焚き火で鍛える?|煤にまみれたケトルがカッコイイ。キャンプにおすすめのケトル達。

画像:Parr Mark

”焚き火” といえばなにを思い浮かべますか?

私は ”真っ黒に煤で鍛えられた” 丈夫なケトルです。

長年使い込み、煤の色が染みついたケトルは、風格が増してとても『美しい』です。

__煤にまみれたケトル、風にゆらぐ蒸気

そうした情景の美しさというのは、もはや論理では説明ができません。

自然と道具がみごとに溶けこんだ姿というのは、美しいものです。

ケトルというのは長年つかうものですから、値段だけではなく、素材や質感が素敵なものを手に入れたいですね。

というわけで、本記事では焚き火での使用に耐える、素晴らしいケトル達を紹介したいと思います。

焚き火にオススメのケトル達

縦長ステンレス系

おそらく直火のケトル(やかん)で最もメジャーなものは、ステンレスのものでしょう。

ステンレスは錆びに強く、熱の耐久性も高く、汚れ落ちも良い、焚火にはもってこいの素材です。そして最もオススメの形は縦長のタイプ。

しっかりとした持ち手がついているから注ぎやすく、上部にある取ってを利用して、木の棒などにぶら下げることもできます。そして、直火にかけることになんの心配もいりません。これは最大の魅力だと思います。

それでは、代表的な縦長ステンレス製のケトルを紹介します。

ユニフレーム キャンプケトル

キャンパーに絶大な人気を誇るのが、ユニフレームの ”キャンプケトル” です。

容量は1.6L なのでソロ〜ファミリーキャンプまで幅広く使えます。

本体は鏡面ステンレスですが、底の切り替え部分にはヘアライン加工がされていて質感がとても良いです。蓋には工夫があり、裏側にちょっとした凹凸を作ることで、真横にしても落ちない仕様になっています。

焚き火で使用するのなら、間違いのないケトルだと思います。心からおすすめできる素晴らしいケトルですよ。

下の写真は、ある冬の日、ユニフレームの「キャンプケトル」でたっぷりのお湯を沸かしている様子です。

ユニフレーム キャンプケトル ジャンボ

先に紹介したキャンプケトルの大容量タイプで、容量は2.5L。

素晴らしさは前述のとおりですが、ジャンボになった分取っ手の位置も高くなるので、焚き火からの出し入れが多少楽になります。

四人くらいまではレギュラーサイズで済んでしまいますが、それ以上になるとこちらのジャンボタイプがよいでしょう。

スノーピーク クラッシックケトル

スノーピークの縦長ケトルです。ステンレス製で、容量は1.8L 。そそぎ口に蓋がついているので焚き火の灰が入り込むのを防いでくれます。これは地味に嬉しい仕様。そして、お湯を注ぐときには自然に開きます。

特筆すべき点は一般的な縦長ケトルと比べてハンドルが大きめに作られているということ。持ってみるとその持ちやすさは圧倒的です。

徹底的なユーザー目線でモノづくりをしている、スノーピークならではのケトルといえるでしょう。

コールマン ファイアープレイスケトル

コールマンの縦長ケトルはお求めやすい価格が最大の特徴。

ユニフレームのキャンプケトルとほぼ同様のスペックながら、実売価格は5千円程度。そのかわり作りの精度や、質感に関してはユニフレームに軍配が上がります。

縦型のステンレス系では最もお求め易いケトルなので、どこまでの質感を求めるかで選択するとよいでしょう。

コダワリ玄人系

あまり一般的ではない玄人向けのケトルがこちらです。

人とかぶりたくない方にオススメ。形や素材などで他のキャンパーと圧倒的な差をつけてしまいましょう。素材的にも玄人感を演出できます。

最もインスタ映えするのこのコダワリ系でしょう。

グランマーコッパーケトル (小)

薪ストーブ販売で有名な「ファイヤーサイド」の銅製ケトルで、容量は3.2L 。

木製ハンドルと本体の銅色とのマッチングが最高。銅製なので熱の電動率がよく、湯沸かしが速いです。

”玄人の雰囲気” を醸し出したいならグランマは最適な選択です。ステンレスにはない高級感がたまらなく、ある程度歳を重ねてから使いたい一品です。

これを使うにはヒゲとハットが必要かな?(笑)

グランマーコッパ―ケトル (大)

前述のグランマーコッパーケトルの大容量バージョンで、容量は5.4L。

こちらも熱伝導率の良い銅製です。大容量なので、料理に仕様したり、洗い物に仕様したり、色々な使い道があります。冬キャンプで湯たんぽを使う方や、大人数でキャンプにいく方向けですね。

EAGLE Products campfire kettle 4.0L

ノルウェーのイーグルプロダクツのステンレス製ケトルです。

北欧らしく、とてもフォトジェニックな一品。

容量は4.0L 。底が金色なのは熱伝導率の良い銅がメッキされているからです。さらに、底面が広めに作られているので、効率的に熱を吸収します。

さすがに寒さの厳しい北欧のケトルは、素晴らしい工夫がされていますね。

小型アルミ系

ソロキャンプやバイクキャンプで便利なのが、小型のアルミ製ケトルです。

軽くて熱伝導率が良いので気軽に持ち運ぶことができます。焚き火での使用ももちろん可能ですが、耐久性はステンレスには及びません。

そのため、ソロキャンプの時などに限定して使い分けることをオススメします。

トランギア ケトル 0.6L

トランギアのケトルです。容量は0.6L。

ソロ(1人)キャンプに本当におすすめのケトルで、軽く、湯沸かしは早く、お湯切れが良い、と文句のつけようがありません。

焚き火で使用する際は取っ手のシリコンが溶けないように置き場所には気をつけましょう。思い切ってシリコンを外してしまうのも手です。

値段も安価で、最初にひとつ買うにはおすすめですよ。

トランギア ケトル 0.9L

前述のケトルの0.9Lバージョンです。

このくらいが一番使い勝手の良い容量かもしれませんね。これだけの容量があれば、ソロ(1人)〜DUO(2人)までカバーすることができますね。

おそらく世界中の旅人に一番使われているケトルだと思います。

ユニフレーム ケトル700

ユニフレームのコンパクトケトルで、容量は700ml。

トランギアのケトルとの違いはステンレス製のハンドルがついているということ。シリコンカバーがない分、耐久性で勝ります。

焚き火でハンドルが溶けるのを気にせず使用することができます。

ユニフレーム ケトル900

前述のケトルの900mlバージョンがこちらです。

レトロホーロー系

ホーローとは金属にガラスをコーティングしたもの。艶があるので美しく、耐食性にすぐれ、保温性が高い、という特徴があります。

レトロな雰囲気がとてもフォトジェニック。焚き火との相性はとても良いです。

ファイヤーサイド レトロホーローケトル ブラック

薪ストーブ販売で有名な、ファイヤーサイドのホーローケトルです。

金属にガラス加工が施されています。容量は2.2L レトロなデザインと求め易い価格が素敵です。

雰囲気は抜群で、「さすがファイヤーサイド」と思わせる一品です。

ファイヤーサイド レトロホーローケトル ブラウン

こちらはブラウンバージョンです。しっとりとした色合いがとても素敵です。ブラウンのケトルは珍しいので、注目されること間違いなしです。

PETROMAX(ペトロマックス) パーコマックス ブラック

ドイツの老舗メーカー “ペトロマックス” のホーローケトルで、容量は1.5L。 でパーコレーターが中についているのが特徴的です。

非常に人気のケトルで、一時期は数倍に値上がりすることもありました。無骨なブラックが非常にスタイリッシュです。

まとめ

以上、ジャンル別にオススメのケトルの紹介でした。

”焚き火” を楽しめるようになると自然と気温の低い時期が好きになってきます。そんな季節、たっぷりのお湯を沸かせるケトルはかかせません。

そして、キャンパーにとってはケトルはただの便利な道具ではありません。自らの歴史を刻む鏡のような存在なのです。

直火にかけられるケトルは、使うほどにキズがつき、煤で汚れます。でも、それこそが自分の過ごしてきたキャンプの歴史なのです。

ぜひ、お気に入りのケトルをみつけて長年鍛えてみてください。きっとあなたのかけがえのない相棒になってくれるはずです。

ではまた。

オススメのクッカーは? チタン・ アルミ・ステンレス・素材別に最適なクッカーを選択する。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA