【ナスのプランター栽培】ナスの水やり・芽かき・仕立て方・支柱の長さ・追肥など




こんにちわ。自家製の麻婆茄子に憧れているソロニワです。

ナスのプランター栽培をしてみたらすごく楽しかったので、シェアさせてください。

今回は千両2号という夏秋ナスの苗を買ってきて、プランターに植え付けしてみました。土の配合から苗の植え付け、ナスの基本的な育て方までまとめています。

ナスは日本の気候にあっているから育てやすい野菜です。よろしければ参考にしてみてください。

ナスのスペック🍆

ナスはインド東部が発祥の多年草。高温多湿で強い光のある環境を好みます。日本では奈良時代(710-784)には作られていたみたいです。

和名ナス
英名Aubergine(英国)Eggplant(主に北米)
分類ナス科ナス属
原産地インド東部
栽培時期5月〜10月
発芽適温20~30℃
生育適温昼23~28℃  夜16~20℃
日当たり好む
湿度湿度 90~95%
土壌酸度pH6~6.8(6以下が酸性)
連作障害あり 3-5年はナス科の栽培できない(じゃがいも・トマト・ピーマンなど)

ナスの育て方(実践)

はい。早速苗を植えつけします。今日は2024年7月7日です。あっ七夕だった!

ほんとは5月くらいに植えつけをするみたいですが、「まだ苗売ってるし、秋まで収穫できる品種だからいけるでしょ!」という理屈で買ってきました。

ナスは土をあまり選ばない植物ですが、プランター栽培ならホームセンターで培養土を買ってくるのがおすすめです。で、ナスは肥料食いで有名なので、今回は培養土に少し資材を追加していきますよ。

粒状の赤玉土と、根腐れ防止の軽石パーライトです。

赤玉土については保肥性(肥料をつかまえておく力)が高い。黒曜石のパーライトは水捌けがよくなる。そして多孔質で空気を含むし、隙間ができるから根っこが呼吸しやすくなる。

ナスは肥料食いで水やりがたくさん必要だから、保肥性がよくて水はけが良いのはいいと思うんですよね。

プランターは直径33cm、高さ27cmのこちら。ナス結構大きくなるので、プランターは最低でも直径30cm、高さ30cmくらいのものが必要です。もっと大きくても良いくらい。

わたしが今回使用したのは愛用しているアップルウェアーの33型の鉢です。30cmより少し大きい33cmの大きさが絶妙に使い勝手がよかったものです。野菜育てる方におすすめ!

培養土に1割くらい赤玉土とパーライトを混ぜ込んでいきます。少し化成肥料も追加しておきました。赤玉土は粒状で土の間に隙間を作ってくれるので、通気性もよくなります。

わたくし、ナスの苗に水をあげすぎて枯れたことがあるので根腐れ対策です。

鉢底には石のかわりに赤玉土(大粒)をいれます。ケチって4cmくらい。

培養土を7割くらい入れます。上に苗を置いたときに高さがちょうどよくなるように。

苗を黒いプラ鉢から取り出しました。根は白いので健康そうですね。根腐れすると茶色になります。

プランターにウォータースペース(水をためる部分)が数センチ残るようにして、縁から少し下に苗の根本がくる高さに置きます。

培養土をさらに追加しました。

苗に支柱を立てて、誘引ひもで縛って水をたっぷり与えたら、ナスの植え付け完成です。

支柱は最初一本で大丈夫、今回は枝の数を3本にする「3本仕立て」で育てるので最終的には3本に増やしますよ。

支柱はなんでもよいですが、こういった3本の支柱とサポートパーツ(支柱と支柱をつなぐ)があるものだと頑丈で便利です。わたしも使っていますが使いやすかったですよ。

黒曜さんと千両2号くん

じゃん、今回植え付けたのは千両2号という品種(右)です。秋まで収穫できる代表的な品種みたい。

で、千両2号くんには「黒陽さん」という先輩がいます。パイセンは黒光りした陽キャの経験者。陽キャだから行動が早く抜群に実がなるみたい。

  • 千両2号 → 夏秋どり用を中心に、品質と栽培性に定評のある長卵形品種 長期栽培に適している
  • 黒陽 → 極早生で抜群の豊産性をもつ太長なすの代表的な品種 艶があって皮が千両2号より柔らかい

黒陽先輩の黒くてたくましい身体。

「黒陽さん」はすでに実を成らせたことがある経験者。

はたして千両2号くんは先輩を超えられるでしょうか?また変化があったら、黒陽さんと千両2号くんの様子を更新していきたいと思います。

ちなみに、黒陽さんの1本目は撮影後にハンバーグの添え物になりましたw

めちゃくちゃ美味しかったです。黒陽は皮が薄くて柔らかくて美味しいって思いました。

黒陽さんと千両2号くんの成長の様子

その後の成長の様子も更新していきたいと思います。

2024年7月11日 植え付けから4日目。黒陽さんは成長が著しく、1本収穫したのに4日でもう5個くらい子が形になってきています。さすが経験者は違うようです。

ナスって実をつけると「あっ俺はできるやつなんだ」ってなるみたいですよ。とくに黒陽さんはバシバシ子を作れる品種なので期待大です。


2024年7月20日 千両2号くんの植え付けから13日目。

黒陽さんは4本実をつけて花も咲いています。千両2号くんもすでに1番果に実がなりました。ナスは3番果くらいまでは早めに収穫して株の成長を促したほうがその後の実なりがよいみたいです。

なので黒陽さんは2本目、千両2号くんは1本目収穫!

ナスの育て方(理論)

今回はナスの植え付けについて解説しましたが、基本的なナスの育て方についてもまとめましたので参考にしてみてください。

ナスは土をそれほど選ばない

ナスはあまり土を選ばない野菜ですが、プランター栽培は水はけ・通気性が悪くなりやすいので、培養土を使用するのが無難です。適正な土壌賛度はpH6~6.8(6以下が酸性)です。

保肥性(肥料を保持する性能)の高い赤玉土などを土に混ぜてあげると肥料持ちがよくて、より良いと思います。(プロの農家さんも赤玉土を少し混ぜていました)

ナスの仕立て方は3本がおすすめ

ナスを「何本の枝で育てていくか?」を決めます。実の大きさと収穫量のバランスを考えると3本仕立てがおすすめです。

コンパクトに育てたいかたは2本仕立て。4本仕立ても可能ですが、実の大きさが小さくなるし管理が大変そうなので候補から外しました。5本、6本にして育てる人もいるみたいです。

ナスの支柱の長さ

ナスの支柱の長さは120cm〜150cmです。わたしは120cmで育てていますが足りなくなったら150cmに交換する予定です。太さはプランター栽培なら11mmで十分だと思います。

ナスは水やりが重要

ナスは水やりがとても大切。水切れしてしまうとなかなか復活しないようです。

インド東部が原産ということもあり、湿気のある環境でも問題なく育ちます。田んぼの跡地で栽培する方がいるくらい水分の多い環境に強い野菜。

プランターの場合、毎日朝の涼しい時間に水やりをしますが、真夏ですぐ土が乾燥してしまう場合は、朝・夕2回にします。ナスは特に水切れに注意が必要な植物です。

ナスは肥料食い

ナスはとても肥料食いです。なので肥料はしっかりと与えます。2〜3週間に一回、50g(成人男性一握りくらい)の化成肥料を与えて育てます。肥料不足のサインはこちら。

肥料過多のサイン花と成長点の距離が長い(20cm以上)
めしべがおしべより長い
肥料不足のサイン花と成長点の距離が短い(15cm以下)
めしべが短い

ナスのわき芽かき

3本仕立ての場合、第1果房(1番最初の実)の真下と、もう一つ下のわき芽を伸ばします。そこから下のわき芽は全てかいていきます。

わき芽は枝と葉っぱの間45度のところに出てきます。余分なわき芽をかくことで、3本の枝と実に光合成の養分がしっかり運ばれます。

1本仕立て主枝一本のみ。わき芽全部かく
2本仕立て主枝と、第1果房の真下のわき芽を育てる
3本仕立て主枝と、第1果房の真下のわき芽+さらに下のわき芽を育てる

まとめ

ナスは高温多湿の日本の気候にとても適した野菜です。おまけに調理の幅がとても広い。

油で揚げたナス・麻婆茄子・ナスの煮浸し。考えただけでお腹がすいてしまいます。

みなさんもナスを育ててみませんか?ソロニワでした。