キャンプ好きなら読むべき本|「Bライフの愉しみ 自作の小屋で暮らそう」

「Bライフの愉しみ 自作の小屋で暮らそう」を読みました。

画像:AERA dot

高村さんという方の本なのですが、「自由な生活」を実践されている方です。人それぞれ価値観はありますが、こういった生き方も良いよね。と思いました。

変に格好つけるわけでなく、肩肘張った主義主張もなく、淡々と心から自由にしている姿がとても好印象です。読んでいてこっちの気持ちまですっと楽になる感じがしました。

そして「カセットコンロがあればなんでもできる」「燃料費はプロパンと変わらない」「300Wのソーラーパネルで冷蔵庫が使える」など、具体的なところはきっちりと紹介されているので、簡単なシュミレーションまで出来てしまいます。

好きな時に好きなことをする

適当な安い土地を買ってホームセンターの木材で適当にロフト付きの小屋を建て、「月2万くらい」で生活しているという筆者。好きな時に起きて好きな時に寝る。面白い本があれば2日くらい読書して、まる1日眠るそうです。それを実践して出版までしているのですから凄いですね。

あえて低い生活水準を保つ

豊かな国であえて低い生活水準を保つことで、周囲との間に局所的な貨幣価値の格差を生み出すのが「Bライフ」の旨味だとも言っています。例えば日雇いで8000円もらったとします。月に20万円で生活している人からすれば、「これだけ・・」と感じるでしょうが、月に2万円で生活している筆者からすれば、「こんなに稼げた!」となり、半月近く生活できるわけです。

徹底的に身軽でいる

例えば鶏などの家畜を飼えば、卵がとれたりくず野菜の処理ができたり便利なこともあるでしょうがそういったことはしないそうです。

なぜなら「贅沢品が肥大して義務としてのしかかってきて愛しいミニマルライフが壊される」からとのこと。面白いですね。

この本を読むと家にあるいろいろなものを処分したくなると思います。これからの年末に向けて良いかもしれませんね。

キャンパーはきっと楽しめると思います。

Books

きっと人生に役立つ!「おすすめの本」を紹介します。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA