【第2弾】5分に挑戦!メスティンを使った燻製の作り方




先日、こんな記事を投稿しました。

【第1弾】10分で完成!メスティンを使った燻製の作り方

ということで、今回はメスティンを使った燻製の作り方 第2弾です。こいつバカなの?と思わずに、よろしければお付き合いください。(笑)

メスティンで燻製を作りたい

先日の記事ではメスティンを使用し、10分で燻製を完成させました。

とても美味しい燻製ができあがりましたが、アミの固定にアルミホイルを用いていたため、なんか美しくない!

今回はアミの固定を工夫した上で、できるだけコンパクトな熱源を利用してみようと思います。

用意するもの

今回用意したのはこんな感じです。

エバニューチタンアルコールストーブ用のごとくです。チタン製で非常に軽量でコンパクト。今回はこれを使用してメスティンのアミを底上げしてスモークしてみたいと思います。

メスティンに汚れ防止のアルミホイルを敷いておきます。なくても構いませんが、この一手間で洗い物が凄く楽になります。

エバニューのごとくを設置します。

さくらチップを敷きます。

アミを設置して。

食材を乗せていきます。今回はチーズとなんちゃって厚切りベーコン。(雨なので買いに行くのが面倒でした)

しっかりと蓋をします。(一気に燻製をする為)

エスビットとパック燃料で火にかけていきます。

室内だとけむいので、ガレージでやります。ちびちび飲みながらやりましょう♪

着火!!

このまま5分待ちます。火力が強いので時間は厳守した方が良いですね。

しっかしテラテラしてるぅ〜。

はい。5分ジャストで出来ました。「赤いきつね」と同等の速度ですね。

いただきまーす♪

しっかりと燻されていて美味でした。ちなみに5分燻したあとのチップはこんな感じです。綺麗なものですね。

最後に

以上、メスティン燻製の紹介でした。

今回の実験で5分燻製はできました。十分美味しかったのですが、パック燃料の火力が強すぎたため、少し焦げくさい匂いがついたということが次回への反省点ですね。

また、10分で作った時と比べると、食材の中心部までしっかりと温まっていない感じがあります。

チーズなどはやはり外側はしっかりと燻されて、中心がトロトロの状態にまでもっていきたいですよね?

なので第3弾があるかもしれません。。

【第3弾】やはり10分が最強? メスティンを使用した燻製の作り方

【第1弾】10分で完成!メスティンを使った燻製の作り方














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA