薪割り斧のレビュー|グレンスフォシュ 451 薪割り鎚ショートを買ってみた| Gransfors Bruks

こんにちわ、solo×niwaです。

最近「薪割り用」に新しい斧を買いました。「グレンスフォシュの451 薪割り鎚ショート 」という斧です。

本当に素晴らしい斧なので、持っていない方には全力でオススメしたいです。

破壊力は抜群です!まずは動画をご覧ください。

 

率直に正直な感想を述べます

正直な感想は、「この斧、めちゃくちゃ良い!!」です。

柄長は69.5cm、斧頭の重さは約2.5kgなんですが、直径20cm程度の丸太なら一発でOKです。数回振れば、40cm程度の丸太でも割ることができます。

小さな斧を持っている人からすると「大きな斧なんているの?」と言われそうですが、絶対に欲しくなります。大きな斧は、斧頭に重量があり、破壊力が段違いなので、薪が面白いようにパカパカ割れてくれます。そして音がとても良いです。まるで薪割りのプロになったかのような気分になります。コンパクトサイズの斧とは ”異次元” の使用感を感じますよ。

「すでにコンパクトサイズの斧は持っている」とか、「一本しか買えないけど丸太割りはやりたい」という方には最適じゃないかと思います。

この451を使用してから グレンスフォシュ ワイルドライフ などのコンパクトタイプのものを使うと、軽すぎておもちゃのように感じます。

下の画像の後ろの方に移っているのが グレンスフォシュ ワイルドライフ です。これはこれで良い斧なのですが、迫力が段違いなのがお分かりいただけますでしょうか?

グレンスフォシュについて

スウェーデンのストックホルムから330km離れた小さな町で、1902年から斧を生産しているメーカーです。熟練の職人によりひとつひとつハンドメイドで造られた斧は、鍛鉄の工芸品。スウェーデン王室の認定もうけており、実用性と美しさを兼ね備えた独特のオーラを放っています。

 

グレンスフォシュ 451 薪割り鎚ショートとは?

大型薪割りである、450モデルの斧頭を使用し、日本人の体格に合わせて、柄の長さを 10cm 程度短くした特注品になります。薪ストーブ販売で有名な、ファイヤーサイドさんが別注で仕入れています。こんな素敵な斧を別注するなんて流石ですね。

私は173cm 60kg なんですが、この柄の長さはかなり使いやすいです。きっちりと、狙ったところに刺さります。

柄の長さが程よいので、キャンプ場に持って行ってもストレスがなく、楽しめています。

 

グレンスフォシュ 451の特徴

 

ハンマーにもなる斧頭

斧頭には「スウェーデン鋼」という特殊な金属が使われています。非常に存在感のある斧頭は2560gの重さがあり、後部はハンマーになっています。そのため、楔などを打ち込んだ際にシームレスに手元の斧でそのまま叩くなんてことが可能になります。

 

適度な長さの柄

451は、450(柄長:790mm)という大型の薪割りの斧頭に、ショートの柄(柄長:695mm)を組み合わせた斧になります。10cmほど短くすることにより、日本人の体格にあっているのはもちろん、狙いが非常に正確になります。斧というのは斧頭が重く、柄が長いものがパワーが乗りやすく破壊力があるのですが、(だから破壊力は450の方がある)柄の長さに関してはこのくらいがちょうど良いかと思います。

柄を覆う金属製のガード

柄には金属製のガードがついているので、万が一のミスヒットにも安心です。私も柄部分に何度かミスヒットしてますが、ガードがついていたおかげでノーダメージでした。地味に嬉しい仕様です。

職人のイニシャルと王室認定刻印

自信を持って販売できる斧だけに掘られる職人のイニシャルは自信の表れです。そしてスウェーデン王室認定刻印は、グレンスフォシュの高い品質を証明しています。

 

実際の使用感。

レザーの斧カバーは、非常丁寧に作られている印象を受けます。他のメーカーと比べても、抜群に質感がよいです。

斧頭の形状は独特。ごついハンマーになっています。斧にもなり、ハンマーにもなる。そんな斧です。

刃先はシャープに作られていて、薪への食い込みが良いです。気を抜いて触ると指を切ってしまうほど、研ぎ澄まされています。デフォルトでこのクオリティは本当に素晴らしいと思います。やはり、グレンスフォシュを買ってよかったと思います。

刃先から段々と厚くなっているため、自然に木の繊維を引き裂くことか可能です。パカーンと薪が割れるのは爽快ですよ。破壊力があるので、割れた薪が豪快に飛んでいくのも、この斧の特徴です。

451の素晴らしいところは「斧頭の重さで薪が割れる」ということ。重さは2560g 短めに切った薪であれば、振り下ろす必要すらなく、斧頭の重さだけでも薪がパカパカ割れます。軽〜く落としてあげる感じで割れば良いのです。

これは、正直コンパクトな斧には絶対にマネのできない力技です。これは「マジか!!」と思いました。絶対に感動しますよ。

最後に

「斧が欲しいんだけどどれがよいの?」と迷われている方には、間違いなくグレンスフォシュの斧をオススメします。

実際に使用しているからこそ分かるのですが、斧の品質は間違いなく良いです。世紀を超えて斧を作り続けているグレンスフォシュの底力を感じます。

コンパクトサイズのもので慣れてきたら、丸太を楽々と割ることのできる、451をオススメしますよ。

 

グレンスフォシュ 薪割り鎚ショート(中大径木用)[品番:451]

Amazon楽天市場

 

ちなみにこちらが450というモデルです。斧頭は451と共通で、柄が10cm程長いのでより破壊力があります。身長や体格に恵まれている方はこちらを選択しても良いと思います。

グレンスフォシュブルークス 薪割り鎚 450

Amazon楽天市場

 

http://soloniwa.jp/camping-goods-im-glad-i-bought-it/




4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA