キャンプにオススメ|imuto 大容量モバイルバッテリーを買ってみた。

こんにちわ、solo×niwaです。

imuto 20000mAh モバイルバッテリー を買ってみました。

「モバイルバッテリー」は、スマートフォンやタブレットを充電するための携帯用のバッテリーです。

私は、スマホで写真や動画を撮ることが多いので、キャンプに行くときには、大容量バッテリーを必ず持っていきます。

道中でも、スマホで調べ物をしたり、ナビを使用したりするとあっという間にバッテリーは空になってしまう為、キャンプに行く時には、繰り返しの充電が必要になります。

 

「モバイルバッテリー」のないキャンプは考えられません。

 

色々悩んで iMUTE のバッテリーを購入した理由

今回は、いままで使用していた「Anker」のバッテリーが劣化してきたので、新しいモバイルバッテリーを導入しました。「iMUTE」というブランドのものになります。色々スペックや価格を比較すると「1泊2日のキャンプ」にはこれがベストだろうという結論に至り、購入しました。

10000mAh/日 を使用する想定になります。

以下はバッテリーの選考基準です。全てを満たしたのが「iMUTE 20000mAh」でした。

  • 20000mAh以上の大容量
  • 急速充電が可能
  • レビューが良い
  • 重すぎない
  • カラーはブラック系
  • 5000円以内

大容量の20000mAh

今回買った「iMUTE」のものは20000mAhということで、容量に「圧倒的な安心感」があります。

感覚的には「2日間くらいはバッテリーの心配をせずにガンガン使えるかなー」という感じ。

現在普及している携帯型モバイルバッテリーの最大容量は30000mAh程度ですが、一泊にはオーバースペックです。そしてかなり重く、分厚くなってしまうので、20000mAhの容量の程よいサイズのものにしました。

一泊を想定すると、20000mAhあれば、色々写真を撮ったり、テント内で夜な夜なネットサーフィンをしても十分使えるくらいの容量です。

 

急速充電が可能

下の画像の右側のUSBソケットは、急速充電規格「QuickCharge 3.0」に対応しています。また、本体自体の充電も同様に急速充電対応です。

「急速充電て必要なの?」と思う方もいるかとと思いますが、出先でバッテリーがなくなった時に感動すると思います。通常の充電スピードとは大違いのスピードで充電ができ、10分もつないでおけば、写真撮影を再開することもできるので、圧倒的に便利です。

「モバイルバッテリー本体」を充電するときも、「スマホ」などを充電する時も、急速充電ができるので、凄くありがたいです。

ボタンと差込口は以下のとおり(左→右)

  1. 電源ボタン
  2. 本体充電差込口(本体を急速充電)
  3. iM-Power USB差込口(自動的に機器を判別して充電)
  4. QC 3.0 USB差込口(急速充電)

あまり知られていないと思いますが、急速充電が可能かどうかは、必ず確認した方が良いです。同じ容量なのに少し割高だな?という場合には急速充電対応かもしれません。

 

iM-Power充電

右から二番目のUSBソケットでは、iM-Power充電が可能です。これはスマホなどのガジェットをつなぐだけでその機器を判別し、最適な方法で充電してくるというもの。素晴らしい。

 

バッテリーの残量を数値化

バッテリー残量は本体上部に1%単位で表示されます。「どのくらい残っているのか?」を一瞬で理解することができるため、非常に快適です。数値化大好き。

スタイリッシュ

本体のデザイン・色ともにかっこいいです。ブラックにゴールド系の差し色がとてもアーバンで、落ち着いていてとても良い感じ。スノーピークのテント、アメニティドームのようなゴールドです。本体の素材については黒い部分はシリコンのような質感で、上部のゴールドの部分はアルミ製の、iPodのような質感です。安っぽくないので良いです。

汚れが目立たない

キャンプにホワイト系のガジェットを、持っていくと必ず煤や土で汚れるので、絶対にブラックを選んでいます。これはキャンプでの実体験からの教訓です。

 

質感の良いケース付き

付属のケースにしてはとても質感が高いです。厚めでしっかりとしたナイロンケースが本体の傷を防ぎ、外部からの衝撃を緩和してくれます。「随分ちゃんとしているなぁ」と、地味に感動しました。

 

モバイルバッテリー豆知識

スマホのバッテリーの容量

スマホのバッテリーは、通常2500〜3000mAh程度のバッテリーが使用されています。ちなみに、「iPhoneX」のバッテリー容量は2,716mAhです。

覚えておきたい変換ロス

バッテリーには変換ロスがあるので、実際に使用できる容量はメーカー記載の7割程度。

つまり10000mAhのバッテリーでは7000mAh程度しか使用できないんです。「iPhoneX」であれば2回以上の満充電ができるという計算です。

メーカーからは積極的にアピールされない情報なので覚えておきたいです。

モバイルバッテリーの容量

実際にどのくらいの容量がオススメ?

一泊のキャンプでは、最低でもスマホを2回以上は満充電できる10000mA以上のものが欲しいところ。

通勤であれば、帰りに一度満充電可能な5000mAh程度で良いと思います。

スマホのバッテリーというのは、頻繁に写真を撮ったり、SNSを利用したりすると、あっという間にカラになってしまうので、ある余裕を持ったバッテリーを用意しておきたいです。

最後に

世の中がスマホ全盛の時代になってからというもの、バッテリーの価値がどんどん増している気がします。人間の根源的な活動と、アナログな世界観を楽しむことがキャンプの醍醐味ですが、スマホで写真くらいは撮りたいですよね。

こんな時代ですから、テクノロジーは上手に活用していきたいです。

今回紹介したもの

iMuto 20000mAh モバイルバッテリー 大容量 超薄型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA