「ASAMOTO」 のメリノウールソックスが素敵

Pocket

ASAMOTO のウールソックスが素敵なので紹介します。

毎年冬になると「足元が寒いなー」と当たり前の悩みをかかえていたんですが、「まだ若いしな!」とスルーしてきました。

でも冬のキャンプは足が寒いですよね。とくに焚き火の時なんて足先が冷えてしまい、炎の中に突っ込みたくなることもしばしば。

満を持して購入したのがASAMOTOのメリノウールソックスです。すかさず思ったのはいままでの寒さはなんだったんだろう?ということ。

とにかくおすすめなのでぜひ体験してみてください。

メリノウールとは?

羊毛のなかでも、メリノ種の羊だけからとれるウールの最高級品です。 非常に細く柔らかいのが特徴で、保温性・肌触りにとても優れています。やはり自然の力はすばらしく、現代の技術を持ってしても、同じものは作れないそうです。

メリノウールの産地

主にオーストラリアやニュージーランド、そしてフランスが代表的な産地です。そして、日本に輸入される羊毛の約80%はメリノウールが占めています。

ASAMOTOのウールソックスはオーストラリア産のメリノウールを40%使用しています。

メリノウールの特徴

メリノウールの特徴は以下のとおり。

通常のウールよりも細い毛は空気をたっぷりと含み、とても暖かいです。そして、水分をはじくのに湿度は吸収し、自己発熱するという性質があります。そのため、暖かく靴下内の湿度があがりにくいのです。

また、ウールは天然のクーラーとも呼ばれていて、冬だけでなく暑い夏には余分な熱を逃がす性質をもっています。

  • 保温性が高い
  • 発熱する
  • 抗菌作用がある 
  • 湿度を調整する
  • 肌触りがよい

ASAMOTOのウールソックスの紹介

ASAMOTOのウールソックスは、「メリノウール」を織り込んだとても暖かい靴下です。保温性・履き心地ともに満足しています。

今回購入したのは4色セット。こんなに可愛らしい箱に入って届きます。なんだかちょっと嬉しくなってしまいますね。

ブラック・グレー・ワイン・ベージュ の4色はどれも落ち着いたカラーで素敵。黒しか履いていなかったオトコに、コーディネートという楽しみができました。

生地にはしっかりとした厚みがあり、縫製もとても丁寧な印象をうけます。

履き口はこんな感じ。リブはほどよく足首にフィットします。

普段 27cmのスニーカーを履いているオトコが履くとこんな感じです。

メリノウールでさらに裏起毛なのですごく暖かい・・「ガンガンいこうぜ」っていう気持ちになれます。

冬の強気は靴下から。

 しばらく履いてみた印象

一般的な綿の靴下とくらべるととても暖かいです。汗をかいてもさらっとしていて匂わないのもとてもいいです。洗濯してもとくに毛玉が気になるようなこともないですね。

登山家はウールのくつ下を愛用しますが、なんだか腹落ちした感じがします。価格は2千円程度ですが、十分にその価値はあると感じました。

冬キャンプで焚き火をするときには、かならず履いていたいですね。

ウール製品の注意点

ウール製品で注意したいのはシーズンオフ時の「虫食い」です。汚れをしっかりと落とした上で、容器に入れ、防虫剤を一番上に置いておきましょう。次のシーズンも使うためにこれだけは守った方がいいです。

今回紹介したもの

Pocket









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA