ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブルのレビュー

ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルのレビューです。

焚き火テーブルは、エンボス加工されたステンレス製のテーブルです。そのためタフな扱いができることが最大の魅力。熱々のダッヂオーブンを置くこともでき、雨ざらしにしても錆びることはありません。

高さは37cmなので流行りのローチェアとの相性が最高です。多くのキャンパーに指示されているのも当然ですね。

ユニフレームとは?

新潟県燕市に本社を置くアウトドアメーカーです。「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもと、1985年に創設されました。焚火台のファイヤグリルや、焚き火テーブルなど、数々のヒット商品を世に送り出し、ステンレスを活用した製品には非常に定評があります。

ユニフレーム 焚き火テーブルのスペック

  • 使用サイズ:55×35×37(高さ)cm
  • 収納サイズ:55×35×2.5(厚さ)cm
  • 材質(天板・脚):18-8ステンレス
  • 材質(サイド):天然木
  • 重量:2.8kg
  • 耐荷重:50kg

ユニフレーム 焚き火テーブルの魅力

ステンレス製の天板

天板がステンレス製なので、汚れに強くラフに使えるというのが最大の特徴です。熱々のダッヂオーブンをそのままのせられるテーブルは多くありません。さらにエンボス加工がされているためモノが滑りにくいのがありがたいです。

汚れが落ちやすくエンボス加工により滑りにくい

50kgの耐荷重

焚き火テーブルはとても丈夫なんです。耐荷重は驚きの50kg。女性や子供であれば座れるくらい頑丈です。(でも危険なので座らないでくださいね)

収納がコンパクト

焚き火テーブルはとてもコンパクトに収納できます。天板の中に脚がすべて収まるので、わずか2.5cmの厚さにすることが可能です。これも人気の秘訣かもしれませんね。

天板内に脚が収納できます

まとめ

以上、ユニフレームの焚き火テーブルの紹介でした。

定価で7,500円と安くはないですが、ずっと使い続けられるテーブルだと考えれば決して高くはありません。テーブルとしても荷物置きとしても本当に便利なテーブルなのでひとつ持っていると便利ですよ。


campgear-osusume

【本当に買ってよかった!】おすすめのキャンプ道具 65選!














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA