【要約】AIによる「シンギュラリティ」は来るのか?|「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」を読みました。

「2019年のビジネス大賞」を受賞している本です。

かなり衝撃的な内容で、「読んでよかった」というよりも「読んでおくべき本」だと思いました。10年後・20年後の未来がある程度想像できます。

本著を読んでみて、要点や、自分なりの感想をまとめてみたので、よろしければお付き合いください。

新井 紀子氏の紹介

画像:Amazon

著者は新井 紀子(アライ ノリコ)先生です。

数学者であり、国立情報学研究所社会共有知研究センター長でもあります。そして、「人口知能は東大に合格できるのか?」というプロジェクトでディレクターをされていた方です。

自身がAI(人工知能)の開発に関わっているからこそ、その主張には説得力があります。

経歴がこちらです。

  • 一橋大学法学部卒業
  • イリノイ大学数学科卒業
  • 東京工業大学にて博士(理学)を取得
  • 国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長
  • 一般社団法人「教育のための科学研究所」代表理事・所長
  • 人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクター

AI(人工知能)とは?

AIとは、「artificial inteligence」の略称です。

直訳すると「人口知能」で、一般的には、「知能を持ったコンピューター」という意味合いで使われています。

シンギュラリティとは?

「シンギュラリティ」というのは「技術的特異点」と言われます。

つまり、AIをはじめとする技術が、「人間を超える存在になる時点」を指す言葉。

米国の数学者ヴァーナー・ヴィンジ氏が多くの著作で取り上げ、人工知能研究の権威レイ・カーツワイル博士は、2045年に「シンギュラリティが到来する」と提唱されています。

シンギュラリティは来るのか?

前半部分は世間のAIに関する認識とのすり合わせになります。

まず、新井先生が本著で強く主張されているのがこちら。

  • 「AIが神になる」→「なりません」
  • 「AIが人類を滅ぼす」→「滅ぼしません」
  • 「シンギュラリティが到来する」→「来ません」

つまり「シンギュラリティなんて来ないわよ!」ということ。

世間で騒がれているAIについての認識を、一刀両断されています。

内容については書きませんが、「みなさん、AIに夢見過ぎじゃないですか?」というメッセージがバリバリに伝わってきました。

とにかく論理的で説得力があります。

AIが人間を超えられない理由

AIが人間を超えられない理由をまとめるとこちらです。

  • コンピューターは計算機である。
  • AIはコンピューター上のプログラムである。
  • 人間の知的活動を数式に変換することはできない。

つまり、コンピューターは四則演算をする計算機に過ぎず、AIがコンピューター上で実現されるプログラムである限りは「シンギュラリティ(技術的特異点)」はこないということです。

そして、現在の技術(脳の活動すら解明されていない)では、人間の知的活動のすべてを数式に変換することはできない。

反論としては「ディープラーニングがあるじゃないか?」「ビッグデータがある」というところかもしれませんが、コンピュータが計算機であることと、AIがプログラムに過ぎないという部分は否定できません。

・ディープラーニング:大量のデータをもとに自動的に特徴を発見する技術

・ビッグデータ:記録・保管・解析が難しいほどの巨大なデータ群

AIは東大に合格できるか?

新井先生は「人口知能は東大に合格できるのか?」という「東ロボくん」プロジェクトでディレクターもされていました。

つまり、「AIになにができるのか?」「AIになにができないのか?」という限界値を理解しているということ。

結論からいうと、「AIが東大に合格することは絶対にできない」ということでした。これは研究当初から参加メンバーが全員感じていたことだそうです。

偏差値60程度に到達することはあっても、「偏差値65」を超えることは絶対に不可能。

コンピューターが計算機である限り、国語や英語の本質的な理解はできない。つまりAIの「読解力」には限界があるということです。

実際に、150億もの英文データを用意しても、英会話の問題をまともに解くことができなかったそうです。

AIが苦手なこと

コンピュータが計算機であること。AIはコンピュータ上で実現するプログラムであること。東ロボくんプロジェクトの結果(国語・英語がダメ)を考えると、以下の2点が明らかになってきます。

  • AIが得意 → 数学的なこと(論理・確率・統計)
  • AIが苦手 → 文章の意味を理解すること(読解力)

つまり、「AIには文章が理解できない」ということです。

日本人の読解力について

じゃあ、AIが苦手とする「読解力」を人間はもっているのか?

新井先生は、全国2万5000人を対象に読解力調査(RST)を行ったところ、多くの中校生が、「教科書レベルの文書すら理解できない」ということがわかったそうです。

これは、「AIが苦手なことをできる人間が少ない」ということを意味します。

まとめ

AIが労働市場に導入されると、おそらく新たな仕事が生まれます。

そこで必要になるのが新しい仕事を覚えるための「読解力」であり、新しい仕事の「意味・規定・仕組み」などを正しく理解しなければなりません。

しかしながら、日本の学生には読解力が不足していることを考えると、日本人は、そこに大きな危機を感じなければならない。

読解力を伸ばす方法は科学的に立証されていないが、何歳になっても伸ばすことができることは経験的にわかっている。

AIに代替されない人間になるには「読解力」を磨くことこそが重要である。

新井先生が本著で一番伝えたいことはまさにここですよね。本著を出版された動機も以下のようなイメージだと思います。

AIの研究をしていたらAIの限界(読解力がないこと)がわかってしまった。→ 日本の学生の「読解力」を調べてみた → 日本の学生に「読解力」がないことがわかってしまった。→ 危機を感じたので筆をとった。

すごく参考になる本だったので、ぜひ読んでみてください。おすすめです。