スノーピーク「オゼンライト(SLV-171)」のレビュー

Pocket

スノーピークの「オゼンライト」のレビューです。

「オゼンライト」はスノーピークから販売されているA4サイズのテーブルです。アルミ製で軽量なのでバックパックやツーリングなどに最適です。組み立ても簡単なのでストレスがありません。

オゼンライトのスペック

最大の特徴は270gという軽さです。もともとスノーピークには「オゼン」というモデルがありましたが、本商品はより軽量に改良をしたリニューアルモデルになります。

対荷重の記載はありませんが、フィールドホッパーが3kgということを考えると、それ以上の剛性があるように感じます。

  • 使用サイズ:297×210×85(h)mm
  • 収納サイズ:297×120×25(h)mm
  • 材質:アルミニウム合金、ステンレス鋼 
  • 重量:270g(本体のみ)

オゼンライトの特徴

軽い

オゼンライトの最大の特徴は「軽さ」です。270gという軽さは圧倒的。このサイズのテーブルを使うであろうシーン(バックパッキング・登山)を考えると、軽さは正義ですね。

安定感がある

オゼンライトは組み立て式。ワンタッチ式に比べると手間がかかりますが、一度組んでしまえばその安定感は圧倒的。テーブルのどこをもってもぐらつくことはありません。不整地でも安心して調理や食事を楽しむことができます。

水切れがよい

オゼンライトには軽量化のための穴が空いていますが、これが水抜きとしても機能します。アルミとステンレス製ということもあり、水気をまったく気にせず使えるのは嬉しいです。

日本製

美しき MADE IN JAPAN の印。スノーピークの金属加工にはいつも惚れ惚れしてしまいます。燕三条万歳。

スノーピークの製品の4割ほどは、地元の協力工場なしでは作れないそうです。

オゼンライトの組み立て方

まずは二枚のテーブルを裏側にして置きます。

まずは外側の4箇所に脚をひっかけましょう。

脚をぐいっとおろして3箇所にひっかけます。反対側も同様にしたら完成です。

オゼンライトとフィールドホッパーを比べてみる

A4サイズのテーブルというカテゴリではSOTOのフィールドホッパーとの比較は避けられません。さっそく比較してみましょう。

大きさはどちらもA4サイズなのでほぼ同じです。

125gの重量差

重量は125gの違いがあります。小さめの人参一本くらいですからその差は結構ありますね。

  • オゼンライト:270g
  • フィールドホッパー:395g

テーブルの高さなど

形状的に大きな違いはテーブルの高さがあることと、ヘリの部分の折り返しが大きいことです。「オゼンライト」はより「モノが落ちにくい」仕様です。

高さはわずか4mmの違いだが、こうしてみるとかなり違うように見える

高さはオゼンライトが4mmほど高いです。バックパッキングで土に直置きした時などに、この違いは大きいですね。

落ち葉などに直置きしたシーンを考えると、多少でも高い方が衛生的です

構造がシンプル

オゼンライトの構造はとてもシンプルです。一体整形のアルミ板とステンレスの脚のみで構成されているため、壊れる要素がほぼありません。

シンプル=壊れにくい=長く使える

風防になる

実際に使ってみて実はすごく役に立ったのが、風防になるということ。突然風が強くなることって多々あるので、これは凄く助かりました。

脚がストッパーになり倒れない

一方、ワンタッチで便利なフィールドホッパーの弱点は脚が外れやすいこと。

個体差かもしれませんが、経年劣化でこういったことが頻繁に起こるようになってしまいます。これが買い替えの一番の要因ですね。

脚のパーツのハマりが浅いのが難点・・

まとめ

以上、スノーピークの「オゼンライト」のレビューでした。

オゼンライトの特徴をまとめると、270gという「重さ」「安定感」「構造のシンプルさ」だと思います。そして、なにより質感とデザインがかっこいい。バックパックの野営とかでガンガン使い込んでいきたいですね。



Pocket









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA