爽やか!Coleman ツーリングドームST(限定カラー)の紹介。

コールマン(Coleman)の ツーリングドームST(限定カラー)の紹介です。

ツーリングドームSTといえば、ソロキャンプに最適なテント。あのヒロシさんが一番はじめに買ったテントとしても有名です。

大人気となった限定カラーの「オリーブ」も無骨で素敵ですが、爽やかな印象のアッシュ(グレー)も追加されています。

差し色には鮮やかなイエローが効いていて、とても素敵。

ツーリングドームST|カラー展開

カラー展開は、グリーン・限定カラーのオリーブ・アッシュ(グレー)の3種類。

好みにもよると思いますが、限定カラーはフライとインナーの色合いがとてもセンスが良いと感じます。

ツーリングドームST|スペック

スペックは各カラー共通で以下のとおり。インナーは幅が120cmなので、1〜2人用。ただし、ソロで使用するのが絶対に快適だと思います。(仲の良いカップルを除く)

重さについてはスノーピークのアメニティドームS(5kg)より600g程軽い4.4kg。バイク積載もOKな感じですね。

商品名Colman ツーリングドームST
インナーサイズ約210×120×100cm
収納サイズ約19×49cm
重量4.4kg
耐水圧約1500mm
素材フライ:75Dポリエステルタフタ
インナー:68Dポリエステルタフタ
フロア:75Dポリエステルタフタ
ポール:FRP

ツーリングドームST|特徴

インナーの風通しが良い

このテントで「いいな!」と思うのが、大型のメッシュパネル(前後)です。特に夏のキャンプでは、前後がちゃんとメッシュになるか?はとても重要ですよね。

インナーは自立・吊り下げ式

ポールをスリーブに通さない吊り下げ式というのもポイント。なにがいいって、カッコよくないですか?また、単体で自立するので、真夏はタープ下にインナーだけ設置してもいいですね。

ポールの素材には注意したい

大きさ・色・価格(16,800円)ともに優秀なツーリングドームSTの限定幕ですが、ひとつだけ注意しておきたいことがあります。

ポールの素材はFRP(Fiber-Reinforced Plastics)になります。これはプラスチックとガラス繊維を組み合わせたもので、曲げに強く、軽量なのですが、高価なジュラルミンポールほどの耐久性は期待できません。

ただし、ポールの素材に拘れば当然テント価格は上がってしまうので、テントの使用頻度はどれくらいなのか?を考えて選択するとよいと思います。

まとめ

以上、Colman ツーリングドームSTの紹介でした。

同等のサイズ感のテント(アメドSステイシーⅡ )もありますが、このテントの魅力はなんといってもコスパだと思います。(あと風通しがいいところ!)

予算を抑えソロキャンプを始めたい。とか、3シーズン(春・夏・秋)用のテントを探している方には最適では?思います。

参考になれば嬉しいです。