冬キャンプ ×「薪ストーブ」は新しい火遊びの形だと思う。

今日は薪ストーブについて。一瞬、「大変そう!」と思いましたか?

体験したことのない人にとっては遠い世界のことのように思えるかもしれませんが、家ではなくキャンプで始めるなら意外とハードルは低いです。なぜならアウトドア用であれば輸送を考えてコンパクトで軽量に作られているからです。価格帯も 1万円以内で買えるもの〜数万円とさまざま。

そして、薪ストーブの導入にあたってやることといえば、「本体を買う」「薪を燃やす」これだけです。つまりいつも焚き火でやっていることと同じですよね。違うのはちょっと嵩張ること。

実はアウトドアでは気軽に「薪ストーブ」が楽しめるんです。

 

薪ストーブの特徴

煙で目が痛くならない

薪ストーブはストーブ内で薪を完全燃焼させるため煙が少なく、煙突によって煙を上方に逃がしてくれます。近寄っても焚き火のように煙で泣くようなことがないのが特徴です。

風の影響を受けない

風によって炎の向きが変わってしまうことがないので、安心して近寄ることができます。つまり凄く暖かい。当たり前ですが、やっぱり冬のキャンプには薪ストーブが最適なんですよね。

天板で調理ができる

天板の上にフライパンや鍋をのせれば、火力が強いので、いろいろな調理ができます。また上部に蓋があるタイプでは蓋を外せば直火料理ができるものもあります。

 

冬を迎えるこれからの季節には本当に魅力的な薪ストーブ。色々なモデルがあるのでお気に入りの一台をみつけてみてくださいね。

テンマクデザイン iron-stove 改

Amazon楽天市場

tent-Mark DESIGNSのアウトドア用薪ストーブ「iron-stove」 です。米国製の携帯薪ストーブを元に、いくつもの試作品を作りだし、試行錯誤の末生み出された薪ストーブになります。薪ストーブとしての基本性能、アウトドアユースでの携帯性、オーブン料理も可能な利便性、何よりも黒く耐熱塗装された鉄製の重厚な本体と、耐熱ガラスから覗く薪火の揺らめきは古き良きアウトドア・スタイルを思い起こさせます。

G-Stove Heat View 本体セット 薪ストーブ


Amazon楽天市場

ノルウェー発のアウトドアブランド「Gストーブ」のスタイリッシュな薪ストーブ。厚手のステンレス(1.4mm)で作られています。つまりスノーピークの焚き火台とほぼ同等の厚さ!耐久性は一生ものです。コンパクト性に優れたデザイン設計で、付属の煙突&煙突蓋&スクレーパーは全て本体に収納出来、持ち運びもとってもラクラク。暖をとりながら、本体上部に鍋やフライパンを乗せて調理をすることができます。これは、めちゃくちゃカッコいいです。

PETROMAX(ペトロマックス) キャンピングストーブ Loki ロキ 【日本正規品】 12761

Amazon楽天市場

PETROMAXのストーブはさすがにスタイリッシュです。ブラックでまとめられたボディと、無駄のない機能美が特徴。長い煙突は5分割式で本体に収納可能。ストーブの上でポットやフライパンを使って簡単に調理する事もでき、円形トップカバーを外せば直火料理も可能です。テントの大きさに合わせて煙突の高さはを5段階調整できます。

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 コンロ KAMADO かまど 煙突ストーブ 焚火台UG-11

Amazon楽天市場

キャプテンスタッグの薪ストーブ。コンパクトで比較的安価なのが特徴です。かまどのような形状で可愛らしいです。お値段控えめなので非常に初心者にオススメ。初めて薪ストーブを購入するのであればこれで試してみてからでもよいかもしれませんね。

 

これからの季節にぴったりの「薪ストーブ」の紹介でした。アウトドア好きは結局ここに行き着いてしまうのかもしれませんね。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA