ミニマムキャンプが楽しい| ”ROTHCOのツールバッグ ” に薪を収納する




「ロスコ(ROTHCO)のツールバッグ」のレビューです。

今回はロスコのツールバッグに薪を詰め込んで、ミニマムキャンプに行ってきました。メカニックや配管工、軍人に使用される製品なので、少々手洗い扱いをしても全く問題なし。

とても丈夫な帆布製なので、キャンプでの少量の薪の収納や斧やノコギリの収納にすごくおすすめです。

ROTHCO(ロスコ)とは?

Photo:rothco.com

ロスコは1953年にアメリカ東海岸のマンハッタンで設立されました。創業者はミルトン・ソンバーグ氏。ミルスペックモデル(軍規格)のミリタリーウェアーを多く手がけ、アウトドア派の人々のためのキャンプ用品などの商品も扱っています。そのクオリティーの高さから広く親しまれているブランドです。

ロスコのツールバッグのスペック

スペックはこちらです。

メーカーロスコ
製品名メカニックツールバッグ
サイズ27×18×16cm
重量500g
素材ヘビーコットンキャンバス(コットン100%)

小型の薪なら収納できる27cm程度の横幅があり、長方形の形状なので容量に無駄がないです。

ロスコのツールバッグの特徴

最小限の道具と材料で過ごすキャンプも楽しいものです。

コットン製で丈夫

ロスコのツールバッグは厚手のコットン製です。つまり、金属製のギアや薪を入れても安心して使うことができます。火の粉に強いというのもポイント。アウトドアで使うには最適だと思いませんか?

程よい大きさ

アウトドアの小物を入れて気軽に遊びに行くには丁度良いサイズ感です。本格的な薪入れには小さいですが、コーヒーセットを入れたり、クッカーセットを入れたりするのにちょうど良い大きさです。

豊富なカラー

ロスコのツールバックはカラーも豊富。私が使用しているコヨーテやオリーブ、ブラック、迷彩など豊富なカラーがあります。好みに合わせて選ぶことができます。

実際に使用している様子

ロスコのツールバックに薪を詰め込んで、最小限の装備でキャンプに来ました。

焚き火を大きく熾すのも楽しいですが、「小さな焚き火」もそれなりに楽しいです。家の大きさで暮らし方が変わるのと同じで、キャンプも揃える道具でいろいろな楽しみ方ができる。

その時の移動手段や道具に合わせて。キャンプの楽しみ方は無限大ですね。

小さなバッグにぎっりしと “乾燥した薪” を詰め込んでいます。長方形にキッチリと収まる感じがすごく良いですね。無駄がなくて。

とても丈夫にできているので、薪だけでなくナイフやノコギリを入れておいても問題ないですよ

まとめ

以上、ロスコのメカニックツールバッグの紹介でした。

小さなバッグに隙間なく薪を詰め込む作業はあれこれ考えて整えるパッキングのようですごく楽しいです。「いくらなんでも小さいでしょ」という方には、ジャンボサイズがおすすめ。

ロスコのツールバッグはとても汎用性が非常に高く、実用的なバッグだと思います。その丈夫な特徴を活かしてアウトドアでぜひ活用してみてください。

参考になればうれしいです。

こちらが、私が使用しているメカニックツールバッグです。道具をサッと取り出したいときには直線的なファスナー形状のこちらがおすすめ。

こちらは、上部をぐるりと囲む形状のファスナータイプ。次はこちらを使ってみたいな、と思っています。このファスナー形状はものが入れやすくて良さそうですね。

ArcEnCiel の大容量タクティカルバックパックは安いのに質感が良い。

キャンプにおすすめの斧15選!初心者にも扱いやすい斧をまとめてみた。

JKM のトランクカーゴ 50L コヨーテを買ってみた|レビュー

キャンプ×無印良品|炭をオシャレに保管しよう!無印のトタンボックスが最高だった。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。