ヒルバーグ タープ10 XP(HILLEBERG Tarp10 XP)のレビュー




こんにちわ、@ソロニワです。

ヒルバーグのタープ10 XP(サンド)を買いました。ケルロンSPという特殊生地で作られたタープです。

ヒルバーグ製品のなにがいいって、カッコいい。質がいい。劣化しない。使用にストレスがない。そんなところでしょうか。

「そこまでやるの?」というくらい考え抜かれているギアだと思います。

このタープも凄くいいですよ。

ヒルバーグ(HILLEBERG)とは?

ヒルバーグ(HILLEBERG)は、ボー・ヒルバーグにより、1973年に設立された、北欧のテントメーカーです。

独自開発したケルロン(Kerlon)という「超高強度」の生地をベースに、フライ・インナー・グランドシートが一体となった素晴らしいテントを、40年以上もの間、作り続けています。

タープ10XPのスペック

スペックはこちら。素材には、引き裂き強度が格段に高い「ケルロンSP(スペシャル)」を使用しています。

  • 使用サイズ:290cm×350cm
  • 収納サイズ:23cm×26.5cm
  • 重量:950g
  • 素材:ケルロンSP

ヒルバーグ タープ10 XPの特徴

タープ10XPの特徴についてまとめてみました。

驚異の耐久性

タープ10XP(エクスペディション)には、ケルロンSP(スペシャル)という特殊生地が使用されています。

リップストップナイロンにシリコンを5回コーティングしたもので、驚異の引き裂き強度を誇ります。(20kg)一般的な生地の強度は2~3kgですから、6倍ほどの強度があると言われています。

創設者のボー・ヒルバーグが始めてこの生地と出会った時、自分の力では裂くことが出来なかったというのは有名な話です。

ガイラインの品質高い

続いて、ガイラインの品質です。

スペクトラファイバーと、ナイロンが織り交ぜられ、とても軽量でほとんど水分を吸収せず、耐久性が高いのが特徴です。

すべてのガイラインをこれに変えたくなったのはいうまでもありません。気に入りすぎて、追加購入してしまった・・

経年劣化がない

ケルロンSPは、数十年後にも「経年劣化がほとんどない」ことで有名です。

ヒルバーグ=高いというイメージがありますが、私は相応だと思っています。実物を触ってみるとわかりますが、他のテントやタープにはない「感動」があります。

タープ10XPを選んだ理由

タープ10には、UL(ウルトラライト)とXP(エクスペディション)という2つのモデルがあります。今回購入したのは後者です。

  • UL:重さ750g。軽いが薄い。秋冬むけ。
  • XP:重さ950g。厚みがあり、耐久性と日避けの能力が高い。春夏むけ。

今回は、春夏のソロキャンプで使いたかったので、日除けの効果が高い、XPを選択しました。重さもULと200gしか変わらないんですよね。

タープ10 XPを実際に張ってみる

早速張ってみましょう。

大きさはこのくらいです。ちなみに、私の足が27.5cmです。

拡げていきます。

ちなみに、収納袋とタープは一体化しているのでなくすことはありません。

赤いガイラインはループに組み付けられています。つまり、すぐに設営することが可能です。

末端をもやい結び(Bowline knot)で処理します。結び方は下記を参照ください。

もやい結び(Bowline knot)|ロープワーク

200cmと150cmのポールで張った感じがこちら。(横方向:350cm、縦方向:290cm)

後方の半分に小ぶりのテントを設置して、手前側をリビングとして使うとソロキャンプに最高だと思います。

ヒルバーグのソロ用テント、アクトを置いてみました。

ヒルバーグ アクトのレビュー

横からみた感じ。後方の半分にしっかり収まっています。

手前にリビングも作ってみました。チェアも置けて、土間スタイルも可能です。

めちゃくちゃ快適です。タープ10XP、本当に買ってよかった。

ちなみに収納袋はここについています。裏返して収納するイメージです。

ポールとの接続はこんな感じ。

ガイラインと自在。自在はプラスチック製。

200cm×200cmで張ってみました。このように、ヘキサっぽく張ることもできます。

ケルロン(ヒルバーグの特殊素材)ってシワがしっかり伸びるから、貼り姿が美しいんですよね。

収納は適当に畳んで、収納袋に「えいやっ」て入れます。

あっという間に撤収完了です。

野営で使用している様子

ちなみにこれは、「タープ10XP」を野営で使用している様子です。

付属のガイラインは十分な長さがあるので「木々に結びつけて張る」なんてことも可能でした。

できれば揃えたい!純正ポール

ヒルバーグにはタープ用純正ポールも用意されています。

高強度アルミ製で、長さは185cm〜215cmに調節可能。先端がねじ式の特殊な構造になっているので、「ポールの先端」を収納することができます。

「なくてもいいけど欲しくなってしまう」

そんな感じでしょうか。

まとめ

以上、ヒルバーグの「タープ10 XP」の紹介でした。

タープ10 XPは、デザイン・サイズ・耐久性、全てに優れているタープだと思います。サンドベージュの絶妙な色あいもとても気に入っています。

はじめはUL(ウルトラライト)と、XP(エクスペディション)で悩みましたが、耐久性を考えるとXPを購入してよかったかな?と思っています。

おすすめですよ!














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA