キャンプの砥石には、「シャプトン 刃の黒幕」がおすすめです!

シャプトン刃の黒幕

こんにちわ、@ソロニワ です。

今日はおすすめの砥石について書かせていただきます。「シャプトン刃の黒幕」というセラミック砥石なんですが、これがいいんですよ。

名前だけ見ると「なにそれ?」ですけど(笑)

シャプトン刃の黒幕とは?

シャプトン社は、 栃木県にあるセラミック砥石のトップブランド。刃の黒幕は、世界で初めて粗さごとに色分けされた砥石です。セラミック製で非常に硬度が高く、すり減りにくいという特徴があります。

シャプトン刃の黒幕がイケている理由

シャプトン刃の黒幕がイケている点がこちらです。

  • 硬い
  • 研磨力が高い
  • すぐ研げる
  • 変形しにくい
  • ケース付き

つまり、硬く研磨力が高く変形しにくい。しかもケース付きで水をかければすぐ研げるという、どこからみてもチートな砥石なんです。

順にみていきましょう。

硬い

セラミック製なので、ダイヤモンド砥石に次ぐ硬さを誇ります。つまり、鉄より硬いステンレス刃も、楽に研ぐことができます。

研磨力が高い

通常、硬めの砥石は研磨力が弱くなるのですが、セラミック砥石というのは、硬い上に研磨力も高いという特徴があります。

すぐ研げる

砥石に占める砥粒と結合剤の割合が高く気孔(つまり隙間です)が少ないため、長時間水に浸しておく必要がありません。水をかけて、すぐに研ぎ始めることができます。

変形しにくい

セラミック砥石は硬度が高いので、研ぎ面がなかなか変形しません。つまり平面を保ちやすいので、砥石の修正が少なくなります。

ケース付き

シャプトン刃の黒幕は台にもなるケース付きなので、砥石台が不要です。ケース下部にはゴムの滑り止めがついていて、そのまま研ぎはじめることが可能です。

シャプトン刃の黒幕の選び方

砥石には番手がいろいろある

砥石には大きくわけて3種類あります。(数字が大きくなるほど粒度が細かい)

私もいろいろ試しましたが、中砥石があれば困らないかな?というイメージです。

でも、フェザーを楽に作ることを考えると、仕上げ砥石(5000番くらい)まで欲しいですね。

  • 荒砥石(〜600番)
  • 中砥石(600〜2000番)
  • 仕上げ砥石(3000番以上)

シャプトン刃の黒幕の場合はこんな感じでよいかと。

ハードに使う(刃こぼれする)

キャンプでハードに使う方(バトニング・石にぶつかるなど。)は刃こぼれしやすいので、荒砥石の220番くらいは必須かと思います。ゴリゴリに削れますよ!

普通の切れ味でいい

荒い使い方をしない方(刃こぼれしない)であれば、1000番 → 2000番 があれば普通に使えます。

スパッと切りたい

細かいフェザー作りなど、切れ味を求めるのであれば、5000番を追加。かなりキレキレになります。(「スーッ」って気持ちよくなります!)

究極の切れ味がほしい

究極の切れ味と鏡面仕上げを求めるなら30000番というのもありますが、ここまでしなくとも・・・という感じはします(笑)

まとめ

以上、イケてる砥石、「シャプトン刃の黒幕」の紹介でした。

キャンプする時ってナイフが遂げていると気持ちいいですよね。なんかちょっとにやける感じというか。だから、やはり砥石は良いものをもっていたいものです。

ナイフや包丁を大事にする人の参考になれば嬉しいです。

wolverine-pro

北欧ナイフのおすすめ!ケラム ウルヴァリンプロのレビュー

Spyderco(スパイダルコ)のナイフ|パーシスタンス G-10 のレビュー

OPINEL ナイフ 徹底レビュー|黒錆加工&オイル仕上げのやり方














シャプトン刃の黒幕

2 件のコメント

  • シャプトン1000番、5000番を購入しました。
    グランスフォッシュの片手斧は研げますでしょうか?

    • soloniwa.jp より:

      もちろん研げますよー!私も自分のグレンスの斧を研いでいます(^^)道具をお手入れすると、またキャンプが楽しくなりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA