シンプルに「薪」だけで火熾しをする方法

Chimney starter.

こんにちわ、ソロニワです。

自分の経験では、キャンプは装備がシンプルな程、自然との距離が近くなり楽しいです。ですから、常に「どうしたらもっと装備を削れるか?」を考えています。

そこで、今回紹介するのはシンプルな火起こし。「薪」だけで着火をするやり方です。

チャークロスや、麻紐も使いません。ナイフとファイヤースチール、「薪」だけです。

ナイフとファイヤースチールだけ

ライターも忘れた。麻紐もない。

そんな時も、ナイフとフェロセリウムロッドさえあれば火起こしはできます。火花がおきれば良いので、ファイヤースターターとか、ファイヤースチールと呼ばれる商品であればなんでも良いです。

非常に簡単なのでやったことがない方はぜひやってみてください。

凄く楽しいですよ。

火起こしのやり方

早速やっていきましょう。用意するのは指くらいの太さの、薪の切れ端です。

フェザーを切り出します。少し大きめのもの。

少し小さめで薄めのフェザーも切り出します。ナイフの先でシャシャっとやると薄くできます。

続いて、ナイフを立ててこするようにしてダスト(木屑)を作ります。ナイフの背側で擦っても良いです。

出来るだけ粉のような細かいものを作りましょう。これが火口(一番最初に火をつけるところ)になります。

ダストができました。

火を育てるための、焚き付けフェザーを作っておきます。

先ほど作ったダストに向けて火花を飛ばします。

ダストに火が移りました。

ダストの周りのフェザーも燃えています。ここで、あらかじめ作っておいたフェザースティックに、火を移していきましょう。

火が育ってきました。

火起こし完了ですね。

最後に

気をつけることとしてはダストをしっかりと作ることくらいです。多い程、一発で着火できます。

あとはナイフはしっかりと研いでおくと色々なことが凄く楽になりますので砥石は良いものを一つ持つことをオススメします。

薪だけを使った火熾し。もしやったことがなければ、ぜひお試しください。キャンプがまた楽しくなりますよ。

今回使用したもの

私はこのブラックのモーラを使っています。マイクロべベルを削ぎ落とし、ベベルの位置を数ミリ上げて、純粋なスカンジにしています。刃持ちはよくないですが、フェザーが削りやすいです。

モーラ・ナイフ Mora knife Bushcraft Black

極太のフェロセリウムロッドです。一生使えるくらいタフなので気に入っています。

Beautyrain フェロセリウムロッド ビッグサイズ 12.7mmx12.7cm




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA