小型がおすすめ!「ステンレスクーラーボックス 29L」を買ってみた。

ドミノサーフの「ステンレスクーラーボックス 29L」のレビューです。

購入した理由

ステンレス製のクーラーボックスといえば、コールマンの「スチールベルトクーラー」が有名ですが、かなり大きい(約51L)ですよね。

つまり、ファミリーにはいいけど、ソロ〜DUOキャンプではちょっと使いづらい・・ということで、小型で使い勝手のよい「ステンレス製クーラーボックス」を探して、たどり着いたわけです。

ステンレス製クーラーボックスの一覧

キャンパー憧れの「コールマン スチールベルトクーラー」、安価版ともいえるテントファクトリー製など、現在販売されているものを一覧にしてみました。

これを見ると、「ステンレス製」かつ「小型」のものは、テントファクトリーと、今回紹介するドミノサーフのものしかないんですよね。

容量重さ
コールマン51L7.5kg
テントファクトリー(大)51L7.8kg
テントファクトリー(小)29L4.8kg
イグルー51L7.25kg
キャプテンスタッグ51L6.9kg
ドミノサーフ29L4.5kg

「ステンレスクーラーボックス29L」のスペック

今回買ったのはドミノサーフさんがオリジナルで販売されているものです。スペックはこちら。

スチールベルトクーラーの幅が60cm。素材や構造は似たようなものですから、「小ぶりな安価版」と考えてよいと思います。

  • サイズ:47cm×30cm×35(h)cm
  • 容量:29L
  • 重量: 4.5kg
  • 厚さ(蓋部・底部):3cm
  • 厚さ(側壁):2cm

「ステンレスクーラーボックス29L」のレビュー

外観はどんな感じ?

こちらが現品です。鏡面仕上げのステンレスボディ×ブラックという限りなくシンプルなデザインは好感がもてます。

テントファクトリーのメタルクーラーと同等品とみて間違いないと思いますが、違いは蓋の丈夫にロゴの彫り込みがないところ。

そのシンプルさが気に入り、ドミノサーフの方を選びました。(ステッカーなども貼りやすいですし。)

1万円代前半で買えたので、「どうせ傷だらけで届くんでしょ?」と思っていましたが、とても綺麗な状態のものが届きました。

ロックは「ラッチロック式」で、「左右にまわすだけ」というシンプルな構造です。感覚的には「固すぎず、柔らかすぎず」。ストレスがない感じ。

購入時に気になったレビュー

気になったレビュー

購入時に楽天のレビューをみてみると、「プラスチックの部分が緑色でした!」と投稿している方がいましたが、ドミノサーフさんに確認したら「ブラックです。」と即答がありました。現品もブラックにしか見えないので大丈夫だと思います。

裏からみるとこんな感じ。やっぱ金属っていいなぁ。メカメカしくて好き!

この潔さが好き!

持ち手部分はストレートにスッキリと。(スチールベルトはここが湾曲したデザインになっていますね。)

続いて内側です。綺麗な長方形で潔くシンプル。小型のため、ドレン(水抜き穴)はないですが、逆にいえば凹凸がないので清潔を保ちやすいです。

保冷力は?

蓋と底部は3cmのウレタン。側壁には2cmを使用しているようなので、そこそこの保冷力でしょう。厚さが5cmもあるイエティやハードロッククーラーなどの高価なモデルと比べてはいけませんが、「究極の保冷力」は期待できないですね。

容量はどのくらい

容量は29Lですが、横長の長方形なので、2Lのペットボトルは縦には入りません。でもこれが縦型だったら欲しいとは思わない(横長長方形が好き!)ので、難しいところですね。

諦めて寝てもらいました。

350ml缶は、綺麗にならべて隙間に保冷剤を入れるとすると、36本が限度ですね。

まとめ

「ステンレスクーラーボックス 29L」の魅力をまとめると、こちらです。

  • シンプルで美しい
  • 大きさが程よい

ノンブランド品だからこそ、デザインがシンプルでいいんですよね。そして小さく軽い。だからこんな人におすすめです。

  • 「小さめのステンレス製クーラーボックスがほしい」
  • 「余計なロゴはいらない」
  • 「ステッカーチューンしたい」

クーラーボックス選びの参考になればうれしいです。