新型「AirPods2」のレビュー(設定方法・旧型との見分け方・変更点など)

新型のAirPods(第2世代)のレビューです。

設定方法や旧型との見分け方、変更点などもまとめているので、よろしければ参考にしてください。結論から言ってしまうと「凄くいい」です。

Siriの操作感最高!

新型AirPodsとは?

2019年3月20日発売された2世代目のワイヤレスイヤホンです。大きさや重さはほぼ変わりないですが、高速になり、Siriの音声操作が可能になっています。

新型AirPods レビュー

「AirPods2」結局買いました。理由は「Siriの音声操作」です。(第1世代はダブルタップしないといけない)

付属品はこちら。AirPods、ケース、説明書のみ。

ケースはこちら、まったく違いがわからないですが、それもそのはず、ケースは第1世代と同じみたいです。(モデルNoはA1602)

デザインも重さも同じだから全く違いがわかりません・・

重さはわずか4g。他のワイヤレスイヤホン(7gくらいが多い)と比較すると、圧倒的に軽いですね。

「AirPodsって本当に4gなの?」と思っている人のために計りました。バッチリ4gですね。

下についているのはマイクです。

新型AirPods 設定方法

設定はめちゃくちゃ簡単です。5秒で終わりました。

まずはスマホの近くでAirPodsのケースを開けます。

勝手にスマホに表示されるので、接続をクリックしましょう。

AirPodsとスマホが接続されるとバッテリー表示が出ます。ここで「完了」をタップして終了です。耳につければもう再生できますよ。

まさに魔法ですよね。

新型と旧型の見分け方

AirPodsの新型と旧型は見分けがつかないので、モデル番号で判別しましょう。

AirPods (第 2 世代)

モデル番号:A2032・A2031 (2019年発売)

AirPods (第 1 世代)

モデル番号:A1523・A1722 (2017年発売)

モデル番号の確認方法

モデル番号はスマホから確認することが可能です。iPhoneの場合、設定→AirPodsと選択すると、こんな画面がでてきます。

ここでモデル番号が「A2031」か「A2032」になっていればそのAirPodsは新型になります。

ラインナップと価格

新型AirPodsのラインナップがこちら。

従来どおりライトニングケーブルで充電するモデルと、ワイヤレス対応しているモデルの2種類。とケースのみの販売もあります。

今回購入したのは2の「AirPods with Charging Case」です。5000円足せばワイヤレスモデルが買えますが、充電器パッドも必要になるので「必要なし」と判断しました。

ただ、毎日通勤で使うような方はワイヤレスがいいかもしれませんね。

  1. 「AirPods with Wireless Charging Case」22,800円
  2. 「AirPods with Charging Case」17,800円
  3. 「Wireless Charging Case for AirPods」8,800円

新型AirPods スペック

大きさや重さは旧型と全く同じですが、ワイヤレスモデルのケースのみ、38g → 40g と2g増加しています。

  • 【接続方式】Bluetooth
  • 【重量/本体】4g×2(AirPods)
  • 【重量/ケース】38 g(Wireless Case 40g)
  • 【サイズ/AirPods】16.5 × 18.0 × 40.5 mm
  • 【サイズ/Case】 44.3 × 21.3 × 53.5 mm

新型AirPods 主な変更点

旧型からの主な変更点は以下にまとめています。

動作面では、旧型ではダブルタップで呼び出していたSiriを、新型AirPodsでは「ヘイ、Siri」で呼び出せるようになっています。旧モデルではダブルタップが必要だったので、大きな進化ですね。

性能面では、新開発のH1チップの採用によりデバイスの切り替えが2倍、通話接続が1.5倍速くなっています。ゲームレイテンシも30%低減されています。

  • 新型 H1チップを搭載
  • 「Hey!Siri」の音声操作が可能
  • ワイヤレス充電モデル登場
  • デバイス切り替えが最大2倍速くなった
  • 通話接続が1.5倍速くなった
  • ゲーム レイテンシが最大30%低減

※レイテンシってなに? ー 通信遅延時間のことです。

新型AirPods 再生時間

新・旧AirPodsの再生・通話時間がこちら。比較すると再生時間には変更はありませんが、通話時間が伸びています。

新型

  • 充電ケース使用:24時間以上の再生・最大18時間の通話
  • 1回の充電:最大5時間の再生・最大3時間の通話
  • 充電ケースで15分充電:最大3時間の再生・最大2時間の通話

旧型

  • 充電ケース使用:24時間以上の再生・最大11時間の通話
  • 1回の充電:最大5時間の再生・最大2時間の通話
  • 充電ケースで15分充電:最大3時間の再生・最大1時間の通話

まとめ

新型AirPods のレビューと紹介でした。しばらく使ってみて感じるのでは、「Siriの音声操作」がとても便利だということ。時刻や天気、音量調節などちょっとしたところで「買ってよかったなぁ」と感じます。

ちなみに、ラジオを聞きたいときはこんな風に指示します。

  • 「ヘイSiri、radikoを起動」
  • 「ヘイSiri radikoを再生」

一度使ったらやめられなくなると思いますよ。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA