フュアーハンドランタン(Feuerhand Lantern)276のレビュー




フュアーハンドランタン(Feuerhand Lantern) 276のレビューです。

フェアーハンドランタン276を購入しました。ドイツ製の灯油ランタンで、「ハリケーンでも消えない」という耐風性を持ちます。その実力は100年以上製造されていることからも明らかです。

現在販売されている灯油ランタンの中では、コスパも含めて一番いいんじゃないかな?本当に実用的な灯油ランタンなのでおすすめです!

フュアーハンドランタンとは?

フュアーハンドランタンは、ドイツの「Feuerhand社」(1902年創業)が製造している灯油ランタンです。100年以上もの間製造され、2億台以上ものランタンを世に送り出しています。

対候性に優れ、信頼性の高いランタンであることから、「極地遠征」や「各国の軍用」としても採用されています。本体は、亜鉛合金鉄製、二重構造の燃料タンク、耐久性の高いSUPRAX製ガラスの風防など、隅々までこだわった作りが特徴的です。

フュアーハンドランタンのスペック

スペックがこちらになります。

タンク容量は340mlで、灯油を使用した場合は20時間の燃焼が可能です。灯油の価格が1Lあたり90円程度ですから、とてつもなく燃費がよいですね。

  • サイズ:15cm×26cm
  • 重量:520g
  • タンク容量:340ml
  • 燃焼時間:約20時間(灯油使用時)
  • 燃料:灯油またはスターパラフィンオイル
  • 材質:ガルバナイズドスチール
  • 原産国:ドイツ

ガルバナイズドスチールというのは「ガルバナイズド処理」(亜鉛メッキの浴槽に漬け込むことにより、表面だけでなく鋼材の内側まで腐食を防ぐことができる)が施された金属のことです。だから耐久性がとても高い。

フュアーハンドランタンの特徴

雰囲気がよい

フュアーハンドランタンは、ガソリンランタンのような「圧倒的な明るさ」はないものの、非常に雰囲気のある灯りです。

穏やかで整った平たい炎の灯りに、心が癒されます。「ランタンてこうあるべきだよね。」そう思わせてくれる魅力があります。

風に強い

全面がホヤに包まれているため、とても風に強いです。そのため、こういった形状のランタンは、ハリケーンランタンと呼ばれていて、風速80m/sでも消えないと言われています。

風速80mがどれくらい凄いかというと、頑丈な建物が倒壊し、車が小型ミサイルのように飛ぶくらいの風です。

ずっと使える

フュアーハンドランタンの構造はとても単純です。タンク内の灯油をコットンの紐で吸い上げ、その紐を少し出して燃焼させるというもの。非常に単純な作りなので、壊れるような箇所がなく、芯を定期的に交換することで、ずっと使うことができます。

さらに、「ガルバナイズドスチール」という錆に強く、耐久性に優れた素材が使用されているのもポイントですね。

安い

フュアーハンドランタンは、3,000円台で購入することができます。同じような作りのペトロマックスのH1ストームランタンが2万円超えなので、コスパの差は歴然です。

豊富なカラーバリエーション

フェアーハンドランタンには数多くのカラーがあります。ポップなものからシックなものまで、好みやサイトのカラーに合わせて選ぶことができ、

アウトドアでの使用はもちろん、お部屋のインテリアにも最適です。

20時間以上の燃焼時間

タンクの容量は340ml。一度満タンにすれば20時間(灯油の場合)も点灯します。一泊のキャンプでは十分な燃費だと言えるでしょう。

優れた構造

フュアーハンドランタンの「効率的な燃焼」を支えているのが、「特殊構造」のパイプです。両サイドのパイプを通って空気が火元に流れ込み、安定した炎を作り出します。

フェアーハンドランタンの使い方

ランタンは、このような箱に入っています。私が購入したのは「ジンク」という未塗装のカラーです。長く使用したいので塗装の劣化のないモデルを選びました。でも、一番かっこいいと思います(笑)

準備はとても簡単。タンク部分のキャップを外して、灯油を入れたら10分ほど待ちましょう。(タンク内の灯油が芯に浸透します。)

注意点:キャップに付いているパッキンは「紙製」なので、車載では漏れます。持ち運ぶときは灯油を抜きましょう。

点灯の仕方

点灯するには左側に付いているレバーを下げ、切り欠きに引っ掛けます。こうすることで、ホヤの部分が持ち上がり、芯に火をつけることが可能になります。

分かりにくいと思うのでアップの写真です。これが「切り欠き」になり、レバーをここに引っ掛けます。

ホヤの部分がが持ち上がったら、「右側のつまみ」を時計回りに回して、1mm〜2mm程度芯を出します。

芯に点火しましょう。

点火したら、先ほど降ろした、左側のレバーを戻してホヤを下げます。

明るさの調節方法

炎の高さは1cm〜2cm程度になるように右側のつまみで調整してください。「時計回り」にまわせば芯が出て、炎が大きく明るくなります。反時計回りにまわせば、逆に炎が小さくなり落ち着いた明るさになりますよ。

この優しく美しい灯り・・たまりません。

キャンプで使用している様子

こちらは、「フュアーハンドランタン」をキャンプで使用している様子です。

タープの下にテントのインナーだけを設置して一泊してきました。スノーピークのノクターンとともに。深夜ともなるとなんともいえない灯りをもたらしてくれました。

炎にあるといわれる、1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)の効果なのか、もの凄く心が落ち着きました。これはLEDランタンにはないメリットだと思います。

替え芯の太さについて

フュアーハンドランタンは、燃料を吸い上げる芯(ウィック)を替えることによってずっと使い続けることができます。じゃあどんな替え芯を用意すればいいのか?

「フュアーハンドランタンベイビースペシャル276」の替え芯の太さは12mm(4分芯)になります。ランタンの大きさによって芯の太さは異なるので、間違えないようにしてくださいね。

純正の替え芯はこちらになります。

まとめ

以上、フュアーハンドランタン276のレビューでした。

丈夫で、雰囲気も抜群、作りも良く、その上安いという素晴らしいランタンです。こういったモノが世の中にもっともっと増えて欲しいですね。

気軽に購入できる価格なので、ぜひその素晴らしさを味わってみてください。キャンプ初心者のかたにも本当におすすめですよ!

ではまた!@ソロニワでした。

LEDランタンのおすすめ25選|乾電池式・充電式別にまとめてみた。

【レビュー】UCO(ユーコ)のキャンドルランタン(ブラス)を買ってみた。

バルミューダのLEDランタン 「BALMUDA The Lantern L02A」が素敵すぎる!

【キャンプ道具のおすすめ 77選!】実際に使っているものだけ、紹介します。

コールマンのシーズンズランタン2019 が決定!

Forest Hill Candle Lantern

Forest Hill Candle Lantern(フォレストヒル キャンドルランタン)のレビュー














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA