アメニティドームS(Amenity Dome S) の設営方法

こんばんわ、soloniwaです。

最近スノーピークの アメニティドームS をよく使っています。このドームテントを買ってからは、他のワンポールテントとか使わなくなってしまいました。デザイン的にプロ仕様という感じではないですが、とにかく「サイズ感」「快適さ」「質感」「価格」などを考えると ソロキャンプでこのテントに勝てるものはなかなかないと思います。超快適です。

今回は色々写真を撮ってみたので簡単な設営方法をご紹介します。

グランドシートを敷き、まずはインナーテントを地面に広げます。緑のラインがある方が横方向になります。

黄色いラインを目印にして、四隅にペグを打ちましょう。

4隅にペグを打った状態。

続いて付属の黄色いポールを2本用意します。これが四隅を立ち上げるポールになります。

こんな風に黄色の部分にポールを通していきます。ポールとテントの色を合わせれば良いので非常に楽です。

ポールを通した状態。

今度はインナーについている銀の金具に片方のポールを差し込みます。

片側を差し込んで・・

ちょっとポールをしならせながら・・

反対側の金具にも差し込みます。

いとも簡単に立ち上がりました。

もう一本のポールも同様にすると完全に立ち上がります。

今度は緑のポールを用意しましょう。通すのはもちろん緑の目印のところです。

緑の部分に通して・・

先ほどのポールと同じように片方を金具に差し込んで、しならせながら逆側の金具にも差し込みます。

こんな感じになりました。ちなみに、緑のポール側がテントの前側になります。

今度はアウターをかぶせていきます。ちなみにアーチのようになっているのが、テントの左前側です。(このアーチ部分は便利な出入り口になります。

続いてアウターとインナーの連結です。黒いプラスチックでパチンと接続するだけです。

緑の方も接続しましょう。色分けで直感的に設営できるのですごく楽です。

今度は前側にある黒いロープをピンと張りペグダウンします。これは前室のガイドになります。

今度はシルバーのポールを使います。

シルバーのポールは前側のこの赤いライン部分に通していきます。

ポールをガイドの金具に通して・・反対側も同様に金具に通します。

だいぶそれらしくなってきましたね。アウターについている黄色と緑のテープを引くとアウターをピンと張ることができます。

あとは前後のアウターをピンと張るように黒いゴムロープ部分に適宜ペグダウンしましょう。

こんな感じで完成です。

前からみるとこんな感じ。

前側をロールアップするとこんな感じ。

広めの前室が素敵です。

左前にあるアーチ型の出入り口です。この部分が地味に便利です。

出入りだけでなくこんな風にすると換気に最適です。

最後に専用のマットについて

インナーに敷くとこんな感じです。クッション性に優れていて冬の寒さなんかも防いでくれるのでマットは絶対にセットで購入することをおすすめします。

以上で設営は終了になります。最後に、アメニティドームS の素晴らしい点を挙げておきます。

高品質ながら29,800円という低価格

質感を考えると4.5万くらいのテントという印象をうけますが、スノーピークの入門用モデルということで比較的価格を抑えて販売されています。「初めてのキャンプは、このテントで最高の体験を味わってもらいたい」というスノーピーク社の考えが価格に反映されているのだと思います。確かにこれを使ったらほぼ間違いなくスノーピークのファンになりますね。

ソロに絶妙のサイズ感

インナーサイズは220cm×150cmとなります。もともと大人2人・子供1人の3人用テントなのですが、おすすめはソロキャンプです。「幅が150cmある」というのが非常に使い勝手がよく、成人の男性が余裕で横になれ、周囲には荷物を置いたり、座って調理をしたりするスペースが十分にできます。「このテントがあれば数日間は過ごせるかな?」というくらい快適です。

前室が便利

コンパクトながら前室がしっかりとあるので、そこにテーブルやクーラーボックスを置いたり、簡単な調理をしたり、なにかと便利に使えます。この便利さをしってしまうと前室のないテントには戻れないかもしれません。

以上、スノーピークのアメニティドームS の紹介でした。素晴らしいドームテントなので、本当におすすめですよ。ぜひソロでその快適さを感じていただきたいです。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

今回紹介したもの




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA