SONY(ソニー)のデジタルカメラ 「DSC-RX100」のレビュー

ソニーのデジタルカメラ「DSC-RX100」のレビューです。

今回カメラにもとめたことはこんな感じです。ギアの接写や、夜の撮影が多いので「明るいレンズ」は必須。重くて大きいものは絶対使わなくなるのでコンデジ一択。

  • 明るいレンズのもの
  • 軽いもの
  • そんなに高くないもの

じゃあ、コンデジの中で評価がよくてお値段控えめのものは?ということで名機と名高い「DSC-RX100」になりました。

DSC-RX100 の特徴

F1.8で綺麗にぼかせる。

F値が低いレンズは明るく、ぼけた写真が撮れます。一般的にF2.8以下が明るいレンズといわれますが、「DSC-RX100」のF値は1.8です。つまり、暗いところでも明るく、綺麗にぼけた写真を撮ることができるのです。

暗所に強い

前述したF1.8の特徴は「明るい」ということ。つまり、暗いところでも綺麗な写真を撮影できるんです。夜になるとシャッターチャンスが増えるキャンプにはぴったりなんですよね。

1.0型センサー

コンデジとしては大きめの1.0型センサーを搭載しているので高画質です。iPhoneXのセンサーが1/3型ですから、なんとなく高画質なのが分かりませんか?

DSC-RX100 の紹介

「DSC-RX100」買いました。

付属品はこれで全部。バッテリーに充電器、ストラップと説明書ですね。

正面からみるとめっちゃかわいい。レンズの「ZEISS」ロゴが最高ですね。たまりません。

上からみてもめっちゃかわいい。

ディスプレイもかわいい(笑)このカメラ好きだなぁ。ファンクションキーが使いやすいと評判です。

付属しているバッテリーを装着。

SDカードを入れます。(※ 別途、購入する必要があります)

今回は Transcendの32GB にしました。1000円くらいで買えますよー。(安っ!)

一番最初にやるのはSDカードの初期化です。MENU→設定→フォーマットでOK。

最初はちょっとしか充電されてないんで、マイクロUSBでチャージします。バッテリー単体の充電ではなく、本体から給電できるのは嬉しいですね。

ダイヤルを緑のマークに設定するとオート撮影です。ヘタな人間がやるよりコンピューターにまかせた方がいいと思う。

早速パシャリ。流石にいい感じにぼけますねー。

うぉぉ。ぼけるー!

夜空も明るく撮れます。

最高の相棒ができた気がします。

デザイン的にもすごく好みなんですよね。久々にSONYを使えるのも嬉しいな。

まとめ

ソニーの「DSC-RX100」のレビューでした。

「DSC-RX100」は明るいレンズと高性能センサーを搭載したコンパクトカメラです。

機能は上をみればキリがありませんが、必要十分な性能を持っていてかつ、気軽に持ち出せるサイズのデジカメって素敵だなって思います。

綺麗にぼかした写真がとりたい人。夜も明るく撮りたい人。アクティブに動きたい人にもおすすめですよ。

MacBook 12インチのレビュー

AirPods(エアーポッズ)は本当に魔法のイヤホンだった|レビュー

Google Home(グーグルホーム)のレビュー














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA