もやい結び(Bowline knot)|ロープワーク

もやい結び(Bowline knot)について解説します。

もやい結び(Bowline knot)とは?

もやい結びは「結び目の王」(King of knots)とも呼ばれる超基本的なロープワークです。大きなテンションがかかっても、大きさの変わらない輪を作ることができます。Bowとは英語で船首のことで、古くは船首側に帆の縁を引っ張る為に使われていました。

 

キャンプでの活用シーン

大きな力にも耐える強度を持つ堅牢な結びでありながら、その後は(ロープが水で濡れていたりしても)簡単にほどく事ができるので、バケツで水を汲む際や、木にテントやタープをくくりつける時、ペグダウンのするための輪など、色々な活用法があります。

 

もやい結び(Bowline knot)のやり方

結びつけるモノにロープをまわします。

長い方のロープをひねり輪っかを作ります。この時、末端側のロープが上にくるようにします。

末端を、下から輪にとおします。

続いて、長い側のロープの下側へ通します。

上へ折り返し、輪に上から通します。

このような形になります。あとは締めるだけ。

ロープの両端を引っ張り締めたら完成です。大きな荷重がかかっても輪の大きさは変わりません。

まとめ

今回は木に輪っかを作る感じにしましたが、もちろん、単純に輪っかを作ることもできます。「とりあえず何かにひっかけたい」そんなときは「結び目の王」もやい結びを試してみてください。

キャンプなどのアウトドアが好きな方には、何かと便利だと思います。

ではまた。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA