「多動日記」著:高城剛を読んで考えること

Pocket

「多動日記」を読んで考えさせられました。

著者はあのハイパーノマド、高城剛(タカシロ ツヨシ)さんです。

画像:nstrumental

高城さんは、99%のものを捨て、10Lのバックパックに「未来を生きるモノ」を詰めこみ、最新テクノロジーとLCC(ローコストキャリア)を活用して世界中を旅されています。

移動距離の合計は地球100周分を超えるんだとか。

すべての人がこのような生き方ができるわけではないですが、高城さんのライフスタイルは、「人間の可能性」を感じさせてくれます。

そして、「なぜそんなに旅行に行くのか?」に対する高城さんの答えはこうです。

「なぜそんなに同じ場所にいるのか」

まったく恐れ入ります。インプットしたことをまとめるとこんな感じ。

  • いまでは旅をすることも、コンピューターを扱うことも特別な人たちだけのものではない。
  • インターネットが広まり、土地にしばられる必要がなくなった今では、同じ場所にいることの方が不思議なこと。
  • 社会の「当たり前」ほど不確かなものはなく、自分で動き、経験することでしかわからないことはたくさんある。
  • 情報化社会で大事なのは、真実を目で見て肌で感じること。

これからも高城さんの動きには目が離せないですね。

Books

きっと人生に役立つ!「おすすめの本」を紹介します。

Pocket









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA