名メーカーでは一本1000円以上するので、300円以下で購入出来るのは嬉しいです。

長さと重さ

今回購入したペグの長さは16.5cm、重さは16gです。10本持っても160gしかありません。長さからすると、ソロテント(一人用)、小さめのタープなら十分でしょう。その代わり、大き目のテントやタープには向かないです。

気をつけたいこと

ソリッドステークなどと違い、マチ針のような形状になります。

つまり、形状的にロープの引っ掛かりがよくないですが、ロープをかける角度を注意すれば大丈夫でした。

ペグとロープが垂直になるようにすると抜けにくい。

ロープ短い場合は抜けやすいので注意です。

ソリッドステーク20との比較

有名なソリッドステークと比較してみましょう。

Boundless Voyageのペグは17gです。スペックよりも1g多いですが、ガイライン(1g)の分重くなっているようです。

こちらはソリステ20です。77g です。

その差は60gなので10本で600g。20本だと1.2kgにもなりますね。

最後に

かなり使い込んでみましたが、とても丈夫で素晴らしいペグだと思いました。

水洗いして放置できるというのも最高です。

軽くて、強くて、錆びないチタン製のペグ。一度試してみては?














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA