焚火台を買うなら絶対にスノーピーク|おすすめな理由とサイズの選び方

snowpeak-takibidai

「焚火台」といえばスノーピークです。

「焚火台」は植物や微生物にダメージを与えることなく、「焚き火を楽しむ」ために開発されました。

その元祖ともいえるスノーピークの焚火台は、多くのキャンパーに愛されています。もちろん私もそのうちの一人。

本記事では、スノーピークの焚火台の、大きさや重さ・活用シーン・豊富なオプションについてまとめています。とくに「開発ストーリー」は必見ですよ。

圧倒的に美しい道具

「スノーピークの焚火台」は多くのキャンパーにとって、「憧れの道具」でしょう。まるで工芸品のような佇まいは、キャンプに極上の時間をもたらします。

なぜなら、スノーピークの焚火台が自然に佇む姿の「美しさ」は圧倒的だから。

「焚火台」の上で揺らめく炎を眺めながら過ごす時間は、まるで映画のワンシーンのようです。

スノーピークの焚火台の魅力

  •  絶対的な形
  •  類をみない安全性
  •  錆びない
  •  ワンタッチ
  •  充実のオプション
  •  本社製

「絶対的」な形

「焚火台」は4枚のステンレス板をもとに作られています。その姿は「逆ピラミッド」ともいえる絶対的な形。このデザインを超えるものはもう生み出せれないかもしれません。なぜ 「ルーブル美術館」に「逆ピラミッド」があるのか知っていますか?

__「絶対的に美しい」からです。

圧倒的な耐久性

スノーピークの焚き火台は、徹底したフィールドテストの結果、厚さ1.5mmという極厚のステンレス板でつくられています。なぜなら、その厚さであれば「熱による変形がないこと」を確認したからです。

焚火台のスペックは厳しいフィールドテストから生まれました。だからこそ、いつまでもその美しいフォルムで焚き火を楽しむことができます。

類をみない安全性

スノーピークの焚火台は重いです。

ですが、「重い」ということは「安定感がある」ということでもあります。すこしくらい薪がはみ出したところでぐらつくことはなく、ダッジオーブンを乗せた状態でも安定しています。実際、強風で「倒れる」というような心配をしたことは一度もありません。

壊れない

スノーピークの焚火台は、ステンレス製です。そのため通常の使用では錆びることはありません。つまり、ずっと使えます。

決して安価ではありませんが、他の焚き火台の耐久性を考えたら、十分元がとれる価格設定だと思います。私は何百回と使用していますが、いつ壊れるのか想像すらできません。

スノーピークのスタッフさんとも話しましたが、「焚火台の溶接が外れた」とか「壊れた」という話を聞いたことがないそうです。

ワンタッチ

キャンパーのストレスを低減してくれるのが、よく考えられた「機能的な構造」です。4枚の三角パネルを組み合わせて作られており、「設営は開くだけ」「撤収は折りたたむだけ」。つまりワンタッチで設営と撤収が可能ということ。

折りたたむと薄い板状になるので持ち運びやすく、省スペースで積載が可能です。

オプションの魅力

スノーピークの焚火台は、オプションによりさらに魅力的な道具になります。

大地を守る”ベースプレート” 、火力を調節できる”グリルブリッジ” ” 焼き網” ”炭床” ”帆布ケース” などいろいろなオプションが用意されています。

下の画像は極厚の6号帆布で作られた専用ケースです。とても丈夫に作られていて、その質感は感動もの。個人的には一番最初に入手したいオプションです。

本社製

「焚火台」は、なんとスノーピークの本社「HEAD QUARTERS」で「スノーピークのスタッフ」により、作られているんです。気温や湿度などによっても変わる部材の性質を毎日計算し、プログラムを変更しながら作られるんだそうです。その項目はなんと200にも及ぶとか・・

製品に掘られた「HEAD QUARTERS」の刻印は、絶対的な品質の証なんです。

焚火台の魅力 まとめ

・絶対的な形

・類をみない安全性

・錆びない

・ワンタッチ

・充実のオプション

・本社製

開発ストーリー

____時は90年代の始めです。

当時の焚火といえば直火が主流でした。

みんなが石を組み、焚き火を楽しんでいたのです。キャンプ場では、もちろん直火が許可されていました。

きっと多くのキャンパーが、雰囲気のある「直火の焚き火」を囲み、家族や友人と語らいながら「最高の夜」を明かしたのでしょう__

しかし・・・朝、焚火の跡にあったのは 無残に焼けた芝、真っ黒に色づいた大地でした。

「・・自然を守りながら焚火を楽しみたい」

スノーピークの人達はキャンプ場を訪れるたびに、こう思ったそうです。

そんな自然を愛する「キャンパー」としての目線から、焚火台の開発はスタートしたのです。

 

・・・

 

そして焚火台がほぼ完成に近づいた時。

焚火台は内側だけでなく、外側まで炎で囲まれ、徹底的に過酷な条件で燃やされたそうです・・

1時間後・・火から取り出された「焚火台」は大きく歪んでしまいました・・なぜなら、現在の焚火台より「薄い」ステンレス材だったからです・・

そして、迷うことなく部材の「厚さ」が決定されました __

その厚さはなんと「1.5mm」 当時そんな厚みで焚火台をつくるメーカーはなかったでしょう。

 

でもスノーピークは作りました。

 

なぜなら、 永く使い続けられることが「絶対的な価値」だと信じていたからです。

だからスノーピークの「焚火台」はズッシリと「重い」んです。 そこにはスノーピークの「想い」が込められているのです。

 

スノーピークの「ユーザー目線でのモノづくり」の全てがこの話にあると思いませんか?

 

3種類の大きさとおすすめの活用シーン

スノーピークの焚火台は、S・M・L と3種類の大きさが用意されています。順に活用シーンとオプションなどを紹介します。

■目次
焚火台S 27cm×27cm
焚火台M 35cm×35cm
焚火台L 45cm×45cm

各サイズのスペック一覧

サイズ展開サイズ重さ詳細
S27×27×21cm1.8kg焚火台S
M35×35×24.8cm3.5kg焚火台M
L43×43×33cm5.3kg焚火台L

オプションの説明

  • 収納ケース・・帆布製の頑丈なケース
  • 炭床・・効率よく空気を取り込むプレート
  • ベースプレート・・芝や微生物を焚火の熱から守るプレート
  • ベースプレートスタンド・・芝を保護するためのスタンド
  • グリルネット・・とても堅牢な焼き網

焚火台S

ソロキャンプやバイクツーリングにも気軽に使える

とても使い勝手のよいサイズの焚火台です。焼き面のサイズは27cm四方で、3人くらいまでなら炭を使用して、「バーベキュー」にも使えるようなサイズ感です。

ソロ(1人)キャンプがメインの方はこのSサイズで決まり。私もずっと愛用していて、バイクツーリングにも持っていきます。重さもそれほどないので苦になりません。

  • サイズ(約):27×27×21cm
  • 収納サイズ(約):35×41×2.5cm
  • 重量:1.8kg

焚火台S のオプション

オプション名価格詳細
本体9,288円焚火台S
炭床2,592円炭床S
グリルネット3,456円グリルネットS
収納ケース4,104円コンプリート収納ケースS
ベースプレート1,944円ベースプレートS
ベースプレートスタンド3,024円ベースプレートスタンドS
5点フルセット21,384円5点フルセットS

揃えるなら 焚火台S フルセット

実際に使っているからこそ断言できますが、「オプションはあった方が良い」です。購入するのであれば、5点フルセットSで揃えてしまうのがおすすめ。専用ケースとベースプレート・炭床・グリルネットがセットになったもので、焚火台の魅力を存分に引き出すことができます。

「スノーピークの焚火台」は一生モノの道具です。買い換える必要すらないので、贅沢をしても良いでしょう。

焚火台M

使い勝手が良いサイズ

焼き面の大きさは35cm×35cmです。2〜3人程度で使用するのであればこちらのMサイズがおすすめ。我が家は3人家族なのですが、ほどよい大きさと重さが気に入っていて、家族で炭火のバーベキューをする時にも非常に重宝しています。

  • サイズ(約):35×35×24.8cm
  • 収納サイズ(約):45×51.5×3.2cm
  • 重量:3.5kg

焚火台M のオプション

オプション名価格詳細
本体13,608円焚火台M
炭床3,780円炭床M
焼き網5,076円焼アミM
グリルブリッジ5,184円グリルブリッジM
収納ケース5,184円コンプリート収納ケースM
ベースプレート2,484円ベースプレートM
ベースプレートスタンド3,564円ベースプレートスタンドM
6点フルセット31,644円6点フルセットM

焚火台Lサイズ

大きな薪もそのまま放り込める

スノーピークの焚火台では最大のものです。

43cm四方の大きさなので、薪を放り込むことができます。3人〜4人以上で使用することがあればこちらのサイズがベストだと思います。この大きさになってくると暖かさもかなり変わってくるので、オートキャンプが主体で冬キャンプをされる方は迷わずこのLサイズを選んでもよいかもしれません。

重さはなんと5.3kgで、その存在感は他を圧倒します。ファミリーで、グループで、焚き火が盛り上がること間違いなしですよ。

  • サイズ(約):43×43×33cm
  • 収納サイズ(約):56×64×4.5cm
  • 重量:5.3kg
オプション名価格詳細
本体16,848円焚火台L
炭床5,184円炭床L
焼き網6,048円焼アミL
グリルブリッジ5,832円グリルブリッジL
収納ケース6,264円コンプリート収納ケースL
ベースプレート3,024円ベースプレートL
ベースプレートスタンド3,564円ベースプレートスタンドL
6点フルセット38,664円6点フルセットL
7点ハーフ網セット40,284円7点ハーフ網セット

サイズの選び方 まとめ

Sサイズ

ソロキャンプ向け。軽量でコンパクトですが、焼き面サイズは十分にあります。持ったときに全く苦にならない重さが魅力的。

Mサイズ

デュオキャンプ(2人)くらいまでならMサイズがおすすめ。大きさと重さのバランスがよいサイズなので、一台しか揃えられない方にもおすすめします。

Lサイズ

大きな火が起こせるので暖かさが圧倒的。市販されている40cm程度の薪もそのまま放りこむことができます。冬にもキャンプをされ方、大勢で本格的な焚き火を楽しみたいならLサイズが絶対におすすめです。

まとめ

ロー・インパクトという言葉をしっていますか?

人間が野外で遊ぶ時は、「自然への影響を最小限にしよう」という考え方です。

そういった考え方から始まったスノーピークの焚火台が、多くのキャンパーから指示されているのはとても自然なことであり、嬉しいことです。そしてそれは時代を超えて大切なことだと思っています。

スノーピークの焚火台は安くはありませんが、その品質は他とは比べものになりません。

ヘビーユーザーの私が自信をもってオススメいたします。

焚火台を買うなら絶対に「スノーピーク製」ですよ。

スノーピークの「ナギ」で渓流ランチをしてきた。

スノーピークのタクードストーブを買ってみた。レビュー -Takudo Stove

GigaPower Stove Chi-8

スノーピーク ギガパワーストーブ “地” のレビュー|GigaPower Stove Chi – Review









indeed



snowpeak-takibidai

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA