【レビュー】松野屋さんの「トタン豆バケツ」はキャンプにも使える!

こんにちわ、@ソロニワ です。

松野屋さんの「トタン豆バケツ」を買ったのでレビューをします。キャンパーなら、焚き火にかけてしまいたくなる、とってもクールなバケツですよ。

松野屋のトタン豆バケツ

焚き火にかけたくなるデザインがCool!

松野屋の「トタン豆バケツ」は、トタン製のまあるいバケツです。「どこにでも売っていそうで、売っていない」まるでクッカーのようなデザインのバケツなんです。

松野屋とは?

1945年創業の荒物問屋さんです。荒物というのは、簡単なつくりの日用品のこと。(ほうき、ちりとり、ざるなど)松野屋は、「ちょっといいもの」を独自のセンスで仕入れたり、開発されている素敵な問屋さんです。

松野屋
ポリシーは「ベストでもベターでもない、ナイスなものづくり」だそうです。

トタン豆バケツのレビュー

アマゾンから届きました。ちゃんと梱包されていますね。

うーん。やっぱかわいい。今回買ったのは大きいほう(3.6L)のサイズです。

外観の様子はこちら。

バケツの上部は折り込み処理がされています。

長生きする道具って素敵だと思いません?

固定金具はパンチ処理で、金属製の持ち手も引っ掛けてあるだけ。つまり壊れても簡単に直ります。

持った感じがこちら。
奥さんに自慢しに行ったら、「お米炊くやつ?」っていわれたのでシカトしました。

松野屋のトタン豆バケツ vs 無印のトタンバケツ

無印良品のトタンバケツとの比較がこちら。やはり「底に継ぎ目がない」のは素晴らしいです。

無印のバケツは、この継ぎ目が不満だったんですが、

トタン豆バケツはツルツルです。この継ぎ目のない丸みがいいんですよ。こういう道具はホームセンターでは売ってないですよね。

トタン豆バケツは色々使える

ブッシュボックス用の小割を入れてみました。15cmくらいの薪を入れて火遊びするのにちょうどいいですね。地面の湿気からも守ってくれます。

ブッシュボックスチタンXL で火遊びするイメージ。

他にもこんな使い道が想像できます。

  1. 薪の小割を入れる
  2. 野菜を洗う
  3. 汚れたクッカーを運ぶ
  4. タープの雨水をためる
  5. 子供と川遊びする
  6. 花火の消火

トタン豆バケツの大きさは2種類

大きさは2種類です。それぞれのスペックがこちら。今回買ったのが大きいほうのサイズになりますが、小だとちょっと小さすぎるかな?と思います。

トタン豆バケツ(小)トタン豆バケツ(大)
サイズΦ18.0 × 高さ10.0 (cm)Φ20.4 × 高さ13.4 (cm)
素材トタントタン
容量2.0L3.6L

まとめ

最後に、トタン豆バケツの素敵なところをまとめるとこんな感じです。実物を見て、触って、その魅力をしっかりと感じています。

  • 底に継ぎ目がない
  • 木製の取っ手
  • 耐久性がある

高いものが優れているのは当然ですが、トタン豆バケツは大きいサイズでも1500円(定価)です。コストリーではない道具だからこそ満足度がより高い。

綺麗に使ってもいいし、汚して味をだしていくのも楽しいですね。

トタン豆バケツ、おすすめですよ。

【レビュー】ブッシュボックス XL (チタン製)の焚き火が楽しすぎる!【Bushcraft Essentials】