コールマン ヒーターアタッチメントのレビュー|冬のキャンプ

コールマンのヒーターアタッチメントを買ったのでレビューをします。

ヒーターアタッチメントは、コンパクトで単純構造。でも実は非常にあたたかいという素晴らしいストーブです。冬のキャンプには欠かせません。

ヒーターアタッチメントとは?

コールマンが販売する、超小型のストーブです。家庭用ストーブに使用されている特殊鋼材で造られており、ガソリンやガスバーナーの炎で熱することにより遠赤外線を発します。

コールマンのヒーターアタッチメントをガスストーブで使用してみる

ヒーターアタッチメントをガスストーブで使用してみます。

下の画像は私が実際にキャンプで使用している様子。一緒に使用しているバーナーはSOTOの名作ST310のシングルバーナー。

このST310は、気温が低い中でも安定した火力を維持することができ、ガス缶が熱源の真下にないので比較的安全性が高いです。

※本来は認められていない使用方法なので自己責任でお願いします。(一酸化炭素中毒の恐れがあります)

コールマン ヒーターアタッチメントの特徴

構造が単純

ヒーターアタッチメントは構造が単純です。表面積を増やした金属の塊なので、非常に耐久性が高いです。一度買えばずっと使うことができます。

軽量コンパクト

非常に軽量でコンパクトなので持ち運びが苦になりません。実用的な暖房としては、最軽量になると思います。

シングルバーナーがストーブになる

ヒーターアタッチメントを利用する最大のメリットは、手元にあるシングルバーナ―を活用できるという点にあります。調理用バーナーがストーブに変身するのです。(本来の用途ではありません)

強い火力で使用できる

一般的なカセットガスヒーターは600~900kcal程度のものが多いですが、シングルバーナ―の火力は2500kcal~3000kcal程度。つまり大火力なんです。つまり、空間を温めたい場合はヒーターアタッチメントの方が優れています。

まとめ

コールマンのヒーターアタッチメントは、単純構造の遠赤外線ストーブです。

値段もお手ごろで携帯性も抜群。本来の用途ではありませんが、手持ちのシングルバーナーをストーブにすることができます。

ストーブの持ち歩きが難しいバイクツーリングなどには最適ですよ。

ではまた。




3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA