DDタープ3×3|「フルクローズ張り」のやり方

DDタープ3×3の「フルクローズ張り」のやり方を紹介します。

フルクローズ張りは、150cmのポールが2本(1本でも可)あればすぐ設営可能です。ペグダウンも4箇所だけなのでとても簡単。

ぜひ試してみてください。

DDタープとは?

DDタープ はイギリスのDD Hammocks社(日本ではDD HAMMOCKS JAPAN)が販売しているタープ。

正方形(長方形もあり)で、ループ数が多いので、いろいろな張り方が楽しめるタープ です。ヒロシさんもずっと愛用されていますね。

フルクローズ張り|用意するもの

用意するものはこちら。

ガイラインは付属のものを使用するので、タープ と、150cmのポールが2本あればOKです。あと、ペグは4本必要です。(タープにも付属あり)

  • DDタープ 3×3
  • ポール150cm×2本
ポールは150cm×2

フルクローズ張り|設営手順

フルクローズ張りの設営手順はこちらです。

手順① DDタープを広げる

まずは、タープ をひし形になるように広げます。

手順② 3箇所ペグダウンする

後方の3箇所をペグダウンします。(後方の頂点から1つ目のループを2箇所・右側の頂点から1つ目のループを1箇所)

手順③ ポール(150cm)を立てる

手前側の一辺(後方のペグダウンからみて反対側になる)の中心のループに、ポール(150cm)を立てます。

ちなみにポールを立ち上げると、こんな感じになります。フルクローズするイメージが湧きますよね。

DDタープ3×3は一片が3mの正方形です。1辺の真ん中に150cmのポールを立てれば、ちょうど半分になるのでぴったりクローズできる感じですね。

手順④ 手前の片側をペグダウンする

ポールを立ち上げたら、片側をペグダウンします。(どっちでもOKです。)

手順⑤ もう一方の頂点にポールを立てる

手前側のもう一方の頂点にポール(150cm)を立てます。

これでフルクローズ張りの完成です!

手順⑥ フルクローズするにはポールを1つ外す

フルクローズするには頂点側のポールを外します。

フルクローズ出来ました。

室内を広くするには?

ちなみに後方についているループにガイラインをつけて、木に結びつけたりすると、室内はより快適になります。

室内はどのくらいの大きさになるのか?

DDタープ 3×3でフルクローズ張りをしたときに、「室内はどのくらいの大きさになるのか?」というのが気になりますよね。

実際に測ってみました。

後方は280cmくらいで、その他の辺が225cmの三角形が実質有効スペースだと思います。後方にもう少しスペースはあるのですが、高さがないので割愛します。

マットを敷いて、大人が横になれるくらいのスペースはありますよ。閉めるのは寝る時くらいですからOKですね。

まとめ

以上、DDタープ3×3の「フルクローズ張り」の紹介でした。

DDタープは本当にいろいろ楽しめるタープ ですね。ダイヤモンド張りもかっこいいですが、こちらはプライベート感が増していい感じです。

暖かいので、寒いときには結構いいかも。

あと、デイキャンプでタープしか持ってないけど寒いとき、「サクッ」と作ったらかっこいいかもです(笑)

みなさまの参考になればうれしいです。

ちなみに今回使用しているのは、50cm刻みのスチールポールです。3本繋ぎでちょうど150cmになります。

耐久性はたいして期待できませんが、16mmと細身なのでスタイリッシュにまとまるから良い感じです。

バイクに乗る方は、仕舞寸法が短い(37cm)こちらがおすすめ。30cmの5本つなぎで150cmが作れます。材質は「超々ジュラルミン」です。

「DDタープ3×3」のレビュー|「ダイヤモンド張り」をしてみた。