【ソロキャンプ の収納】ロスコのツールバッグがおすすめです。

Pocket

こんにちわ、@ソロニワです。

今日はソロキャンプに最適な収納バックの紹介です。

キャンプ道具って金属製で尖っているものが多いので収納には悩みますよね。じゃあどんな収納が便利なのかというと、小型のバッグです。小物だけでもまとめておくとすごく便利なんですよね。

しばらく愛用していますが、「あーこれ好きだなー」が持続しているのでいいものなんだと思います。

ロスコのツールバッグがおすすめ

こちらが、愛用しているロスコのツールバッグです。

小型ですが、極厚のコットン製なのでかなりタフに使うことができます。小物入れとして使用したり、タフさを活かして薪を入れて持ち歩いたりしています。

このくらいのギアであれば余裕で収納できますよ。

全部収納した感じがこちらです。

両サイドには小さなポケットがついているので、調味料やライターなどを収納することができます。

内側にはペンホルダー的なものが両サイドに8個ついてるので、こんな使い方も可能です。あんまり使わないですが(笑)

キャンプ用品は尖っている

キャンプ道具って尖っているものが多いんですよね。だから収納はタフなバッグだと余計な気をつかわなくていいです。頑丈なケースを使うという手もあるんですが、個人的にはソフトなバッグのほうが結局使い勝手がいいと感じます。

ちなみに、これは愛用している「チタンの箸」なんですが、一度「並のバッグ」を貫通したことがあります(笑)

チタンの箸は完全に「エージェント」向けですね。

こんなフタも結構攻撃力高いです。

これもエージェント向け!

ソロキャンプの収納方法

ついでなのでソロキャンプの収納方法も紹介しておきます。

メッシュケースは便利

細かいものを収納するときはメッシュケースがすごく便利です。視認性がよく、一目でどこに何があるのか分かるのがいいですね。カトラリーや調味料、ゴミ袋などはひとつにまとめることが多いです。

こんなものをひとつにまとめています。いつもはこれにドリップコーヒーやお茶をいくつかプラスして持っていきます。

クッカーに小物を収納

クッカーに入れるのはこんな感じです。マグ・バーナー・ナイフ・バンダナ・ターナーなど。あとはコンパクトな火吹き棒やライターも一緒に入れてもいいですね。

いろいろ突っ込んで最後に緩衝材としてバンダナを入れる感じですね。

まとめ

クッカー、バーナー、カトラリー、調味料など、細々としたギアなどがひとつにまとまっていると凄く便利なんですよね。今回紹介したロスコのバッグは、ギアが綺麗に収納できて視認性もとてもよいのでおすすめですよ。

Pocket









indeed